ラグビー
 

大学春季大会Bブロック 対 早稲田大学
2013年5月26日(日)
ニッパツ三ツ沢競技場

前節では劇的な逆転勝利を収め、勢いに乗る法大。しかし、今節の相手は昨年度の大学選手権でベスト4まで駒を進めた早大である。強豪相手の大一番で、地力を見せることはできたのか。

キャプテンになることが決まった堀がトライを決める

試合結果

トータル試合結果

28
法大

28 前半 14 33
早稲田大学
00 後半 19

ポイント詳細

4 5
4 G 4
0 PG 0
0 DG 0
法大   早稲田大学

法政大学スターティングメンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年
1 PR 石澤 輝 社4
2 HO 小池 一宏 スポ3
3 PR 宇佐美 元太 経4
4 LO 小山 智聲 現4
5 LO 吉村 公太朗 2
6 FL 堺 光弘 2
7 FL 森井 涼太 現3
8 NO.8 堀 大志 情4
9 SH 中村 清伸 経4
10 SO 加藤 俊介 経4
11 WTB 小澤 有輝 国3
12 CTB 金 勇輝 社3
13 CTB 門間 麗 経3
14 WTB 今橋 昇大 社3
15 FB 森谷 直貴 経4

選評

キックオフ直後から法大は、強豪早大を責めたてる。3分、試合にうまく入れていない様子でミスを続ける早稲田のスキを見逃すことなく、素早いパス回しから右サイドへ展開、最後は#15森谷が相手を巧みにかわしトライ、先制点をあげる。流れを掴んだ法大は、キックを織り交ぜた多彩な攻撃で早稲田ディフェンスを翻弄。6分にはキックで前へ展開すると、#7森井が左奥へトライ、21分には新チームの主将に任命された堀が自陣インターセプトからの独走トライを決めるなど、早稲田を圧倒する。

順調に試合を進めてきた法大であったが26#10加藤が連続違反行為のペナルティで10分間の退場を命じられてしまう。1人少ない厳しい状況を早大は見逃さず、連続してトライを奪われる苦しい展開に。

追い込まれながらも気持ちを切らさなかった法大はペナルティが解けた加藤が戻り次第反撃へ転じると、40分には前節逆転トライを決めた今橋がゴール右隅へトライ。最高の形で前半を終える。

後半、試合は一転し終始早稲田ペースに。開始早々5分に自陣でのミスも重なりトライを許すと、なかなかボールを前に進めることができない。積極的な交代策で流れをつかみに行くが29分に再びトライを奪われ2点差にまで詰め寄られる。28分には再び法大にアクシデント、#15森屋が足を負傷し交代を余儀なくされてしまう。不穏な空気が漂う中、31分ついに逆転のトライを奪われ、そのままノーサイド。

勝利まであと一歩のところまで近づいていただけに、悔しさが残る試合となった。(安藤 岳)

選手コメント

堀 大志

―今日の試合を振り返っていかがですか
ところどころのミスや、後半走り負けてしまったところが課題になると思います。

―前半素晴らしい試合の入りだったが、強豪早稲田相手に試合前のチームの雰囲気はどのようなものだったのか
春の段階で僕たちのラグビーがどこまで通用するのかということを早稲田大学さん相手にチャレンジしようということで前半から出し切ろうという気持ちでした。

―谷崎監督が就任されたことによるチームの変化は
前まではラグビーに対しての意識が100%の気持ちで取り組めないところがあったが、今は練習の段階からみな全力で取り組めています。

 

フォトギャラリー

  • DSC 3730 R
    • キャプテンになることが決まった堀がトライを決める
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み