卓球

【卓球】平成28年度秋季関東学生リーグ戦 1部 対専大、明大 強豪校に果敢に立ち向かうも悔しい敗戦

平成28年度秋季関東学生リーグ戦 男子1部 対専大、明大
2016年9月12日(月)
駒沢体育館

1勝3敗と秋季リーグの前半戦を苦しい成績で終えた法大。会場を駒沢体育館に移して後半戦が行われる。相手は昨季上位上位チームである専大、明大。実力のある相手に立ち向かっていくも、技術で圧倒され敗北を喫し、対戦成績を1勝5敗とした。

DSC 0098r
専大戦ではストレート勝ちを収めた青山

試合結果

トータル試合結果

1

法政大学

1

シングルス

3

4

専修大学

0

ダブルス

1

 

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手
1  青山昇太(営1)  3-0(11-6,11-5,11-3)  徳島剛

2

 矢野雅大(法2)   0-3(2-11,4-11,5-11)   田添健汰
3  村井桂(国4)  1-3(5-11,8-11,11-9,7-11)  田添響
4  青山・高取侑史(法1)     0-3(10-12,5-11,7-11)   田添・郡山北斗 
5  高取 1-3(6-11,5-11,11-8,8-11)   及川瑞基
6   -   阿部雄太(営4)  郡山
7  - 南波裕輝(営3)  田中博己 
 

トータル試合結果

 0

法政大学

0

シングルス

3

4

明治大学

0

ダブルス

1

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手
1  青山昇太(営1) 0-3(7-11,3-11,7-11)  丹羽孝希

2

 村井桂(国4)  0-3(3-11,3-11,6-11)   町飛鳥
3  大槻周瑛(法2)   0-3(8-11,2-11,14-16) 有延大夢 
4  青山・高取侑史(法1)     0-3(6-11,4-11,9-11)   森薗政崇・渡辺裕介 
5  -  高取 -  森薗
6   -   阿部雄太(営4) -  渡辺
7  - 南波裕輝(営3)  - 酒井明日翔 

戦評

専大戦
 午前の相手は昨季2位の専大。残留に向け勝利が欲しい中での一戦となった。 第1シングルスは青山昇太(営1)。試合開始から臆することなく相手に向かっていく。得意の鋭いドライブが決まり、相手に隙を与えない。1セットを簡単に奪い流れをつかむ。 すると2セット以降も安定した攻めで相手を凌駕する、一度もリードを許すことなく2セットも奪取した。第3セットも圧巻のプレーを見せつける。サーブからの展開で相手を崩し、強打で相手を打ち砕く。理想的な攻撃を見せ11-3で勝利し、チームに勢いをもたらした。
 この流れに続きたい第2シングルスの矢野雅大(法2)であったが、相手エース田添健汰の強烈なドライブに全く対応できずにストレート負けを喫した。第3シングルスに登場したのはエースの村井桂(国4)。今季不調に苦しむ主将は今日も苦戦を強いられる。得意のサーブからの3球目攻撃が機能せず、1,2セットを落としてしまう。第3セットは何とか持ち直し奪い返すが、ゲームの流れは変わらなかった。最後もサーブミスという「らしくない」プレーで敗れた。
 ダブルスに登場した青山・高取侑史(法1)はいきなり6-9と厳しい状況に。しかし気迫こもったドライブを決めデュースに持ち込む。しかし実力のあるペア相手に最後は根負け。その後も、相手ペアの強烈な攻めに対抗しきれずストレート負け。後がなくなってしまい、迎えたのは高取。相手はインターハイ3位の実力者である及川瑞基。同学年対決となったが厳しい展開に。セットカウント0-2で迎えた第3セットはドライブとブロックを効果的に決め奪った。しかし反撃もここまで。最後は相手を止めきれずに敗れた。この結果専大に敗れて、明大戦を迎えることとなった。(石川大悟)

