その他

【自転車】RCS第13戦 計3名が各クラスで優勝!RCS最終戦へつながる好成績を残した!

2015年度 全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ

第13戦埼玉県クリテリウム 行田第3ラウンド
2016年2月21日(日)
埼玉県行田市 古代蓮の里 特設周回コース(1周・2.7km)

いよいよ行田ラウンドも今日が最後となった。本日も強風の中でのレース。法大からはトラック選手も含めた18名もの選手が出場した。優勝した選手もおり、RCS最終戦へ望みを懸けた。

IMG 3437 R
クラス3優勝の鈴木康平(中央)、2位の鈴木玄人(右)

試合結果

クラス1

順位名前(学部・学年)
 2位 荒井佑太(営2)
 4位 新村穣(法4)
 10位 菊山将志(人3)
DNF 白垣良祐(人2)
DNF 北條顕登(法2)
DNF 勝又高陽(法1)

クラス2A

順位名前(学部・学年)
6位 佐藤遼(経1)
7位 青野将大(法3) 
17位 鈴木良(経1)
20位 江口彰志(文2) 

クラス2B

順位名前(学部・学年)タイム
1位 須貝翔吾(法1) 0:30'40'' 
10位 渡部将太(人1)  
24位 堀川裕輝(営3)  
25位 木原孝明(文1)   

クラス3A

順位名前(学部・学年)タイム 
1位 鈴木康平(スポ3) 0:26'50''
2位 鈴木玄人(人1)  

クラス3B

順位名前(学部・学年)タイム 
1位 鈴木陸来(文1) 0:24'55''
23位 松田幸貴(法1)  
※タイムは1位のみ計測。
DNF…Did Not Finishの略。途中棄権。

戦評

クラス1
 強風がさらに勢いを増す中で、大会最後のクラス1が行われる。法大勢は新村、菊山、荒井、白垣、北條、勝又。多数に加え、新村や荒井の優勝が期待される。
 スタート後、2周目で早速新村がアタック。ペースが加速する。3周目、荒井が新村の引く逃げに合流。集団から引き離された選手たちが次々と足切りされ、勝又、白垣、北條もDNFとなった。以降は新村と荒井が逃げに、菊山はメイン集団の中でペダルを回す。後半もその状態に変化が生まれることはなく、最後は逃げ数人でのスプリント勝負に。小林(日体大)と荒井がいち早くフィニッシュラインに辿り着くが、僅差で小林に軍配が上がった。天候的にも厳しいレースであり、各選手にとって悔しさの残る結果となった。

クラス2A
 
クラス2Aには青野、江口、鈴木良、佐藤が名を連ねる。2周目、すぐに一人が逃げをつくり、集団もペースアップ。集団内で体力を温存する法大勢。3周目では逃げもなくなり、一つの集団となり鈴木良が集団前方に位置する。動きがあったのは4週目。青野含めた4名の逃げができ、そのかたちが2周ほど続く。ラスト一周で原(順天大)が逃げ、それに佐藤が反応するも、勝負はゴールスプリントに持ち込まれた。結果は佐藤6位、青野7位と、出場した半分が入賞した。

IMG 3118 R
レース中盤でアタックした鈴木良

クラス2B
 堀川、渡部、須貝、木原というメンバーのクラス2B。1周目で福山(東海大)が、2周目で富家(駒大)が逃げる。富家はそのまま集団との差を大きく広げていく。集団内で様子をうかがっていた須貝が4周目で4人の逃げの中に入ると、その逃げが富家を吸収。ラスト一周でも須貝も入れた4人の逃げと、堀川、渡部、木原を含めた集団のかたちが維持される。最後のゴールスプリントで競り勝った須貝が見事クラス2B優勝。クラス1に昇格した。

IMG 3099 R堀川は新年初レース

クラス3A
 
男子の部では最初に行われたクラス3A。普段トラックでの活躍が多い鈴木康平、鈴木玄人が出場。強風の影響もあってか、レースは比較的ローペースで展開した。鈴木康平、鈴木玄人は序盤からトップをキープ。積極的に他選手を引いた。4、5周回で数名がアタックするも、最終6周回で鈴木康平がしっかり捕らえ、そのままトップでゴール。RCS初出場ながら余裕の優勝を果たした。鈴木玄人も僅かな差でフィニッシュ、2位を獲得。ダブル表彰台に笑顔が咲いた。
  

クラス3B
 
続くクラス3Bには鈴木陸来、松田が出場。スタート後すぐに細長い集団が形成され、鈴木陸来も松田も集団の真ん中を走行。4周回、鈴木陸来が徐々に前に出始め、5周回で数人の逃げの1人となった。松田は同タイミングで遅れを取り始める。最終周回、逃げの数人でのスプリント勝負に。持ち前のスプリント力で勝負を制した鈴木陸来が、見事優勝。ガッツポーズでクラス2への昇格を決めた。松田は順位こそ落ち込んだものの無事に完走を遂げた。

