ラグビー
 

後半に追い上げられ敗戦 関東大学春季大会 対慶應大

強い風が吹いたニッパツ三ツ沢競技場。大学ラグビー界を代表する伝統校の意地がぶ...

強い風が吹いたニッパツ三ツ沢競技場。大学ラグビー界を代表する伝統校の意地がぶつかり合う一戦となった。ラグビーファンも注目する一戦だ!

IMG 4895
先制トライを決める小池

試合結果

トータル試合結果

14
法大

11 前半 36
慶應大学
3 後半 36

ポイント詳細

G
PG
DG
法大   慶應大学

法政大学スターティングメンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年
1 PR 水本 裕也 経3
2 HO 中田 勝也 理2
3 PR 宇佐美 元太 経3
4 LO 高橋 湧
5 LO 堀 大志 情3
6 FL 鈴木 勇太朗 社3
7 FL 高橋 健太郎 社4
8 NO.8 小池 一宏 スポ2
9 SH 中村 清伸 経3
10 SO 加藤 俊介 経3
11 WTB 半井 優太 社2
12 CTB 猪村 優仁 3
13 CTB 門間 麗 経2
14 WTB 木暮 飛史 経4
15 FB 森谷 直貴 経3

5月27日、法大と慶大の横縞のジャージがニッパツ三ツ沢競技場を飾った。

 慶大ボールのキックオフ。風上を選択した法大は開始早々タッチキックで一気に敵陣へ。慶大のタッチキックが乱れほぼ同じ位置、敵陣22m付近で法大ボールラインアウトというチャンスを得る。しかしラインアウトはミス。慶大BKが展開したところに猪村が低く前に出るタックルで観客を湧かせた。勢いづく法大だが再びラインアウトのチャンスを得る。しかしまたもやミス。さらに慶大ボールスクラムを組む。慶大の8-9のパスが乱れ宙を漂ったボールを小池がキャッチし5分、左隅へ先制トライ。その後も風に乗る見事なキックで敵陣で試合を運ぶ。14分法大のラインアウトがミスをするがBKがカバー。半井が倒れずに一歩ずつゲインしラックをつくると慶大のノットロールアウェイの反則。ペナルティゴールが成功し16分待望の追加点がはいった。その直後から緊張の時間に突入する。慶大のラインアウトから慶大FWの重い攻撃が続き押し込まれ集まったところを慶大BKがパントキックで裏に落とす。防ぎきるも苦しい内容の時間が続く。敵陣にいるものの仕留めきれない。前半終了間際に自陣に戻され笛を待つだけかと思われたが慶大のラックからこぼれたボールを堀が拾い独走。キックでボールを走らせ一気に敵陣へ。38分には正面のペナルティゴールが決まり前半終了。11-0であった。

後半。風下に法大が構える。後半開始2分慶大のオーバーザトップの反則からペナルティシゴール。点を重ねる。順調に逃げ切りかと思われたが慶大FWが牙をむく。SHへのプレッシャーも激しくなり自陣ゴール前慶大ボールスクラムからの8-9を止めるもFW戦になる。5分、ゴール前で体ごと押し倒され慶大のトライ。さらに8分法大の反則が相次ぎ走りこまれ慶大2本目のトライ。14-14と追いつかれてしまった。自陣での戦いが続き13分、キックを裏に落とされ慶大が3本目のトライ。18分中村から金子、森谷から窪島、宇佐美から浅岡に交代するも2度のコラプシングにより自陣ゴール前へ。FW戦になり雪崩のように押し崩され慶大がトライ。加藤が岡本と交代する。その後も反則と慶大FWを次々と撃ち込まれポイントに集められたところを外に展開され堅実な細かいパスを繋がれ37分慶大のトライ。38分、さらに慶大がトライ。14-36でノーサイド。

季節は春。これから先には夏合宿も控えている。はっきりしている目的地まで法大は一歩ずつ進んでいく。(澤 匠太郎)

監督・選手のコメント

小野木監督

—今日の試合を振り返って
前半ミスが多かった。全体的に研究されていて、サインもばれていた。

—ラインアウトのミスが多かったですが、サインばれの影響ですか
それが大きいですね

—後半はなかなか攻め手がなかったようにみえました
対抗戦のしつこいディフェンスを受けましたね。BとCも同じようにやられました。

—けが人がおおいようですが、チームに影響は
選手層が厚いから、出てる選手達がベストメンバーです。

—次戦に向けて
あくまで通過点。きっちり青学を倒したいです。

小池一宏選手

―今日の調子はいかがでしたか
僕自身の調子は良かくて、良いプレーはできたと思うんですけど、チームとしては怪我人が多くて、いつものメンバーでできなかったので、残念でした

―意識していたことはありますか
チームがピンチなときに、それをチャンスに変えるようなプレーができるように、心がけてはいました

―ラインアウトの場面が目立ったと思いますが、それについてはいかがですか
マイボールの時にミスが多く出てしまって、そこを相手につけ込まれるという場面が多くなってしまいました。後半になると 、ラインアウトのミスがそのまま失点につながってしまったので、今後の課題だと思います

―次に向けての意気込みをお聞かせください
チームをしっかりと仕上げて、法政らしいプレーを見せられるように頑張りたいです

猪村優仁選手

ー今日の試合で意識したことは
風上の前半でスコアをとりまくって後半は逃げ切るというゲームプランだったけれど前半のスコアが中途半端で走り負けてしまった。

ー新チームの手ごたえ
春なのに慶応大学さんは走りこみがよく鍛えられている、悔しい。甘んじずに高みを目指して強くなっていきたい。

ー次戦へむけて
春季大会も終わりに近づいているのでビデオをみて悪いところを修正して強豪と戦えるようにしたい。

 

フォトギャラリー

  • IMG 4895先制トライを決める小池
  • IMG 5006モールで押し込む法大FW陣
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み