自転車

【自転車】2016年度RCS最終戦 大歓声の中、選手たちが都会を疾走! クラス2で渡部が3位表彰台! 

2016年度全日本学生RCS最終戦 第11回 明治神宮外苑大学クリテリウム
2017年3月12日(日)
明治神宮外苑周回コース(1周1.5km)

今年度のフィナーレを飾る明治神宮外苑大学クリテリウム。大学関係者のみならず多くの観客が駆けつけ、大いに盛り上がった。レースはクラス2Aで渡部が3位、クラス2Bで須貝が4位入賞。そのほかのレースでも法大は積極的にレースを展開し、高い戦闘力を見せた。

DSC 2917 R
渡部(右から2人目)は表彰台を獲得した

試合結果

クラス1

順位名前(学部・学年) 
 12位 勝又高陽(法2)
 21位 荒井佑太(営3)
 29位 近藤翔馬(文1)

クラス2A

順位名前(学部・学年)
3位 渡部将太(人2)
6位 堀込統吾(法1)
7位 加藤雅之(人3)
12位 鈴木陸来(文2)
17位 佐藤遼(経2)
29位 谷岡尚輝(文3)
31位 高橋綜一郎(営2)
 

クラス2B

順位名前(学部・学年)
4位 須貝翔吾(法2)
6位 白垣良裕(人3)
19位 鈴木良(経2)
21位 上野恭哉(営1)
28位 山本光洋(文1)
30位 江口彰志(文3)
35位 木原孝明(文2)
 

クラス3A 

順位名前(学部・学年)
20位 岩澤修平(人2)
29位 松田幸貴(法2)

戦評

クラス1

 大学対抗レースでもあるクラス1。今年度のRCSポイントリーダーを決めるレースでもあり、ハイレベルな戦いが予想された。3選手が出場できる今レース。荒井主将自ら選手を選び、荒井、勝又、近藤の3選手が出場した。このレースは20周回で争われる。
 序盤、法大3選手はポジションを上下動する展開。だがレースが落ち着いてくると、近藤が先頭集団、残りの2選手が集団内で周回を重ねた。まずは、法大は当初の戦略通りにレースを進めることに成功する。
 レースも折り返した11周目には、ポジションを下げた近藤に代わり、荒井が集団から飛び出し先頭集団へ。その後、13周目には単独の逃げを遂行し、後続に対して一時6秒のギャップを生み出す。次の周には捕まったものの、日大の岡本、鹿体大の冨尾と3人でローテーションをしながら勝利を目指した。後続は勝又が集団をコントロールし、荒井を生かそうと試みる。それでも残り3周で荒井らは捕まり、レースは振り出しへと戻った。
 残り半周で荒井は早めのスパート。しかし、すでにこのレースで2度の逃げを実行している荒井は足が残っておらず、最後のゴールスプリントに加わることができなかった。それでもインパクトを残すには十分なレースぶり。今後の活躍にも期待したい。
 法大最高位は勝又の12位。チームとしては悔しさが残る結果に終わってしまった。

 DSC 3376 R
レース途中、単独の逃げで観客を沸かせた荒井

クラス2A

 1.5km×8周回で行うクラス2。法大からは7名が出場した。
1周目から堀込が先頭集団を引っ張り、レースを動かす。3周目には、堀込に高橋が加わり、レースはさらに活性化した。その後は逃げが断続的に発生するが、なかなか決まらず。その後、混戦模様となっていたが、4周目に佐藤と渡部が他大学の数選手と抜けだし、先頭集団を形成。佐藤は優勝争いに加われなかったが、渡部は最終周のゴールスプリントへ。惜しくも僅差で敗れたが、3位表彰台。加藤もプロトンから最後に抜け出し、6位入賞を果たした。

クラス2B

 こちらも7名が出場し、優勝を狙った。
序盤から鈴木、須貝が前方で周回を重ねるなど、積極的なレースを展開。中盤の4周目には日大の大浦が単独の逃げ。前目でレースをしていた両選手が追走集団として先頭を追った。次の周には鹿体大の2選手と鈴木、須貝が先頭争い。そこに、白垣や山本も加わりレースは最終周へ。1周目から積極的な走りを続けていた須貝がしぶとく最後のゴールスプリントに参加。4位でレースを終えたが、殊勝な戦いだった。

クラス3A

 最終戦のオープニングレースに出走したのは、岩澤と松田の2選手。1.5km×6周回で行われた。序盤から1つの集団となってレースは進行していく。岩澤は集団の中段、松田はほぼ最後方で周回を重ねる。各周回毎若干の順位変動があるものの、大きな動きはなく最終周のゴールスプリントへ。だが、両選手とも後れを取りスプリントには加われず。先頭から離されて、レースを終えた。

 優勝者こそ出なかったものの、各カテゴリーで高い戦闘力をみせた法大。これから始まる新シーズンに向けて、さらなる飛躍を期待したいところだ。(橋爪優典)

 

選手コメント

後日掲載いたします。

フォトギャラリー

  • DSC 2917 Rクラス2Aでは佐藤(右)、渡部ともに上位入賞
  • DSC 3457 Rクラス1では荒井が積極的にレースを動かした
  • DSC 3396 R勝又はクラス1チーム最高位となる12位
  • DSC 3431 R近藤は1年生ながら堂々の走り
  • DSC 3453 Rクラス1ではハイレベルな戦いが繰り広げられた
  • DSC 2933 R加藤(右)と鈴木陸はこれからの飛躍が期待される
  • DSC 2955 R須貝はあと一歩のところで表彰台を逃した
  • DSC 2988 R鈴木良は途中に逃げを見せた
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み