IMG 3044 R
得意のスプリントで勝利を引き寄せた鈴木陸来

 今年度の行田ラウンドは強風や降雨という悪天候の中でも、多くの選手が出場した。また、昨年度に引き続きクラス1の選手も法大から多く輩出できたことも収穫の一つだろう。冬、行田で鍛え抜かれた彼らの今後の活躍に期待が懸かる。(宮下尚子・野口愛優)

選手コメント

菊山将志

-今日のレースを振り返って
いらない5人の逃げができて、最悪でしたね。

-最悪というのは
自分は集団でのゴールスプリントっていう展開を望んでいたので、最悪でした。

-法政としての作戦は
全くないです。

-個人個人で走ろうという感じですか
はい。話もせず、己が頑張れという形です。

-クラス1の選手はみんなで作戦を立てたりしないのでしょうか
去年相本先輩がいるときは、相本先輩の総合優勝があったのですごい団結したんですけど、今年は特にないですね。

-意識した相手は
誰もいないです。意識した相手は自分です!

-今日気をつけたことは
前回とにかくアップをしなかったので、今回入念にアップをしました。その結果周回中はそんなに辛くなかったので、アップって大事だなと思いましたね。

-今日の目標は
3位以内でした。3位以内に入るとクラス1が継続されるので。あと神宮で3位以内に入らないと、1発目、4月の菜の花クリテはクラス2からです。

-オフシーズンはどんな練習をされていましたか
基本的にCメニューをパワーマックスで行っていました。

-何が鍛えられるメニューですか
辛いところから頑張る根性練みたいな。とにかくきつい、短時間高強度の練習です。

-現在のご自身の調子は
去年に比べるとスプリントが全然かからなくて。トップギアでもがけるんですけど、ゴール前になるとギアに弾かれちゃう感じがあります。パワー不足なのかなって思います。

-チームの雰囲気は
最近になってまとまりが強くなってます。4年生抜けてからも3年を中心にまとめていけているので、このままインカレまでどんどん上げていけば良い所を狙えるかなと思います。

-年が明けましたが、今年の目標は
彼女を作って結婚することです!!

-自転車の方の目標は
木原孝明と一緒にタンデムで優勝することです!

-ペアは決まっているんですか
相手は鈴木陸来か、木原孝明ですね。

-次出場される大会は
調子が上がれば、明治神宮の学校対抗に須貝と勝又と3人で挑みます。

-意気込みをお願いします
去年は3冠目指して走って、結果相本先輩の1冠しか取れませんでした。今回、1冠(年間チャンピオン)はもう取れないんですけど、学校総合とステージ優勝を絶対したいと思っています。荒井がいないんですけど、荒井の分も頑張ろうと思います。

鈴木康平

-今日のレースを振り返って
全体的にペースは遅かったので、自分が積極的に前の方にたって走りました。(先頭を)交代しようと思ったら、誰もいかないので自分がずっと引いているみたいになっちゃいました。たまに差してくる選手もいたんですけど、それも遅くて。最後行ってやれと思って行ったたら決まっちゃった感じですね。

-同じクラス3Aに出場した鈴木玄選手と話している場面がありましたが、何か作戦に関する会話だったのでしょうか
作戦とかじゃなくて、普通に喋っていました(笑)。

-では今回のレースプランは
ノープランです。お互いが行けるときに行こうみたいな感じです。

-これまでRCSに出場されたことは
3年間で全くないです。

-クリテリウムは得意ですか
地元でレースにならないくらいのやつしか出たことがないので、本当に初めてに近いですね。

-初めてのクリテリウムはどうでしたか
正直な感想は、法政の練習の方がつらかったです。優勝はしたんですけど、手ごたえがあんまりないっていうのはあります。

-強風の中でのレースでしたが、気を付けたこと
ゴールで手をあげることですかね(笑)。
団抜き(チームパーシュート)とかも風よけ要員で、慣れているので、そんなに気にはならなかったです。

-オフシーズン中はどのような練習をされていましたか
ウエイトと長距離をロードで乗ってばっかりでした。なのでトラックでスプリントとかの練習はあまりできなかったなっていうのはあるんですけど、そこはシーズン入って徐々に取り戻すとして、今は肉体改造の方に専念ですね。

-もうすぐシーズンに入りますが、ご自身の調子は
例年よりは良いとしか言えないですね。平均的に見ると悪いですけど。

-良い部分は
ギアが踏めることです。その割に膝が痛くならないとか。そこはウエイトトレーニングの効果が出ているなっていうのがありますね。

-チームの雰囲気は
結構テンション高めですね。良い感じだと思います。

-今年の目標は
全日本トラックが4月にあって、まずはそこで団抜き優勝です。全日本って称号が取りたいので、今はそこしか考えられないです。

-次に出場される大会は
もう全日本ですね。

-全日本に向け、特にどんな練習を
そのトラック練習自体をやっていないので、まずは入ってとにかく走ることですね。今はロードばっかりですけど、みんなその分長距離は乗れる体になっているので。それをトラックに生かせればなと思います。

-部全体がトラックの練習はされていないんですか
やっていないですね。シーズン入ってもあんまりロード班はあまり入らないですし。でも毎年こんな感じなので、悪くはないと思います、

-全日本に向けて意気込みをお願いします
絶対にとります!

