ラグビー
 

2010/09/12
関東大学リーグ戦
高崎浜川陸上競技場

9月12日に高崎浜川陸上競技場にて関東大学リーグ戦が行われた。
戦いの相手は中央大であり、春のオープン戦で敗北を喫してしまっただけにこの試合は勝利したいところであったが、思いを残す結果となってしまった。

20100912-01
トライを決めた田中大(情4)(撮影・菊池 優香)

試合結果

トータル試合結果

19
法大
7 前半 24 39
中大
12 後半 15

ポイント詳細

3 5
2 G 2
0 PG 2
0 DG 0
法大   中大

法政大学スターティングメンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年
1 PR 高橋 悠太 社4
2 HO 山森 裕之 社4
3 PR 石澤 輝 社1
4 LO 吉岡 耕 社4
5 LO 栗林 宜正 現4
6 FL 武者 大輔 経2
7 FL 光安 俊貴 経4
8 NO.8 宮田 脩平 3
9 SH 中村 清伸 経1
10 SO 加藤 俊介 経1
11 WTB 田中 大喜 情4
12 CTB 原島 知行 経4
13 CTB 森谷 直貴 経1
14 WTB 竹下 祥平 経3
15 FB 窪島 直人 情2

前半、開始7分で中央に飛び込まれトライされてしまう。敵陣に踏み込むものの、なかなか中央をぬくことが出来ない。そして守りが甘く、またしても中央大に点を許してしまう。
ここで反撃したい法大は展開ラグビーで応戦し、SH中村が点を入れた。しかし、終了2分前中央にタックルをすかされ、独走トライを許してしまい、7-24で折り返す。

何とか逆転したい後半、何度か攻めの体勢に入るものの、惜しいところでなかなか点を入れられなかったが竹下、田中が中央大の壁を破り2トライ掲げた。
しかし最後に中央に入れられてしまい、リベンジを果たすことは出来ず19-39で終了。

全体的にミスが多く、勢いが足りない試合となってしまった。
初戦から黒星をつけてしまい不穏なスタートになってしまったが、立ち直してこれからのリーグ戦勝ちをとって欲しい。
(関口 ともみ)

監督・選手のコメント

駒井監督

―今日の試合の総括をお願いします
最初の5分でSOの加藤がケガで退場してしまいました。きちっと準備していなくてそこが最後まで尾を引いたのではないかと思います。もう一つは、選手全体的に怠慢な部分があります。1年生は水を飲んだりだらしない態度。集合なのに集まらなかったり意識が低い。技術以前の問題です。チャレンジャーという意識の無さ。技術の問題ではなく、80分の中で結果を出さなければいけないので。少し過信していたというか…そういう部分をもっと取り除かなきゃいけないです。

―1年生のハーフ団二人は今後も固定していきますか
加藤は骨折なのでダメです。大学選手権出れるかどうかというところなので。

―次回までに修正したい点は
いいスタートを切りたかったんですが、切れなかったのでこれからどういうふうに立て直そうかと思っています。

―今日のテーマというのは何だったのですか
「1対1で負けないタックル」だったのですができてなかったです。

山森主将

―今日の試合について
僕のミスが多く、僕がしっかりしていなくてはいけないのにできなかったです。

―ミスというのは
セットプレーで相手ボールになってしまいました。今日はそこをしっかりやろうと言っていました。一番しっかりやらなきゃいけないのにできませんでした。

―1試合終わってしまいましたがリーグ戦の目標は
今日の負けをどう活かすかがこれからにつながると思います。負けを引きずってだらだらいってしまってはいけないです。まだチャンスはあると思うし能力はあると思うので少しでも活かしたいです。

―次回までに修正することは
FWのミスが多くて僕たちの課題でしたが修正しきれなかった。甘かった部分がありました。

―今日のテーマというのはありましたか
「1対1で負けない」で、FWはセットプレーでした。

―次回へ向けての意気込みをお願いします
また今日のような試合をしてしまったので、まずは今日のような反省を活かして次出来るかが勝利につながると思うので、そこに重点をおいてやります。

LO栗林

―今日は何を重点に試合をしましたか
初戦なのでディフェンスに重点をおこうとしていたんですが、それよりもミスが多くてラグビー出来ませんでした。

―チームの雰囲気は
まだのびしろがあると思うので1からやっていければと思います。

―修正すべきところは
ミスだけですね

―リーグ戦の目標は
次の2週間後の試合に向けて1からやっていきたいと思います。

―次戦に向けての意気込み
このままだとリーグ戦全敗してしまうので立て直してやっていきたいと思います。

CTB原島

―今日の試合は
気持ちが入ってなくて情けない試合でした。

―何を重点に試合をしているか
昨日の夜のミーティングでタックルについてみんなで確認したんですけど、それが出来ずにテンポが出なかったですね。

―チームの様子は
決して悪くはないんですけど、どれだけ集中力を高められるかが個人個人の課題だと思います。

―リーグ戦の目標は
初戦は負けてしまったんですけど、この後の試合を一個一個勝っていってその先にまだ優勝の可能性があると思うので優勝出来ればいいと思います。

―次戦に向けての意気込み
今日出た反省をしっかり生かしていきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 20100912-01トライを決めた田中大(情4)(撮影・菊池 優香)
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み