ラグビー
 

大学春季大会Bブロック 対 日本大学
2013年5月12日(日)
法政大学グラウンド

法大のホームグラウンドで、春季大会二試合目が行われた。対戦相手は日大。大勝した前節から、スターティングメンバーを数名変更した法大だが、同じリーグ戦グループのライバル相手に連勝となるか。

逆転のトライを決める今橋

試合結果

試合結果

24
法大

0 前半 14 21
日本大学
24 後半 7

ポイント詳細

4 3
2 G 3
0 PG 0
0 DG 0
法大   日本大学

法政大学スターティングメンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年
1 PR 鈴木 智丈 経4
2 HO 越田 勝利 2
3 PR 宇佐美 元太 経4
4 LO 小山 智聲 現4
5 LO 吉村 公太朗 2
6 FL 山辺 友弘 人3
7 FL 森井 涼太 現3
8 NO.8 小池 一宏 スポ3
9 SH 中村 清伸 経4
10 SO 加藤 俊介 経4
11 WTB 門間 麗 経3
12 CTB 猪村 優仁 スポ4
13 CTB 金 勇輝 社3
14 WTB 今橋 昇大 社3
15 FB 半井 優太 社3

選評

 

昨年リーグ戦、ダブルスコア以上の大差を付けて勝利した日大戦から、早5ヵ月。日大の14番外国人選手を如何に抑えるかが勝利の鍵になる。

試合開始直後から日大の攻撃に苦戦を強いられる。8分、自陣インゴール手前で、法政がキックでエリアを広げ、ピンチを回避。その後も11番,門間が日大の14番をタックルで封じ込めるが、17分、日大の14番にトライを奪われ、05。ゴールキックも決まり0740分にもトライ、ゴールキックを決められ、前半は014で折り返す。前半は終始日大のペースで試合が進んだ。

反撃したい法大。後半になり2番,越田、3番,宇佐美から17番,石澤、18番,牧野内にスイッチ。9分、敵陣22m付近、相手のノックオンからチャンスを得ると、FWの混戦から法大が押し込み、最後は7番,森井がトライ。514とする。31分、後半から入れ替えで入った20番,大政がトライを決め、1014。自身でゴールも決め、12142点差にする。続く33分。自陣22m付近で攻め込まれるものの、相手のミスにより、14番,今橋がボールを拾いキープ。そのまま相手を寄せ付けない走りで独走トライを挙げた。そして大政がゴールポスト中央でのキックを確実に成功させ、1914。逆転に成功した。このまま逃げ切りたい法大。だが、38分に相手にトライを奪われ同点。ここでゴールも決まり、19-21。再び逆転を許してしまう。後が無くなったが、最後まで攻めの姿勢を貫いた法大。試合終了間際の40分、FW陣にチャンスが回ってきた。右サイドに展開し、最後は22番,小澤が抜け出しトライ。土壇場で2421。またしても法大が逆転する。ロスタイム、日大が法大エリアで攻めるもノーサイド。両者のせめぎ合いは、2421で法大に軍配が上がった。(吉田佑梨)

監督・選手コメント

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-attachment: initial; background-size: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-position: 0% 0.25em; background-repeat: no-repeat;">谷崎 重幸監督

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
緊張があったのか、全体的に固かったですね。

―前半には、セットで押し負ける場面が目立ったが、ハーフタイム中に何か対策をしたのか
前半は、入りのところから緊張があったようで、なかなかセットが揃っていないようでした。後半になると慣れてきたみたいだけど。

―全体的には、ハーフタイム中に修正点などはありましたか
ポイントに入るということを徹底させました。前半から動いてはいたんですが、ポイントまで行っても仕事をしていないという場面が目立ったので、後半は少ない人数で有効な動き出しができるように、と。

―後半スタート時の選手交代の意図は
あれはもう、最初から(決めていた)。スクラムを安定させるという目的でね。

―現在までのチームの印象は
変わってきていると。そういう風にコーチは言ってます(笑)。チーム全体としてね。自分たちはチャレンジャーであるという気持ちを持って、スタートが切れたのではないかと。

―チームとしての課題は
それはもう、まだまだですよ。個人個人の能力も上げていかないといけないですし。まあ、伸びしろがあるということでもありますから。

―今はどのような練習を
秋、冬を見越して実践的な練習を。ウエイトと同時にやっています。ボールを持つときは実践的な練習をね。少ない時間で組織力も磨いていく必要があるので。ウエイトにかける時間も必要ですし。

―U‐20代表に出場した選手について
西内は、U‐20ではキャプテンですし、ひとつ上のジュニアジャパンにも選ばれていますから。まだ、(法大で)試合に出てるところは見たことがないんだけどね。練習してるところも、まだ見れてないんだけど(笑)。牧野内は、こっち(法大)ではレギュラー、Aチームとして試合に出ていますから。やっぱり、身体と能力を鍛えるのには、ここ(Aチーム)でやるのが一番良いだろうと思いますからね。期待してますよ。
 

猪村 優仁

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
ちゃんと日大戦に向けて準備してきたつもりだったんですけど、まあこの次の試合に早稲田が控えていて、どうしてもそっちの方を見ていたというか、ちょっとすくわれたというか。日大戦に集中していこうと口では言ってたんですけど、どこか余裕というか、慢心がありました。
でも、今シーズンは個人個人の準備を大切にしようと言ってるんですけど、その1人1人の準備という面では良かった1週間だと思います。
 
―日大戦に向けた準備というのは
(選手によって)それぞれ違うんですけど、まあ火曜日に走って、水曜日から金曜日までコンタクトして、土曜日に調整してという1週間を過ごしてきたんですけど、それぞれが練習後アイシングしたり、万全な状態で臨めるようにしました。
 
―前半を0-14で折り返したが、チームにどのような声をかけたか
こんなはずじゃないのに、まずは普段通りにやったら取れるっていう自信はあったので、まず一本ずつ返していこう、と。それと、取られた特にすぐ話しあって修正していこうという面が見れたのはよかったです。
 
―2連勝で早稲田戦だが
早稲田戦に向けて完璧に準備できたわけではありませんけど、まあまだ2週間あるんで今日出た反省、先々週の中央戦で出た反省をもう一度見なおして。(早大戦は)春の一番大きなターゲットになるので、そこで春やってきたことを勝敗関係なく出せたらいいなと思います。
 

今橋 昇大

―今日のゲームを振り返って
前回の中央戦は良い形で自分たちのプレーが出来たんですけど、今日は練習してきたことが出せなくて、ジタバタしてしまったゲームかな、と。

―後半の自身の逆転トライについては
後半は1人に対して2、3人でタックルして行こうと意識していて。僕も2人、3人目を意識して、ボールに向かっていったら相手がミスして、それを拾っただけなんで。作戦通りと言えば作戦通りです。

―最後のチームのトライについて
法政の持ち味、得意とするプレー、らしいプレーだったので、最後に関してはすごく良かったな、と思います。

―再来週の早稲田戦、どう戦うか
この春の大会は早稲田戦をターゲットにしているので、そこで今年の法政の今まで試してきたことが全部出せるか、というのが今後に関わってくると思うので、しっかり勝ってシーズンに繋げて行きたいです。

―早稲田戦まで二週間空きますけど、過ごし方は
今日の試合の反省をして、法政らしいエンジョイなラグビーで練習して、良い雰囲気で試合に臨めたらな、と思います。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み