明大戦

 2戦目は昨季のリーグ王者である明大との対戦。強豪との対戦が続く。 1番手、リオ五輪の団体銀メダリストである丹羽孝希に対するはルーキー青山。今回が丹羽との初対戦となった。第一セットでは中盤までは食らいつくも、後半に連続失点を許し、7-11でこのセットを落とした。続く2セット目は立ち上がりからネットミスが目立ち9連続ポイント許すなど、地力の差を見せつけられ3-11で落としてしまう。3セット目も終始流れがつかめぬまま試合が進み、7-11でストレート負けを喫する。
 2番手に登場したのはエース村井。3-11、3-11、6-11と相手のペースにのまれ、ストレート負け。今季の不調を脱することができなかった。勝てない相手ではなかっただけに悔やまれる結果となった。 続いて登場するのは大槻。対戦相手の強烈なドライブに苦戦し1セット目を8-11、2セット目を2-11と大きく差をつけられ落とすものの、続く3セット目ではマッチポイントを先取するなど意地をみせる。しかしそこから3ポイントを連取されデュースへともつれ込む。激戦の中で驚異の粘りを見せつけたものの14-16で3セット目も落としてしまう。期待されていた今季初勝利はかなわなかった。
 後がなくなった法大。登場するのは今季フル出場を果たしている一年生の青山・高取ペア。1セット目では序盤より相手に7連続得点を許し差をつけられ6-11で奪われる。2セット目も流れを断ち切れず4-11で落としてしまう。3セット目では終盤まで交互に点を取りあう展開となったが、あと一歩及ばず力尽きた。 圧倒的な強さを誇る明大相手に完全なるストレート負けを喫した法大。今季リーグは1勝5敗となり、中大との最終戦を残すのみとなった。入れ替え戦を回避し、一部残留を決定するためにも明日の勝利は必須だ。最後に笑うために。法大卓球部が意地をみせつける。(飯島愛未)

選手コメント

村井桂主将

ー今日の試合を振り返って
全然ダメでした。自分の得意な展開である3球目攻撃が序盤から全くできなかったことがすべてですね。

ー専大戦と明大戦の間に考えたことは
専大戦も本調子ではなくて、いつも入るボールが入らなかったりしていてので、我慢強くやるのではなく、自分から攻めていこうと思ってやったのですが、ミスが多くそうなりませんでした。

ー今日はどのように試合に臨みましたか
今まで自分が負けて試合を落とすことが多く、チーム全体が流れに乗れていないと感じたので、自分が勝っていい流れで後ろに回そうと思ったのですが、それができなくて残念です。

ー今季は苦しい戦いが続きますがその要因は
法政は今まで下位校だったので向かっていける立場だったのですが、春に3位とAクラスになったことで、法政は上のチームだと周りの見る目も変わって、それで精神的に向かっていく相手の気持ちが強く感じられるので、そのメンタルの差ではないかと思います。

ー試合間隔が空きましたが調整はどのようにしましたか
特に変わらずに、自分のプレーに集中しておのおの調整していたと思います。

ー明大、専大から学ぶことは
僕たちも絶対にミスをしないで、入れてやるという気持ちはあるのですが、それよりも1球に対する思いが強いということと、難しいボールだけでなく、チャンスボールを確実に決めるので、1球に対する執着心を学ばないといけないのかなと思います。

ー今季は応援が制限されていますが
影響されているというと言い訳になりますが、少なからず自分たちはいつも応援で盛り上げていることを一つの武器にしているので、(応援の制限に)メリットはないですね。

ー明日最後のリーグ戦となりますが
4年生で最後になるので、難しいかもしれないですが残留できるように思いきってやりたいです。

大槻周瑛

ー本日の試合を振り返って
明治戦に出場して、2本連続で取られていて、流れを変えなきゃいけない状況だったのですが、相手の波に押されたまま負けてしまって、あまり良いプレーはできなかったです。

ー3セット目はもつれました
やっと勢いがついてきたのですが、手遅れというか全てを出しきってしまい後が続かなかったです。

ー今シーズンは3試合目の出場ですが
まだ1勝もしていないので、明日出番があれば勝ちたいです。

ー現在チームは1勝ですが
勢いがない状態なのですが、明日の試合は入れ替え戦も関わってくるので、切り替えて頑張りたいと思います。

ー明日に向けて
ラスト1試合なので残った力を全て出して、最終的に勝利して終われたらと思っています。

 矢野雅大

ー今の心境は
今日は強豪校相手ということで自分たちの力を出し切れなかったということで、特に専修大学のエース相手に名前負けしてしまいました。

ー今日のよかったところは
良かったところはありません(笑)。

ー悪かったところは
名前負けしてしまったところと試合前の練習時間が短かったことを知っておきながらうまく調整が出来なかったところです。

ーチームの雰囲気は
もともと今日の試合結果は厳しいものになるだろうと予測していたので、チームの雰囲気自体は悪くはないと思います。

ー明日に向けて
試合に出ることになったら頑張ります!

