ラグビー
 

課題残るも勝利 菅平練習試合VS立正大

夏合宿練習試合 VS立正大
8月21日(日)
会場:菅平52番グラウンド

菅平で練習試合が行われた。肌寒い曇り空の下、立正大との戦いは白熱していた。勝利を収めたものの、試合の入りやミスなど課題が残った試合となった。

moal
モールでのトライ(撮影:斉藤皓介)

試合結果

トータル試合結果

64
法大

26 前半 07 14
立正大学
38 後半 07

ポイント詳細

10 02
07 G 02
00 PG 00
00 DG 00
法大   立正大学

法政大学スターティングメンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年
1 PR 玉川 嘉文 4
2 HO 草間 栄吾 4
3 PR 鈴木 智丈
4 LO 後藤 賢
5 LO 宮田 脩平
6 FL 武者 大輔
7 FL 西内 勇人
8 NO.8 小池 一宏
9 SH 本村 光章
10 SO 玉村 泰之 3
11 WTB 今橋 昇大
12 CTB 岡本 圭二
13 CTB 金 勇輝
14 WTB 百武 憲之朗
15 FB 窪島 直人

試合開始早々敵陣に持っていくものの、オフサイドをとられそのまま立正にトライされてしまう。しかしスクラムで押し込みFB窪島からWTB今橋のナイスパスで点を入れる。
立正大に攻められるも、法大のディフェンスが上手く機能する。No.8小池が大きくゲインし、モールで推し進めてトライを挙げた。流れに乗った法大はラインアウトからのモールで点を入れるなどFWが活躍する場面が多く見られた。終了5分前インゴールに押し込みFL西内がトライを決めると26-7で前半折り返す。

後半開始5分早々にラインアウトからモールで押し込みトライを決める。そしてこぼれたボールをWTB今橋が蹴って素早く走り抜け点を決めた。しかしディフェンスを突破され立正大に走られトライされてしまうも、その後すぐにCTB岡本が決めたり、展開し敵陣に攻め込み、タックルが決まるなど法大ペースに試合が進む。スクラムからボールを出してNo.8小池が駆け抜けトライし47-14に。その後2トライを挙げ64-14でノーサイド。

後半雨で滑ったのかミスが所々目立ったものの終始法大ペースで試合が展開され、モールでのトライが多く、FWの力が勝っていた。また小池、今橋など一年生ルーキーの活躍も多く見られた。
しかし「入りも悪くて結構ミスも多く自分たちのラグビーが出来なかった」(LO宮田)と試合には勝ったもののまだまだ課題が山積みに思える。

「去年は不甲斐ない結果に終わってしまったので今年は優勝を狙いたい。」(岡本)とリーグ戦への意気込みを語る。また夏を通し「法政伝統のランニングラグビーを復活させるために、網走の合宿を始めとして徹底的に走り込んだ。」(今橋)とオープン戦で浮き彫りになった課題を克服し、法大伝統のスピード感溢れるランニングラグビーで新たにリーグ戦へのリベンジを図る。秋からの竹下組の躍進に期待したい。                     (関口 ともみ)

試合後の選手・監督コメント

LO宮田

ー今日の試合は
相手格下なのでもっと圧倒したかったんですけど、入りも悪くて結構ミスも多くて自分たちのラグビーが出来なかったです。
ーチームの雰囲気は
今ずっと網走から雰囲気悪かったんですけど、徐々に良くなってきてこれからもっと上げたいです。
ーこれから強化したいところ
とりあえずランニングランを目指しているのでフィットネスとミスしないことですかね。
ー流経戦に向けて
最初の試合なんで勝ちにいきたいですね。
ーリーグ戦の意気込み
全勝で優勝を目指したいです。

CTB岡本

ー今日の試合は
BKはミスが多くてFWに助けられたという感じでした。
ーチームの雰囲気は
網走はちょっと悪かったんですけど徐々にこれからも上げれたらいいかなと思います。
ーこれから強化したいところ
アタックのランニング、バックスの精度とディフェンス前に出て止める、低くタックルするという所を強化したいと思います。
ー夏合宿の練習は
ゲームに近いスキルのところは教えてもらっているので、そこをいかに試合で出来るかっていうのが重要になってくると思うのでしっかり吸収してシーズンに繋げたらいいなと思います。
ー流経戦に向けて
初戦なんで絶対に勝てるように頑張っていきたいと思います。
ーリーグ戦の意気込み
去年は不甲斐ない結果に終わったので、今年こそは大学選手権で優勝をしたいと思います。

No.8小池

-試合の感想は
1部が2部に負けるのは考えられないことなので、全てで圧倒できるように試合に入りました。
-特に力を入れたことは
自分は体が小さい(背が低い)ので、大きなプレーヤーに対して勝てるよう常に低くプレーしました。相手の膝元にタックルすることを意識してディフェンスしました。
-トライの感想は
15人が繋いでくれたボールだったので自分が決めなくちゃという思いで決めました。
-合宿で力を入れているのは
ディフェンスでの圧力が1番の課題です。いかにして相手との間合いをつめるか、ラインを蹴られないでいけるかを目標にしています。
-リーグ戦に向けて
下からの底上げをしながら、日本1を目標にしているので、リーグ戦は優勝したいです!
 

WTB今橋

ー今日のゲームを振りかえっての感想
前半の入り方が課題で、今日も失点からスイッチが入るような形になってしまった。後半はスムーズに入ることができた。

ーこの夏を通して練習してきたことを教えて下さい
法政伝統のランニングラグビーを復活させるために、網走の合宿を始めとして徹底的に走り込んだ。

ー今日のゲームではランニングラグビーを発揮することはできましたか
WTBがボールを持つ回数が多く、展開もできていた。ランニングラグビーが完成に近づいている。

ーリーグ戦への意気込み
全勝で優勝し、大学選手権でも一つでも多く勝利を重ねるていきたい。

 

フォトギャラリー

  • moalモールでのトライ(撮影:斉藤皓介)
  • shdca岡本のトライ
  • adcn期待のルーキー 小池
  • koike
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み