その他

【スキー】第89回全日本学生スキー選手権大会 男子1部GS 行く手を阻む急斜面。法大男子あと一歩のところで表彰台を逃す...

秩父宮杯・秩父宮妃杯 第89回全日本学生スキー選手権大会
2016年2月25日(木)
秋田県 鹿角市 花輪アルペンスキー場

昨日のSGでの雪辱に燃える法大男子。得意分野の技術系では会心の出来が期待されるも、角度の急な斜面が法大の行く手を阻む。何とか半数の選手はタイムを残せたものの、表彰台まであと一歩のところで惜しくも敗れた。

DSC 8868 R
伊藤は法大唯一の20位以内に食い込んだ

アルペン部門

男子1部GS

順位選手名(学部・学年)一本目二本目合計タイム
19位 伊藤健介(社1) 1分05秒35 1分00秒13 2分05秒48
26位 蔦有輝(経1) 1分08秒03 1分01秒91 2分09秒94
27位 齋藤喬太(社2) 1分08秒94 1分01秒98 2分10秒92
DNF 菊地拓也(経4)
DNF 藤野俊太郎(経2) 
DNF 中島秀斗(経1) 

※DNF=Did Not Finishの略 

戦評 

 天候がはっきりとしないまま迎えたインカレ2日目。「一番の得意種目なので優勝目指して頑張りたい」と藤野俊太郎(経2)も自信をのぞかせている今種目。今大会法大男子初の表彰台を目指し、男子1部大回転(以下GS)がスタートした。一本目から攻めの滑りで他大を圧倒するかと思われたが、思わぬ伏兵が法大の前に立ちふさがる。「斜度やうねりがかなりあった」(齋藤)。普段とは異なる慣れていない今大会のコースが、予想以上に法大勢を苦しめた。何とか3名の選手が記録を残すも、一本目での記録が響いたためか思うような結果とはならず。「今日みたいな不甲斐ない滑りじゃなく、自分らしい滑りをしたい」と伊藤健介(社1)。またも表彰台に届くことはなかったが、これで終わったわけではない。明日以降への切り替えを。この反省を次につなげ、次こそは法大男子が表彰台へと登るだろう。(原口大輝)

DSC 8869 R
SLでは入賞なるか

監督、選手コメント

近藤浩之 監督

ー今日の総評をお願いします
まず二本ある内の一本目は細かいセットで、二本目はスピードのあるセット、急斜面で難しくなかなか対応できていなかったという感じですね。でもまぁ、3人完走なので昨日よりは少し手ごたえはあったと思います。

ー選手からも傾斜が厳しいという声がありました
やっぱり実力がでるコースなので、そういう意味ではまだまだ力不足ということですね。

ー明日のプランなどは
女子GSは結果が出ているのでリラックスしてると思うし、良い結果が出ると思います。調子もいいので。

 

伊藤健介

ー今日のレースを総括して
2本目にゴールを意識しすぎて守りの滑りをしてしまったなという感じです。

ー昨日のレースを振り返って反省点などはありましたか
昨日はインスペクション(下見)をミスしてしまったので、今日はしっかりインスペクションして、ちゃんとコースの特徴をつかもうとしました。

ー今日のコースのコンディションはいかがでしたか
今日は走順が遅くてもバーン(斜面)が綺麗なのでどんどん行けるコースコンディションでした。

ー1本目を振り返っていかがでしたか
1本目はスタートが遅いところからだったのでまずはリバースに入れることを意識して、入れたんですがもう少し行けたかなというのが本音でした。

ー2本目はいかがでしたか
コースは綺麗だったんですけど、ゴールを意識しすぎて守りの滑りになってしまったなと思います。

ー大回りしてしまったということですか
そうですね。

ー次に出場するレースは
明後日にスラロームがあります。

ー次回のレースに向けて一言
明後日はもっと今日みたいな不甲斐ない滑りじゃなく、自分らしい滑りが出来ればいいなと思います。

 

齋藤喬太

ー今日の滑りはいかがでしたか
一本目は初めてのコースだったので勝手がつかめなかったのと、雪の感じがいつもと違ってうまく滑れなかったです。

ー雪の感じというのは
普段柔らかいところを滑っていて、久しぶりの硬いコースだったので、うまく対応できなかったです。二本目は、結構良いところの滑りができたと思います。

ー半数のメンバーがDNFという結果でしたが、コースは難しいものでしたか
斜度やうねりがかなりあって、このコースは日本の中でも難しいものだと思います。なので、DNFがこのくらい出るのはいつも通りだと思います。

ー全体的に得意分野のGSはチームとしてどのようなものでしたか
第1シードに1人も居なかったので、初めから相手にされていないと思ったのとDNFが3人、一本目では誰も得点を取れなかったので男子GSは相手になってなかったかなと思います。

ー今後にむけて
コースも雪も2日滑って、みんな感覚をつかんできているので、最終日はみんながフルアタックして滑れると思います。

 

フォトギャラリー

    • DSC 8868 R伊藤は法大唯一の20位以内に食い込んだ
    • DSC 8869 RSLでは入賞なるか
    • 0X0A0609 R新井(左)、林(右)はSGでの表彰を受けた
    • 0X0A0528 Rコースに苦戦する齋藤
    • DSC 8906 R蔦は2種目連続で30位圏内も入賞を逃す
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み