ラグビー
 

またもや敗戦...後がない法大 関東大学リーグ戦

2010/10/16
関東大学リーグ戦
熊谷ラグビー場

秋晴れの空の下、熊谷で行われた大東文化大との一戦。先週ようやく初勝利を収めた法大は、勢いそのままにリーグ戦後半から快進撃を見せたいところ。しかしそんな想いとは裏腹に、試合はまさかの展開を迎えたのだった。

20101016-01
取り消されてしまった髙城のトライ(撮影・小林 紗織)

試合結果

トータル試合結果

11
法大
6 前半 25 40
大東大
5 後半 15

ポイント詳細

1 5
0 G 3
2 PG 3
0 DG 0
法大   大東大

法政大学スターティングメンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年
1 PR 高橋 悠太 社4
2 HO 山森 裕之 社4
3 PR 石澤 輝 社1
4 LO 後藤 賢 3
5 LO 吉岡 耕 社4
6 FL 光安 俊貴 経4
7 FL 武者 大輔 経2
8 NO.8 宮田 脩平 経3
9 SH 中村 清伸 経1
10 SO 髙城 良太 3
11 WTB 田中 大喜 情4
12 CTB 原島 知行 経4
13 CTB 岡本 圭二 社2
14 WTB 川原田 徹 経2
15 FB 渡邊 拓馬 情2

法大は早々、相手ファールでマイボールとなるとPGを選択し、開始わずか1分で先制。さらに7分にもPGを決め、好スタートを切ったかに思われた。ところがその後、相手フォワードのゲインを止められずトライを献上、すぐさま逆転を許してしまう。

直ちに再逆転し、自分たちのペースに持ち込みたい法大。しかし単純なミスや大事なところでのラインアウト失敗、さらにはタックルも完全に振り切られ、PGやトライなどで点差は開くばかり。ようやく作ったチャンスでは最後の最後でキャッチミス。観客席からはため息がこぼれた。

また、ボールを持った選手に迷いがあるのか、次の動きがスムーズにできず、相手に詰められ奪われる場面も。そして前半は結局見せ場の無いまま終了し、19点を追いかける形で後半を迎えた。

後半に入ると、法大は前半に比べ多くのチャンスを作るものの、やはりミスにより攻め倦ねる場面が続く。それでも19分、ラインアウトからモールで押し込み、最後はCTB原島からパスを受けたCTB岡本が抜け出し、この試合初めてのトライを奪う。

その後も幾度となくチャンスを迎えた法大。だが、けっきょくミスからのターンオーバーで逆にトライを決められるなど、情けないプレーが続く。さらにはキックにも安定感を欠き、ラインを上げることすら容易にできず。そうこうしている間に残り時間はどんどん削られていき、最後まで相手を脅かすことのできないままノーサイドを迎えたのだった。

格下と思われていた相手にここまでの大敗を喫するとは、誰が予想したであろうか。法大はまさに崖っぷちに立たされた。選手権出場どころか入れ替え戦に回される恐れもでてきたのが現状。しかしまだリーグ戦は3試合を残している。特に再来週はカントー戦ということもあり、選手たちの勝利に向けた想いは一塩だ。名門法大のプライドを胸に戦う彼らの、今後の巻き返しに期待したい。

(舟倉 葵)

監督・選手のコメント

駒井監督

―今日の試合について
大東さんの方が勝ちたいって気持ちがあったからうちが負けたと思います。ただ外国人レフリーに対してなんですけど…大東大さんは外国人選手がいるから普通はキャプテンとしか話してはいけないのにコミュニケーションを大事にとっているのかど実際は不公平ではないかと思うんですけど…仕方ないんですけどね。最初のインゴールのノットも然り…なんでいきなりノットになったかわからないんですけどね…あれで結局崩れたので。でもそこで取り返せないっていうのはまだまだうちの弱いところだと思う。あと残り3つなのでやるしかないです。

―再来週は関東学院戦ですが
もう一戦一戦を戦うしかないんで頑張ります。

―ハーフ団について
今日別に攻撃的には悪くなかったんですけどね。やっぱり1対1のところで向こうの反則をとってくれなかったのもあったんですけどやっぱりボールをリサイクル出来なかったのでそこを出来ればいいかなと思います。

山森主将

―今日の試合について
実力不足です。得点を取られ過ぎて、勝てる試合でとられていたら勝てないです。

―得点を取られ過ぎた原因は
うちがタックル数が多いのは、うちのラグビーではないので、このままだと次の試合は一方的になってしまうと思います。

―次の試合の相手は関東学院ですが、関東学院大戦とは山森さんにとってどのようなものですか
特別な相手だと思います。カントーに対する思いは強いです。他のチームとは違います。そこに向けて、部員がカントー戦を理解して、自分たちの状況も理解して、そういうのを踏まえて練習をしたいです。

―今年主将になられて、チームをどのようなチームにしていこうと考えていますか
チームのまとまりを意識して、本当にいい雰囲気のときはいいんですけど、ところどころでまとまりがなくなる。それではやれるところもやれない。能力が無い分そこを意識しなければならないと思います。

