ラグビー

【ラグビー】第8回関東大学春季大会 Bグループ 対拓大 前半の失点が響き悔しい敗戦… 好調FWが波に乗り切れず

第8回関東大学春季大会 Bグループ 
対日本大学
2019年5月12日(日)
拓大グラウンド

 先週の日大戦に勝利し、その勢いのまま拓大との戦いに挑んだ。秋のリーグ戦でも対戦するため何とか勝利し良いイメージで試合を終えたかったが前半の得点差を取り返すことが出来ず悔しい敗戦となった。

 

DSC 3542 R途中出場ながら存在感を示した根塚

試合結果

トータル試合結果

33
法大

14


前半
33

47
 日大

19 後半

14

 

ポイント詳細

2/3 5/2
2/2 G 4/2
0/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0
T:高橋、大澤/根塚2、菊田、舘内
G:井上(2)/井上(2)  

※前半/後半

法政大学メンバー


No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 稲田壮一郎 社2 中部大春日丘
2 HO 濱野隼也 社3 秋田工業
3 PR 菊田圭佑 経3 仙台育英
4 LO 大澤蓮 現2 長崎南山
5 LO ウォーカーアレックス拓也 社4 東福岡
6 FL ジョーンズ杏人竜 社3 札幌山の手
7 FL 山下憲太 社3 長崎海星
8 NO.8 村山和優 経2 法政二
9 SH 隠塚翔太朗 経4 東福岡
10 SO 館内倭人 経2 法政二
11 WTB 高橋達也 スポ2 目黒学院
12 CTB 井上拓 社4 御所実業
13 CTB 坂口匡平 経2 大阪産大付属
14 WTB 斉藤大智 現3 黒沢尻北
15 FB 中島黎遂 社2 三好
16 Re 森口陽介 スポ3 北園
17 Re 石原由大 社3 日川
18 Re 宮川優也 経4 仙台育英
19 Re 兼森大輔 経2 報徳学園
20 Re 粟飯原舜 経3 法政二
21 Re 横尾俊也 経4 法政
22 Re 根塚洸雅 経3 東海大仰星
23 Re 南部翔大 京都成章

関東大学春季大会Bグループ 法大の今後の日程と結果  

日付 対戦校 会場 結果
4月28日(日) 13:00 筑波大

筑波大ラグビーG

●36-47
5月4日(土) 13:00 日大 稲城市総合G ○54―31
5月12日(日) 13:00 拓大 拓大G ●33―47
5月26日(日) 12:00 明大 明大G
6月9日(日) 13:00 青学大 青学大G

戦評

 先日行われた日大戦で勝利を収めた法大。同じく関東大学リーグ戦1部リーグでの対戦相手である拓殖大学との試合は、パワーの差を見せつけられる結果となった。


 前半10分、拓大の外国人選手の力強いヒットにも低く鋭いタックルで応戦する法大であったが、フォワードの合計体重が13kgの差で負けているスクラムが押されると、外にボールを回され、あっけなく先制トライを許してしまう。日大戦でも先制トライを許していた法大、この時点でギアを上げていきたいところであったが、徐々に外国人選手のパワーに圧倒される場面が目立ちはじめる。自陣での攻撃中にインターセプトをされると、さらに失点。前半15分、山下憲が危険なプレーによりシンビンになると、少しずつチームは押され始めてしまう。守備面では、昨年秋のリーグ戦で目立っていたダブルタックルが発揮されず、相手の食い込む攻撃により素早いプレーをさせる余裕を与えてしまう。攻撃面では、タックルをされた後のオーバーに手間取り球出しが遅くなるような、「詰まる」場面が見受けられた。なかなかうまく敵陣でプレーができない中、相手の一瞬の隙間を突いた高橋のアタックが功を奏し、7-26に。その後、スピードは足りないものの粘り強くアタックを繰り返し終盤に得点すると、前半を33-14で折り返した。

DSC 3676 R 
前半苦戦を強いられたFWのスクラム

 この19点差を巻き返したい後半の開始早々、今シーズン初出場の根塚が相手のディフェンスを翻弄する走りでトライ。この得点で法大に火がついた。後半12分、プロップの菊田がゴール前の攻防に押し勝ちトライを決めると、後半24分、またも根塚が相手の隙を突いて独走トライ。一気に33-33の同点に持ち込んだ。しかしこの快進撃に反し、ラインアウトの成功率低下、自陣ゴール付近でのミス、ここ一番での決定力に欠ける場面も目立った。後半開始から30分が経過すると、徐々に法大の勢いが落ちてゆき、自陣でのプレーが増える。相手の粘り強い攻めに法大は2度のトライを許し、最後は相手のアタックを崩せずボールの確保ができないまま蹴り出され、結果は47-33。
 後半は勢いに乗って快進撃を見せたものの、前半の大量失点が響く苦しい試合となった。次の試合は昨年の王者明大。筑波大に圧勝している彼らにどれだけいつも通りの実力を発揮することができるか、期待したい。(小島周)

