ラグビー

【ラグビー】関東大学ラグビーリーグ戦 対中大 好ゲーム繰り広げるも反則で波に乗れず 中大に敗れ、リーグ戦黒星スタート

関東大学ラグビーリーグ戦 対中大
2015年9月13日(日)
熊谷ラグビー場

シーズン開幕を迎えた大学ラグビー。春は全敗と苦しんだ法大は、この開幕戦に向けて照準を合わせてきた。相手はモールとセットプレーに自信を持つ中大。試合はディフェンスで粘り一時はリードを奪うも、ペナルティで相手に流れを渡してしまう。後半は無得点に終わり敗戦。リーグ戦上位進出へ向けて痛い1敗となった。

wtyk
中大のスクラムに苦戦

試合結果

トータル試合結果

 

13
法政大学

13

前半 14 26
中央大学
0 後半

12

 

ポイント詳細

1/0 2/2
1/0 G 2/1
2/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0

※(カッコ内)は前半/後半表します

法政大学メンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年出身高校
1 PR  前島利明  スポ4 日川 
2 HO 川地光節  社4  筑紫 
3 PR 越田勝利  経4  石見智翠館 
4 LO 斉田倫輝  経2  仙台工業 
5 LO 吉村公太朗  経4  崇徳 
6 FL 松村拓海  スポ3  國學院久我山 
7 FL 堺光弘  現4  東福岡 
8 NO.8 増田和征  経2  京都成章 
9 SH 根塚聖冴  社1  京都成章
10 SO  金井大雪 経1  深谷 
11 WTB 東川寛史  経2  東福岡 
12 CTB 井上史也  現4  大阪桐蔭 
13 CTB 新谷大樹  社4  日川 
14 WTB 桶谷健央  経4  日大習志野 
15 FB 尾崎立洋  社2  桐蔭学園 
16 Re 李承記  経1  大阪朝鮮 
17 Re 金子崇  社2  東福岡 
18 Re 土山勇樹  社1  東福岡 
19 Re 山根陵  現1  大津緑洋 
20 Re 佐々木嵩穂  スポ2 桐蔭学園 
21 Re 金子峻大  経4  國學院栃木 
22 Re 和田源太  経3  御所実業 
23 Re 中井健人  スポ1  筑紫 

 

戦評

U-20日本代表の斉田、金井、東川、尾崎もスタメンに名を連ねた。

課題としていた試合の入り、法大は集中したディフェンスを見せる。セットプレーでは劣勢に立ち、中大のアタックが続くもビックゲインは許さない。12分、ラインアウトでの反則からタップキックでそのままトライを挙げられ先制を許すが、ディフェンス面で春からの修正を見せ、ロースコアの試合に持ち込む。20分過ぎ、ここまで中大のプレッシャーに押されていたが、敵陣へ入り込みチャンスが生まれる。23分、ゴール前でのFW戦から右に振り、WTB桶谷が飛びこむ。グラウンディングが認められ、1トライを返す。FB尾崎の微妙な角度からのゴールも決まり、同点に追いつく。すると中大に反則が目立ち始める。「手堅く点数を取りに行こうとチームで決めていた」(尾崎)と31分、35分に立て続けに22mライン中央付近PGを決めた。尾崎のキックで得点を稼ぎ13-6リードを奪う。しかし前半終了直前、ペナルティでゴール前まで攻め込まれると、コラプシングの反則からインゴールに持ち込まれ痛恨の失点。ゴールも決まり逆転されて前半を折り返す。

wuik
尾崎のPGで一時はリードを奪った

 後半も法大のディフェンスが踏ん張りを見せる。ノッコンでいきなりピンチを迎えるも、密集でNo8増田がボールに絡みノットリリース・ザ・ボールを誘い脱却。5分過ぎもアタックを続けられるが、CTB新谷の豪快なタックルで得点は許さない。しかし法大のアタックも思うようにゲインできず、得点が入らぬまま試合は進む。すると19分、キャプテンのLO吉村が危険なプレーを犯したとしてシンビン(10分間の退場)が命じられる。その後複数回、法大のペナルティがあり中大ボールのスクラムが繰り返される。近場で攻め込まれると、最後は手薄になった右サイドから突破を許しトライ。13-19とリードを広げられる。逆転へ向けて時間のない法大だが、逆にまたもペナルティーから自陣での戦いを強いられる。BKのロングゲインを許し一気にピンチに陥ると、中大得意のモールを押し込まれ、最後はSO浜岸(中大)にインゴールを超えられた。35分過ぎにようやくゴール前のラインアウトを得るも、ノットストレートとなり逆転の芽は潰える。その後、この日影を潜めていたBKの展開を見せるも得点には至らず。13-26でノーサイドとなった。