須貝翔吾

-クラス2優勝おめでとうございます。
ありがとうございます。

-今日のレースを振り返って
今日は最初から逃げないという展開だったんですけど、結構危ない距離がついた逃げがあったので、それにジャンプアップしてのって、逃げきれたらよしで捕まったら集団スプリントで他のメンバーが、って感じだったんですけど。捕まって、そのあと同じグループの同期とか先輩がアシストしてくれて、自分が勝つことができました。

-法政としての作戦は
自分たちの組はなかったですね。展開に合わせて動くという感じで。

-今日出場される選手が多い中でのレースでしたが影響は
いや、特には。いつもと変わらないレースでした。

-強風の影響は
逃げもつらいんですけど、集団もあんまり引きたがる人が多くなかったので、うまいこと集団にいるチームメイトと協力できれば逃げ続けられるかなと思いました。

-今日のコンディションは
あんまりよくはなかったですね。どちらかというといつも通りという感じです。

-次に出場される大会は神宮ですか
はい。

-意気込みを
神宮では学校対抗(第10回明治神宮外苑大学クリテリウム)に出るかもしれないので、そしたらなるべく先輩に言われたことをできるように、練習していきたいと思います。

IMG 3111 R
クラス1に昇格した1年生須貝

鈴木陸来

-優勝おめでとうございます
ありがとうございます。

-今日のレースはいかがでしたか
今日はきつかったので、途中無理かなと思ったんですけど、最後いい感じの展開に持っていけたのでよかったです。

-作戦としては
一人スプリントが強い人がいたので、その人と最後スプリントを勝つためにはどうしたらいいかと考えて、逃げるしかないかなと思って。それでいい感じの展開に持っていけたので、よかったです。

-法政としての作戦は
特になかったです。

-今日出場される選手が多い中でのレースでしたが影響は
結構いろんな人が動いてくれたので、自分が休むことができて、結果的には楽できたかなと思います。

-強風の影響は
ホーム側は休めたんですけど、あっち(逆)側は後ろついていくのも、どっからでも風きた感じだったので、あんまり休めなかったです。きつかったですね。

-今日のコンディションは
ちょっと疲れが残ってる感じですね(笑)。

-次に出場される大会は神宮ですか
そうですね。

-意気込みを
初めてのクラス2なので、やれるところまでやろうと思います。

佐藤遼

-今日のレースを振り返って
正直、最後まで足は余裕だったんですけど、最後の位置取りで中央の選手と早稲田の選手が行っちゃって、位置取りが悪くてそれについていけなかったのが敗因ですね。

-法政としての作戦は
なかったです。

-最後の2周でアタックされていたのは佐藤選手独自の作戦ですか
はい、そうです。

-今日は出場される選手が多い中でのレースでしたが影響は
あまりなかったです。

-強風の影響は
結構横に振られました。

-今日のコンディションは
コンディションはよかったです。

-クリテリウムは得意ですか
あまり自分は得意ではないです。

-坂があるほうが得意ですか
そうです。

-年末など、試合がない間はどのようなトレーニングをされてきましたか
年末は全く乗ってなかったです(笑)。

-今年の目標
インカレで8位以内に入ることです。

-次出場される大会は神宮ですか
神宮では優勝を目指します。

フォトギャラリー

  • IMG 2958 R息の合ったレースはこびを見せた鈴木コンビ(写真左:鈴木康平、右:鈴木玄人)
  • IMG 3020 R松田も今年初レースだった
  • IMG 3122 R新主将青野も健闘した
  • IMG 3152 R期待の新鋭、佐藤
  • IMG 3228 Rガッツポーズを見せる須貝
  • IMG 3303 R逃げる新村(左)・荒井(右)
  • IMG 3311 R菊山は強風の中、レベルの高いクラス1のレースだったが完走
  • IMG 3355 R惜しくもDNFとなってしまった勝又(左)・北條(右) 
  • IMG 3364 R2位と好成績を収めた荒井
  • IMG 3451 R表彰状を手にし、笑顔を見せる鈴木陸来
  • IMG 3459 R次なるレースに期待が懸かる須貝

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み