 青山昇太

―専大戦のシングルスはストレート勝ちでしたが
自分も1番で緊張してたんですけど、相手の方が勝たなきゃいけないという立場なので、そういう考えではこっちの方が立場上有利でした。そういった点で自分から行けたのが、良かったと思います。

―明大戦は丹羽選手との対戦でしたが対戦が決まった心境は
もとから向こうは1番で丹羽さんが来ると分かってたので、丹羽さんに当たりにいこうと思ってました。結果はストレート負けになってしまいましたがいい経験ができたと思います。

―対策は
対策というよりは負けても仕方がないくらいの感じだったので、自分から当たっていくようにしました。

―丹羽選手との対戦経験は
ないです。初対戦でした。

―対戦した印象は
なにも考えてないように見えて、すごく考えていて、戦術の幅が広かったです。あと、相手の弱点をすぐに見極めてそこを詰めてくるというところですね。自分でも取り入れていきたいと思います。常に冷静で戦術の幅を広げられるようにしたいです。

―ダブルスは2敗になりましたが
前半のリーグ戦では結果は負けても、試合の内容はよかったので納得はしてました。でも、今日の2試合は内容がいいわけではなく、1セットもとれず負けてしまったので、明日の試合に向けて改善していこうと思います。

―チームとして不調が続く原因は
春は主将の村井さんと自分が得点源だったので、二人ともこのリーグ戦では得点源になりきれてないっていうのが一番の原因だと思います。

―明日の最終戦へ向けて
明日は1本も気を抜かないで、絶対に勝ちたいと思います。

高取侑史

ー今日の専大とのシングルの試合を振り返って
シングルスでは相手が自分の苦手な部分を攻めてきて、そこに対応し切れなかったのが敗因でした。

ー苦手な部分とは
フォア前を攻められ、自分が先に仕掛ける展開が全くできなかったので、そこをもっと改善したいです。

ー対戦相手の印象は
彼は全日本ジュニアで優勝していて、世界でも活躍している選手なので、とにかく向かっていく気持ちで臨みました。

ー後がない局面での対戦でしたが
負けているので気負うこともないかなと思い、思いきりプレイすることを心掛けました。

ー専大戦でのダブルスについて
前回あたった時は内容のあまりない良くない試合だったので、今回は自分たちからしっかり攻めることを意識しようと話し合っていました。1セット目がとれなかったのが一番痛かったです。

ー前回の対戦内容と変わったことは
前回は相手に一方的に攻められる展開が多かったのですが、今回、特に1セット目は自分たちから早い攻めができたかなと思います。

ー明大戦でのダブルスについて
チームが全体的に空気が沈んでいて、負けたら終わりで絶体絶命でした。相手も強いダブルスだったので自分たちから仕掛けるつもりでいたんですけど、いいところで結構いいプレーをされたりして相手の方が一枚上手だったのだと思います。

ー強豪との試合に向けての練習内容は
特にダブルスを中心にこの一週間練習に取り組みました。

ー明日に向けて
明日勝たないと入れ替え戦に持ち込まれるので、明日何としてでも勝ち、一部残留を決めたいと思います。

 

 

 

フォトギャラリー

  • DSC 0098r専大戦ではストレート勝ちを収めた青山
  • DSC 0070r矢野は得意のカットが決まらなかった
  • DSC 0171rエース村井は無念の2敗
  • DSC 0361r高取は健闘するも敗戦
  • DSC 0404r試合後には円陣が組まれた
  • DSC 0438r大槻は今季初勝利ならず
  • DSC 0476r円熟味を帯びてきた1年生ペア
  • DSC 0027rドライブが決まり渾身のガッツポーズ
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み