―ご自身が去年より成長したと思うところは
去年よりも責任を持っている立場なので、その分試合では自分のプレーはわからないですが精神面では成長したと思います。

―関東学院大戦への意気込みをお願いします
あとがないので一戦一戦大切にしていきたいです。

FL光安

―今日の試合について
ここまで拓殖戦の課題だった最初の入りを意識してやって、入りの部分はPGしっかり2本決めにいって良かったんですが、そのあとのDFになったら、受けに回ってしまって、そこから雰囲気が悪くなってしまいました。2次3次攻撃でブレーキされてしまう。アタックは攻めれば崩される。継続ができない。1次2次攻撃でラックで絡まれたとき、そこのブレイクダウンとかも良くなかったです。

―次の相手は関東学院ですが、光安さんにとって関東学院大戦とはどのようなものですか
カントー戦は自分の中で特別なものがあって、毎年いい試合をするし、ドラマが生まれるので…今年も勝ちたいけどいい試合をしたいです。自分たちもしびれるような試合をしたいです。

―去年より自分が成長したなと思う部分というのは何ですか
泥臭くやっていると思います。

―FWリーダーとしてどのように引っ張っていこうと思っていますか
FWは山森・栗林がいるので…声出して盛り上げる。自分のプレーとかプレー中のコールとか、そういうところです。

―関東学院大戦への意気込みをお願いします
見てる人もやってる人も、カントー戦は特別だと思うので、楽しめる試合にしたいです。

CTB岡本

―今日の試合について
ディフェンスがダメでした。最初の先制点がとれたのでこのままリズムにのれたら良かったのですが、ディフェンスからトライに繋げられなかったので、次はそこを修正したいと思います。

―BKとして
後半積極的に運ぶことができたので前半からもっといっても良かったなと思います。

―関東学院への課題
法政らしさがまだ出しきれてないので、BKがしっかり引っ張っていきたいと思います。

―関東学院戦への意気込み
がんばります。

CTB原島

―今日の試合は
今日は少し、前の勝利から切り替えられず、浮き足立った雰囲気がありました。

―一番の敗因は?
試合前からのテーマとしていた一人一人のタックルが全然できなかったことです。ペースを掴んでいたのは法政だっただけに、そこが相手にやられた原因だと思います。

―チーム内にけが人が多く出ていますが?
けが人が出てメンバーが変わっても、同じようにラグビーする事を意識してるので、けが人が多いことは理由にならないですね。

―今のチームに不足していることは?
勝ってからこの一週間の調子は悪くなかったのですが、試合前のアップやロッカールームでの態度とかに問題があると思います。いい意味での緊張感が足りないですね。

―次はカントー戦ですが?
対策はこれから一週間通して取り組んでいくことになりますが。相手がカントーということで、嫌でもみんな気持ちが入ると思います。カントーは今までより圧倒的に強いですし。

―カントーまでに向上したい部分は?
まずタックルです。あとはBKラインでのラインアタックの精度ですね。フォワードの足を引っ張っているので、しっかり煮詰めていきたいです。

―チーム全体的には?
練習でのミスが、けっきょく試合に影響を与えてしまうので、一人一人が今の状況を理解し修正していきたいです。今日の試合で、練習でミスをすれば試合でも出てしまうことを、身を持って感じたので。みんなにも感じ取ってほしいです。

―最後にカントーへの意気込みを!
追い込まれている状況なので。この試合は人生で一番負けられないです。

WTB田中

―今日の試合は
今日はだめだめでした。結構自分のミスで点に繋がってしまって、それ意外にもミスが多くて、きられて、相手のチームがアタックに勢いづいてしまうケースが結構ありました。

―BKとして
もうちょっと自分がいかなきゃいけないというのはあったんですけど、ミスしてチャンスを無にしてしまいましたね。

―関東学院戦への課題
関東学院戦はすごい楽しみだし、もう一度自分のこなすべき仕事をちゃんとして、トライをとってチームを勝たせてあげたいと思います。

―関東学院戦への意気込み
怪我人がすごい多い中で、得点能力がだんだん下がってくると思うので、少ないチャンスをものに出来るように、自分がトライ出来る様な精神になるようにあと2週間あるのでしっかり調整していきたいです。

FB渡辺

―今日の試合
前半からディフェンスが悪くて相手にペースを飲まれて最初から最後まで相手のペースでやる試合でした。

―立て直すには
ディフェンスは一人一人もっとタックルに責任を持って焦る必要がなかったなと。自分たちのやっていることをもうちょっと焦らずにやれば良かったのかなと思います。

―チームの中で果たしていきたい役割
一番後ろで守っているポジションなので僕がミスしたらチーム全体が下がってしまうんで僕から前に出るようなプレーをしていってチームを盛り上げていけたらなと思います。

―次は関東学院戦ですがどんな試合展開になるとおもいますか?
今まで通り自分たちがやってきたことをやれば勝てない相手ではないと思うのであと2週間空いているのでそこでなんとかチームを良い状況にもっていっていきたいです。

―最後に意気込みをお願いします。
まだトライとってないのでトライをとっていこうかなと思います。

 

フォトギャラリー

  • 20101016-01取り消されてしまった髙城のトライ(撮影・小林 紗織)
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み