DSC 3848 R 
一年生で唯一出場した南部

 選手インタビュー 

ウォーカーアレックス拓也

ー今日の試合を振り返って
同じリーグで戦う相手にこういう形で負けるのはすごく悔しいです。やはりまだまだ成長する必要があると感じました。
 
ー個人としての収穫や反省点は
収穫点はキックオフがある程度自信がついてきたというか、去年があまり良くなかったので、今年はいい感じでできつつあるのかなと思います。反省点はFWリーダーとしてチームをまとめきれなかったかなと思います。キャプテンの井上が抜けたあと、自分が引っ張っていかないといけない存在なのに黙り込んでしまった部分があったので、そこは4年生としてもう少し引っ張らないといけないと思います。
 
ー前半、FWのラインアウトの安定感が無かった
練習不足なのか、相手が身長高い選手が初めて出てきて、その中でやっぱり普段慣れない環境というか、シチュエーションの中でやっぱり自分たちのやらなきゃいけないラインアウトができていなかったのは自分たちの課題だと思います。
 
ーハーフタイムの間に話し合ったこと
自分たちの1発目のタックルが弱くて、そのまま相手に乗っかられてる部分があったので、そこは乗っかられずに、1人目がしっかり低く入るというのをチーム内で話しました。
 
ー後半はスクラムが改善されていました
法政のいいところでもあり悪いとこでもあるかもしれないですけど、前半スクラムでふがいない感じになって後半修正できるというところがあるので、後半に調整できるのはいいことだと思うんですけど、やはりスタートから自分たちもスクラムを組まないと。前半何本かやられて初めて変わるていうのはもったいないので、1発目からしっかりやるべきだなと思います。
 
ー次戦の明大戦に向けて
今回悔しい思いをしたので、次の明大戦は去年の優勝校で実力的には相手が上ですけど、自分たちは自分たちのできるラグビーをしっかりして結果を出しにいきたいなと思います。

菊田圭佑

ー今日の試合を振り返って
全体的にコンタクトで相手の方がハードに動いていて、自分たちが逆にできてなかったですね。
 
ー前半スクラムで苦戦した
前の試合からそうなんですけど前半を受け身のスクラムを組んでしまっていて後半は修正できているんですけどそれを試合開始から出来るようにするのがこれからの課題ですかね。
 
ー後半はスクラムも安定した
相手は上に姿勢を上げてくるスクラムの組み方なので自分たちの組もうとしている低く組むスクラムを組むために、相手を抑えこんで8人で押す意識が体現できたかなと思います。
 
ー外国人選手に対して
対策は特にないですが、そのコンタクトレベルはたぶん僕たちが目指す日本一に近いものがあると思うのでそこに追いつかないといけないなと思いました。
 
ー日大、筑波大戦との違い
個人、チームともに日大に勝って慢心や油断があったので次の明大戦ではしっかり引き締めて自分たちは挑戦者だという意識で取り組みたいと思います。
 
ー自身のトライ
スクラムで優位にボールをとれず、BKに迷惑をかけた部分があるのでトライで貢献できてよかったかなと思います。そこで士気を高めることができたかなと思います。
 
ー次の試合に向けて
自分たちのやるべきこと、ハードワークをするという部分にしっかり立ち返って次の試合も頑張りたいです。
 

舘内倭人

—今日の試合を振り返って
相手の外国人選手にやられてしまって足が止まってしまって、全然前に出ることができなかった試合でした。


—今日の試合を臨むにあたって決めていたこと
連取でやっていたのは前を見ながら横ともコミュニケーションを取るということで、それが課題でした。試合になるとコミュニケーションが取れなくなる場面が多くなってしまいました。


—ハーフタイムで声を掛け合ったこと
全員で前に出て低く当たろうということです。


—他に、アタックの面でバックスで話し合ったことなど
フォワードのオーガナイズをして、前半はフォワードを経由して外に展開する場面が多かったので、ハーフからバックスだけで外に振るということを声かけし合いました。


—今後のBKの課題
全体的に前に出るということをアタックもディフェンスも意識していきたいです。


—スタンドの位置からチーム全体を見て、今日の試合はどうでしたか
結構詰まる場面が多くて、いかに修正するのが大事かということもあるのですが、スタンドとしてオーガナイズ、指示をしたりできていない場面があったので、その辺を今後は意識して、チームを引っ張っていきたいです。


—今後の目標
明大は強いので、しっかり前に出て、アタックもディフェンスもしたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 3438 R今季全試合先発の中島
  • DSC 3861 R前列に欠かせない存在となってきた菊田
  • DSC 3797 R名実ともに法大のエースとなった根塚
  • DSC 3864 R終盤追い上げを見せただけに悔しい敗戦となった

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み