ラグビー
前節は終了間際にまさかのトライを奪われ敗戦を喫した法大。リー...

前節は終了間際にまさかのトライを奪われ敗戦を喫した法大。リーグ戦を制覇するためにはもう負けることができない。勝利への強い思いを持ちながらリーグ4戦目、強豪東海大と対戦した。

IMG 4322
インゴールに飛び込みトライする森谷

試合結果

トータル試合結果

18
法大

前半 13 39
東海大学
15 後半 26

ポイント詳細

G
PG
0 DG 0
法大   東海大学

法政大学スターティングメンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年
1 PR 大河原 一真 人4
2 HO 小池 一宏 スポ2
3 PR 石澤 輝 社3
4 LO 石川 浩市郎 理4
5 LO 小山 智聲 現3
6 FL 武者 大輔 経4
7 FL 西内 勇人 社2
8 NO.8 堀 大志 情3
9 SH 本村 光章 経4
10 SO 猪村 優仁 スポ3
11 WTB 半井 優太 社2
12 CTB 金 勇輝 社2
13 CTB 岡本 圭ニ 経4
14 WTB 門間 麗 経2
15 FB 森谷 直貴 経3

小雨が降る天気の中、リーグ第4戦が東京都町田市にあるキヤノンスポーツパークで行われた。

 序盤は互いにキックでエリア獲得を試みるものの、雨という難しいコンディションで両ミスが目立つ。前半の半ばから徐々に東海大が実力を見せ始める。法大陣内インゴール前でラインアウトのチャンスを度々作る。カウンターであわやトライという場面もあったが、これは東海大のミスで何とか乗り切る。必死のディフェンスを見せていた法大であったが19分にゴール前スクラムから左に展開され14番がトライ。0−5。先制を許してしまう。その後も守りに追われる時間が続き、30分にPG、39分は自陣でのパスをインターセプトされ、そのまま独走トライを許してしまう。差を縮めたい法大は40分に猪村がPGを決め3−13で前半を終える。

 後半、逆転を狙う法大は勝負に出る。7分、相手がハーフライン手前で犯した反則から、PGを選択。猪村が確実に決め6−13。ワントライ差とし反撃の準備は整ったように思われた、しかしながら後半の法大は、前半見せたディフェンス面の粘りがなく、15分、20分、26分と立て続けにトライを許し、6−34。法大は32分、右に展開し最後はゴール右隅に森谷が、35分には岡本がトライを決め、伝統のランニングラグビーで攻めの姿勢を見せた。しかし40分に東海大の8にトライを奪われ万事休す。18−39でノーサイド。

 武者主将が「後半のアタックは自信になった」と語るように、後半は東海大相手に臆する事無く攻め続けた法大。更なる進化を期待できる戦いだった。残りは3試合、次戦の中央大に勝って連敗を止めたいところだ。

監督・選手のコメント

小野木監督

—今日の試合を振り返って
セットプレーでイーブンに持っていきたかったですが、そこをくずされてしまいました。東海大はブレイクダウンがうまくて強かったです。

ー1年生がデビューしたり、選手交代が多かった試合でしたが
今日は早め早めに交代していこうと思っていました。東海の疲れにフレッシュな力で。特に中村は戦術的交代で入れましたが、チームにもう一段力をあたえてくれたかなと思います。

—次戦に向けて
3週間あくので、まずはしっかり体を休めて中央大に全力で頑張りたい。

武者主将

—今日を振り返って
東海大のゲームの組み立てがうまかったです。

—後半は攻撃シーンも多かったですが
後半は自分たちがチャレンジしました。前半はがまんがまんしてというプランだったので。球をどう動かすかが課題です。

—今後チームに必要なもの
後半のアタックは自信になりました。チームとしてどういうアタックをするのか意思統一していきたいです。選手権のために残り3試合全力を注ぎたいです。

 
 

フォトギャラリー

  • IMG 4322■■■■
  • IMG 4287■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み