ラグビー

【ラグビー】第28回ラグビー祭


2015年4月5日(日)
法政大学グラウンド

満開の桜の下、法政大学多摩グラウンドで第28回ラグビー祭が開催された。ラグビー部、OB会によって行われるこのラグビー祭では監督、スタッフ、新入生の挨拶のほか、法政大高と法政二高の親善試合、そして法大1年生チームと拓殖大1年生チームとの試合が行われた。

51579
法政大学グラウンド

 

監督挨拶

谷崎重幸 監督

いつもファンの皆様、OBの皆様、保護者の皆様の声援が力になっています。ありがとうございます。

昨年度90周年を終え、新たな100周年に向かって100周年の礎となるよう一歩一歩新しいことに取り組んでいます。去年は1年生がニュージーランドで夏合宿という新しい試みもさせていただきました。また今年、来年度に向けて多摩に移転してから約30年間、生活をともにしてきた寮の改築が来年の2月から着工になりますけれども、その準備に入っております。そのように1つ1つですが選手たちが良い環境で過ごし、良い結果が残せるような環境作りに励んでおります。

私がこちらに来てから食材支援などで選手の体作りのお手伝いをしていただきまして、着々と選手たちの体も変わってきております。そのおかげで今年はご覧のように選手たちもラグビーができる体になってきて、結果も一歩ずつですけれど、現れてくると思います。選手たちは朝7時からウエイトトレーニングを始めまして、それが終わってから朝食を済ませ、学校に行き、学校が終わってからラグビーのトレーニングをするという日々の努力をしてきました。

その積み重ねで今年、私自身3年目を迎えます。皆様の期待に応えるべく、法政の復活に少しでも貢献出来たらと思います。また、私を支えてくれるコーチ陣も会社の有給休暇等を使っていただきながら支えてもらっています。そういうみんなの力でこの育てていただいた法政に恩返しできるよう、一丸となって頑張っております。

今後ともどうぞスタッフをはじめ、選手に熱い応援をよろしくお願いします。一所懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

IMG 1643

 就任3年目を迎えた谷崎監督

 法大1年生 vs 拓殖大1年生

 2日前に入学式を終えたばかりの新入生たちが法大生として初めての試合に臨んだ。相手は拓殖大1年生チーム。ファンから期待の声が飛び交う中始まった試合は、前半から法大のトライラッシュとなった。モール、ラインアタックと多彩な攻撃で得点を重ねていく。コンバージョンゴールをFB萩原蓮(経1・東福岡)が難しい角度から成功させ、会場を沸かせる場面もあった。
後半も変わらず法大ペース。スクラムでは劣勢に立ったものの敵陣での攻撃を続け、得点は許さない。SH根塚聖冴(社1・京都成章)などのトライで突き放し73-0と完勝を収めた。
活発に声を出し、大学初試合を最後まで全力で戦い抜いた新入生たち。これからの4年間に期待を抱かせるには十分すぎる内容だったのではないだろうか。下級生の成長こそがチーム力の底上げとなっていく。彼らがファーストジャージを着て、頼もしい姿を見せてくれることを待ち望むばかりだ。(高津勇佑)
 
IMG 1828
試合終了後、整列する新入生たち 
 

新ジャージ披露

IMG 1716

法政伝統のオレンジブルーのジャージが生まれ変わる。今季から新たにアンダーアーマー社製を着用。従来の白襟はなくなり、より鮮やかなカラーが映えるデザインとなった。この新たなジャージを身にまとい、チームは「リーグ戦優勝・大学選手権ファイナルステージ進出」を目指す。

フォトギャラリー

    • IMG 1652主将の吉村公太朗
    • IMG 1654副将の井上史也
    • IMG 1725法政大高(青)と法政二高(白)の試合は法政大高が勝利
    • IMG 1748FB萩原蓮(東福岡)
    • IMG 1771CTB奈良望(秋田工業)
    • IMG 1796WTB中井健人(筑紫)
    • IMG 1803LO山根陵(大津緑洋)

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み