チーム全体で照準を合わせてきたこの開幕戦。前半からディフェンスで奮起したものの「ペナルティで相手の得意なセットプレーに持ち込まれてしまった」(吉村)と後半はペナルティを連発し、中大の時間帯が続いた。密集戦が続きFWには非常にタフな試合となったが、スクラム、ブレイクダウンでも相手に上回られた。それでも、修正されたディフェンスは機能し、終盤に控える強豪との戦いにつながる内容であったということも言えるだろう。テンポのあるアタックと展開力が加われば勝機は近づくはずだ。
「切り替えて、前向きにいきます」と谷崎監督。白星スタートとはならなかったが、指揮官の言葉の通り、前を向いて次戦以降の勝負に挑み、勝ちを積み重ねたい。(高津勇佑)

監督・選手のコメント

谷崎重幸監督

―今日の試合を振り返って
ここに照準を合わせて準備をしてきたんですけどね。良い感じではあったんですけど、ゲームマネジメントの面で、やはり反則というのは大きかったですね。

―課題であったディフェンスは機能していました
ディフェンスはシステムも含めて、全然崩れて無かったですね。反則、それに尽きますね。

―その反則についてはレフリーの笛に対応できなかったということもあるのでしょうか
うまく誘われたということもあるだろうし、対応できなかったということもあるでしょうね。チームの課題というよりは個の課題ではないですかね。

―春とはメンバーが少し変わってチームの状態は
組織としては全然崩れていないと思います。あとはシンビンが出たりということもあったので、(必要なのは)そういう冷静さですかね。

―来週以降の試合への意気込み
これを糧にすることですね。春もそうやって乗り越えてきているのでね。
切り替えて、前向きにいきます。

吉村公太朗(LO,巻き返しを図るチームを引っ張る主将)

―今日の試合を振り返って
自分たち法政はディフェンスで崩されずにリズムを作っていこうと思っていて、それはできていたと思います。ですが、自分たちのミスとペナルティーで相手の得意なセットプレーに持ち込まれて、流れを渡してしまったという試合だったと思います。

―そのディフェンスは手応えをつかめる内容でしたか
そうですね。ディフェンスで崩されているということはなかったと思います。これからディフェンスを武器にしていくということを目指していきたいです。

―後半チャンスを作れなかった要因は
セットプレー、ブレイクダウンという局面でペナルティーが続いてしまって、なかなか敵陣でプレーできなかったということだと思います。

―U-20代表の選手がチームに加わって
夏からこのメンバーでやってきて、上手く試合に入ることができていると思いますし、U-20代表の選手も良い感じに仕上がってきていると思います。

―秋を迎えてのチームの状態は
夏にやってきたことを出していこうということで、チームはまとまっていると思います。自分たちのやりたいことというのを明確にして、次戦以降も戦っていきたいです。

尾崎達洋(FB,安定したキックでPG含む8得点)

―今日の試合を振り返って
今日はFW戦だったので、自分の中では消化不良です。負けた気はしないという感じがします。

―開幕戦ということで、チームとして意識したことはありますか
まず絶対に勝ちたいという思いがあったので、手堅く点数を取りに行こうとチームで決めていて、その中で自分はキッカーだったので最低限の役割は果たせたかなと思います。でも細かいところでミスが何度かあったりして、そのせいで相手にスペースを与えてしまったので、そこを修正していきたいと思います。

―セットプレーでのミスが何度か目立ちましたが
自分たちの相手に対する情報不足です。予想外に相手のFWが強くて、そこでやられた部分があったので、そこはもっと修正しないといけないと感じました。

―自身の得点場面について
(これまでは)最初に相手に得点を許して負けていました。自分が決めるか決めないかで試合の流れを左右すると感じたので、絶対に決めようと思って蹴りました。

―試合を通して見つかった収穫はありますか
DF面で組織としては試合を通して一回も破られてないので、そこは法政の強みとして次の試合でも実践していきたいです。あとブレイクダウンのところで何度か相手に取られた場面があったので、そこを修正して、もっとアタックに転じていければと思いました。

―次の試合に向けて
開幕戦で負けてしまったので、次は絶対勝つということをまず最初に考えて、この一週間練習に取り組んでいきたいと思います。

フォトギャラリー

    • wtykゴール前のスクラム
    • wytrPR越田
    • wythNo8増田
    • wvdfg激しいFW戦が繰り広げられた
    • wety試合後の選手たち
    • wtmjyh13-26で敗戦

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み