ラグビー

【ラグビー】関東大学リーグ戦 対中大 今季初勝利を大勝で飾る!! FWはセットプレーで圧倒

関東大学リーグ戦 
対中央大学
2019年9月7日(日)
セナリオH三郷

 先週菅平で行われた開幕戦に敗れた法大は今季初勝利を目指して中大と対戦した。FWがセットプレーで安定感を見せ、41ー5で快勝した。

 

nedukatrymae Rこの試合ハットトリックの根塚

試合結果

トータル試合結果

41
法大

24


前半
0

5
 中大

17 後半

5

 

ポイント詳細

4/3 0/1
2/1 G 0/0
0/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0
T:根塚(3)、南部/濱野、菊田、高橋
G:坂田  

※前半/後半

法政大学メンバー


No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 宮川優也 経4 仙台育英
2 HO 濱野隼也 社3 秋田工業
3 PR 菊田圭佑 経3 仙台育英
4 LO 大澤蓮 現2 長崎南山
5 LO ウォーカーアレックス拓也 社4 東福岡
6 FL ジョーンズ杏人竜 社3 札幌山の手
7 FL 吉永昂生 現1 東福岡
8 NO.8 竹内仁之介 経4 法政
9 SH 中村翔 経4 東福岡
10 SO 館内倭人 経2 法政二
11 WTB 高橋達也 スポ2 目黒学院
12 CTB 根塚洸雅 経4 東海大仰星
13 CTB 南部翔太 経1 京都成章
14 WTB 斉藤大智 現3 黒沢尻北
15 FB 坂田龍之介 経1 東海大仰星
16 Re 森口陽介 スポ3 北園
17 Re 石母田健太 経1 国学院栃木
18 Re 河村龍成  社1 明和県央
19 Re 村山和正 経2 法政二
20 Re 徐和真 経1 大阪桐蔭
21 Re 横尾俊也 経4 法政
22 Re 萩原一輝 スポ4 茗渓学園
23 Re 坂口匡平 社1 大産大附

 

戦評

 先週菅平で行われた開幕戦で日大に敗れた法大は息つく間もなく2戦目の中大戦を迎えた。後半こそ相手SHにゲームの主導権を握られたが、1トライに抑え込み41-5で今季初勝利を収めた。
 
 前半、台風が近づいている影響か向かい風が強く、キックを蹴りづらい状況となり自陣でのプレーが多いうえ、ペナルティを重ねてしまうが、粘り強いディフェンスでトライを許さない。そんな中、相手ペナルティでゴール前に蹴りだすと、FWのラインアウトモールでゲイン。モールが崩れで出来たポイントからブラインドサイドを突き、16分根塚がファーストトライを奪い、5-0とした。

 スクラムでは圧倒する法大だが、なかなか追加点を奪えずにいたが濱野がビッグゲインを見せると根塚から今季初先発の1年生南部までボールを回しトライ。その後、マークを受けながらも根塚が2本のトライを奪いポテンシャルの高さを見せつけ、24-0で前半を終える。
 

DSC 2315 R 
スクラムでは圧倒した

後半は開始早々2本立て続けにトライを奪い、順調に進んだように見えたが相手SHが入ると状況が一変する。早い球出しと展開でディフェンスラインを引くのが精一杯となり相手にトライを許す。アタックにテンポの生まれた中大を止めるので精一杯だったが粘り強いディフェンスを見せその後はノートライ。ボールを持つ時間は短かったがなんとか守りきった。最後はWTB高橋が相手のミスから抜け出しゴール中央にトライ。41-5でノーサイドとなり、今季初勝利を収めた。
同時間に他会場では日大が流通経大を、拓大が大東大を破りますますわからなくなった今シーズン。これからファンを楽しませてくれそうだ。(岡田)
 

kikutatry R 
トライを決め活躍を見せた菊田

インタビュー

ウォーカーアレックス拓也

ー今日の試合を振り返って
まず勝てたことは良かったですね。前半競ったゲームというか、自分たちのキツイ中で0点に抑えたのは良かったと思います。後半に自分たちのやらなきゃいけないことが疎かになって、相手に付け込まれる部分があったのでそこは注意したいと思います。
 
