ラグビー
 
今春からスタートした関東大学春季大会。2勝1敗で迎える最終戦の相手は青学大だ...

今春からスタートした関東大学春季大会。2勝1敗で迎える最終戦の相手は青学大だ。今後のためにも負けることができないこの一戦。法大と青学大の意地がぶつかり合う。

IMG 6860
突破をはかるSO加藤

試合結果

トータル試合結果

24
法大

17 前半 18 35
青山学院大学
後半 17

ポイント詳細

G
PG
DG
法大   青山学院大学

法政大学スターティングメンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年
1 PR 水本 裕也 経3
2 HO 中田 勝也 理2
3 PR 宇佐美 元太 経3
4 LO 高橋 湧 2
5 LO 堀 大志 情3
6 FL 武者 大輔 経4
7 FL 高橋 健太郎 社4
8 NO.8 小池 一宏 スポ2
9 SH 中村 清伸 経3
10 SO 加藤 俊介 経3
11 WTB 山本 慎二郎 情4
12 CTB 猪村 優仁 人3
13 CTB 門間 麗 経2
14 WTB 木暮 飛史 経4
15 FB 森谷 直貴 経3

 風がなく穏やかな天候の青山学院大グラウンド。関東大学春季大会を締めくくる最後の相手は青学大だ。

 主将の武者(経4)が復帰し、何としても勝利をつかみたい法大。しかし、前半開始早々青学大のWTB明本のトライを許す。法大はSOの加藤を中心に攻撃を組み立てるもリズムに乗ることができず、青学大のカウンターに苦戦する展開となった。13分には青学大がラインアウトモールからトライし0−10。しかし21分、法大はCTB猪村が相手のキックをキャッチすると、カウンターを仕掛け青学大のディフェンスラインを突破する。最後はFBの森谷に繋いでトライ。ゴールも成功し、7−10とした。さらに28分には森谷がカウンターからそのままトライし12−10とし逆転する。法大は立ち上がりの悪さが見えたものの、持ち前のランニングラグビーで試合を立て直した。前半終了間際には、両校とも1トライをとり、さらに青学大はペナルティゴールで3点を追加。17−18の青学大リードで前半を終了した。

 後半も法大は立ち上がりから流れをつかめない展開。3分にトライを許し、17—23と点差が開いてしまう。法大はペナルティからの速攻やSO加藤のキックパスなどでトライを狙うも得点には繋がらず。9分CTBを猪村から岡本へ、17分にHOを中田から武田、PRを宇佐美から浅岡に替えて逆転を狙う。しかし21分に青学大にトライを許し17−30。法大は27分にトライを奪うも、31分に駄目押しトライを許してしまい24−35でノーサイドとなった。試合を通して、ミスが目立った法大。また、タックルミスなどから相手にゲインラインを突破されるシーンも目立つ展開となった。

 今大会は2勝2敗で終了し、実力を発揮しきれなかったが、まだまだ成長過程にいるチーム。秋のリーグ戦で、本当の力を見せてくれるに違いない。

 

フォトギャラリー

  • IMG 6982突破をはかるSO加藤
  • IMG 6860NO.8小池
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み