ラグビー

【ラグビー】練習取材 監督&新主将・副主将インタビュー

2015年3月12日(木)
法政大学グラウンド

 まだまだ寒さの続く3月。新入生も加わった法大ラグビー部は新たなチームとなってスタートを切っている。現在は春季大会への基礎づくりとしてフィットネス、ランニングメニューを中心にこなしている選手たち。練習終了後に谷崎重幸監督、吉村公太朗(経4)主将、井上史也(現4)副主将に今季の意気込みを伺った。

  ※記事中の学年は新年度のものです。

 

2
主将を務める吉村

監督・選手のコメント

谷崎重幸監督(3年目を迎えた名将。母校を復活へ導けるか)

―主力をけがで欠く中で優勝も見えた昨年のリーグ戦を振り返って
まあ、おっしゃる通りですね。優勝も見えた。だけど、けが人が多くなってしまいました。

―昨季の最終戦後に「今、帝京と戦えて感謝している」と監督はおっしゃっていましたが、その帝京大戦からチームが得たものは
全てじゃないですか。スコアもそうだし内容もそうだし。ああいう結果を経験に変えることができるかというのが大切ですよね。

―今の時期は体作りなど基礎的なことに重点を置いているのでしょうか
そうですね。全てに通じる第一段階ですからね。

―昨年伺った際に食生活を改善したというお話がありましたが、そのようなことはもうチームに浸透しているのでしょうか
そうですね。皆大事にしていると思いますよ、聞いてみて下さい(笑)
その分だけ体ができてきますからね。今より落としたくないというのはありますよね。

―新入生も加わって練習の雰囲気などは
ここが全てのスタートですからね。良い形でスタートできていると思いますよ。

―キャプテンの吉村選手に期待することは
本人も背中で引っ張ると言っていますしね。けがだけはないようにして欲しいですね。皆からも「吉村を助けていかないといけない」という人望もありますからね。先頭を切って一番キツイことをやってくれる選手ですし。

監督が就任した時の1,2年生が3,4年生となります。この2年間で選手たちの成長を感じますか
努力する基準というのが個人ではなくてチームになったというのを感じますよね。法政大学に入った目的、なぜ入れたかというのは当然ラグビーな訳ですから。

ジュニアジャパンに4人の選手(斉田、東川、尾崎、金井)が選出されましたが、どのようなことを持ち帰ってきてほしいですか
全部経験じゃないですか。
下級生でも良い意味で競争するチームになって欲しいですね。ライバルだけど認め合い、尊敬し合いながら。

―昨季リーグ戦3位となったことで春は帝京大、早大、明大などの上位校との対戦がありますが、どのような戦いをしていきたいですか
まあ春なので今年の力比べですよね。やってみて初めて今年のスタートはここ、という基準がわかると思うので。そこまでに良い準備をしたいですよね。でも、やっぱり「春だから」という言い訳はしたくないですね。

―応援して下さるファンの方々へ今シーズンの意気込みをお願いします
91年目を迎える法政大学ラグビー部には熱心なファンの方もたくさんおられますのでね。それを本当にこっちにきて(監督になって)感じるようになっています。どこまでが「法政復活」と言えるのかわからないですけど(笑)
皆さんから喜んでもらえるような内容のある試合をしていきたいですね。内容があれば結果も伴ってくると思いますのでね。充実したラグビーをお見せできれば良いなと思います。

吉村公太朗(LO,主将としてプレーでチームを引っ張る)

 ―主将になってみて率直なお気持ちは                                       自分としては意外というか、あまり予想をしていなかったのですけど、同学年の仲間や監督に勧められて、覚悟を決めて1年間チームを引っ張ろうと思いました。

―谷崎監督からはどのようなお言葉をかけられましたか
チームの核となる組織のトップをやって欲しい、自分の苦手なことはやらなくていいから、得意なことでチームを引っ張って欲しいと言われました。

―今年のチームの印象は
突出した選手はいないのですが、個々が強くてまとまりのあるチームだと思います。

―FWには昨季からの主力が多く残っていますが期待しているものは大きいですか
4年生も多いですし、去年から引き続いてまとまっているので、今はとても良い感じに仕上がってきています。

―フィットネスの練習は毎日取り入れているのですか
4月末の試合に向けて1、2月は体を大きくするためにウエイトをしてきたので、3,4月は走り込もうとチームで話し合いました。

―主将としてどのようなチームにしていきたいですか
まとまりはあるので、その中でも一人一人が自由にそれぞれの良い所を出していけるように、そんなチームにしていきたいです。

―春季大会で力を入れたいことは
まずは1,2,3月でやってきたことを出して、チームスローガンである"速く鋭く"を体現できるように、戦っていきたいと思っています。

井上史也(CTB,攻守でBKを支える)

―今年のチームの雰囲気はいかがですか
例年に比べて真面目な選手が多いので、去年やおととしとは違ったチームになるかなと思います。

―副主将に就任された心境は
自分の中でリーダーというものは経験していたので、心境が変わるというよりはいつも通り頑張ろうという気持ちが強いです。

―吉村主将について
主将は口下手な部分がありますが、試合中では一番体を張ってプレーしているので、どちらかというと背中で引っ張るタイプの主将だと思います。

―どのような面で主将をサポートしていきたいですか
僕は割と口で説明するのが得意な方なので、言葉の面で主将をサポートしてチームをまとめていきたいと思います。

―昨年のチームと比べて変化したことは
去年はトップリーグに行くようなスター選手が多かったのですが、今年はスター選手が少ないのでまとまりのあるチームが作れると思います。

―普段の練習ではどのようなことを意識して取り組んでいますか
副主将として周りからの信頼を得るためには当たり前のことを当たり前にできないといけないと思うので、一所懸命練習して周りからの信頼を得てチームを引っ張りたいと思って取り組んでいます。

今年はどのようなチーム作りを目指していますか
チーム自身、僕自身も常に上を目指しています。その中でみんなには関東の大学の各ポジションで一番になれるような選手を目指してほしいと思います。

改めて去年のリーグ戦と選手権を振り返って
主将と副主将が不在でうまくいかない事もありましたけど、やっぱりそれがあったからこそチームがより団結できたと思うし、全員が頑張らないといけないと思ったからこそリーグ戦3位という結果を残せたのだと思います。ただ大学選手権で天理と帝京に負けてすごく悔しい思いをしたので、今年にかける思いは他の人よりも強いと思います。

―今年個人的に注目している選手は
3年生の和田源太選手と林修平選手です。

―今年の意気込みをお願いします
目標に向かって真摯にラグビーと向き合っていきたいと思います。

 

卒業生進路先(トップリーグのみ)

選手名所属ポジション
西内勇人  ヤマハ発動機  FL
金勇輝 NTTドコモ   CTB 
小池一宏 リコー HO
 

フォトギャラリー

    • 2主将を務める吉村
    • 6副主将の井上
    • 5FWリーダーの前島
    • 1走り込む選手たち
    • 3
    • 4

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み