ー今シーズン初勝利
自分たちはリーグ戦1位を目指しているので、勝てたのは良かったです。日大戦も勝つつもりでしたし、これからも負けるつもりは無いので良かったかなと思います。
 
ー前半風が強く自陣でのプレーが多かった
前半はそういうプレーで行こうという話だったので焦りはなかったですね。その分FWでキツイ所を我慢しようという話をしてたので良かったです。
 
ーセットプレーで圧倒
自分たちFWとしてそこはやりきろうと。中大はフィールドプレーで勢いがあるけどセットプレーは今ひとつだとわかってたのでそこから勢いつけて圧倒しようと話していたので出来て良かったです。
 
ー一年生の出場が多くあった
一年生のフレッシュな子達が入ってくれるのはいいことだし、その一年生たちがやりやすいように上級生が言葉とかプレーで勢い付けるというのは大事なことだと思うのでずっと意識していました。
 
ー相手SHに後半引っ掻き回された。
事前にビデオを見てキープレイヤーだったのでしてくるとは思ってたんですけど疲れたところで意識できてなかったのでそこは100%できるようにやっていきたいと思います。
 
ー日大が流通経大に、拓大が大東大に勝利し、リーグ戦は混沌としている。
日大に負けましたが、逆に自分たちがチャンスで、これから先落とさなければ選手権に出られると思うので気が弾きします思いです。
 
ー次週の専大戦に向けてひとこと
去年の借りを返すということと、リーグ戦1位を目指すという気持ちがあるので応援よろしくお願いします。

 根塚洸雅

ー今日の試合を振り返って
前半、自分達のやりたい戦術とやってきたことが全部出せたので、そこはすごく良かったです。良いプレーが全員できました。後半に入ってちょっとバテたところもあり、相手の流れになってしまったので、そこで食い止めてもう一度前半のような自分達のラグビーができればもっと今日の試合は良かったです。ただ、全体総じて1トライに抑えられたことはポジティブに捉えています。

ー3トライを決めて大活躍だった

本当に嬉しかったです。先週負けたので、今日はいつもより賭けている気持ちがありました。その分3トライ取れたのは嬉しかったです。去年ここでMOMを貰っているので、2回目を取ろうと頑張りました。

 

ーBKにスピード溢れるプレーが見られた

練習のときからワイドに振るサインが増えていて、外のプレイヤーからもボールの要求がどんどんできてきたので、春に比べて内と外の連携が大分取れてきました。BKとしてチーム一丸となっていた分、スピーディーな戦いができました。

 

ースクラムが優勢でBKはプレーしやすそうだった

FWがここまで頑張ってくれたので、良いボールも出てきましたし、FWのおかげでペナルティも貰えました。その分BKはボールが回ったら絶対厳守、FWのためにも前に出ようと決めていました。

 

ータックルが低く入ることができていた

相手のビデオを見て分析できていたので、あまり相手のアタックに対して怖さを感じませんでした。前にチャージできればチームが乗れると思っていました。ただタックルは良かったんですけど、その後のブレイクダウンで越えきれなかったのでもう一個レベルを上げて次マイボールに毎回できるようにしたいです。

 

ー次週の専大戦に向けてひとこと

最初の3戦をどれだけ勝ちにこだわれるかで後半チームが乗ってこれるかどうか決まると思うので、次の試合は絶対勝ちに行く。チームで去年のように前半良く後半悪いではなく、試合全てを通して良い試合ができるように1週間練習していきたいと思います。

フォトギャラリー

  • nakamura R今季初先発の中村
  • saitoh Rスピード感あふれるランが武器の高橋
  • nannbutry R1年生ながら先発出場の南部
  • hamano Rビッグゲインを見せた濱野
  • lineout Rラインアウトからモールでトライを奪った
  • DSC 2588 R根塚は3本のトライをとる大活躍
  • DSC 2356 R1年生ながら今季フル出場の坂田
  • sakatakick R次からの試合にも期待したい

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み