【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS東大1回戦 始まった法大の秋!今秋注目選手が早くも活躍!!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年9月8日(土) VS東京大学1回戦
大田スタジアム

春秋連覇に向け好スタートを切りたい法大。だが試合は東大ペースで進んでいく。そんななか、主将・鈴木(社4)が今秋の注目選手に挙げた横山(スポ3)がサヨナラランニングホームランを放ち試合終了。見事勝利を収めた。

横山のサヨナラHR

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0
法 大 0 0 0 0 0 0 2 0 1X 3 7 1

(法大)松田、○大谷(1勝)‐佐藤
(東大)●吉條‐小林凌
[本塁打]横山1号ソロ(9回・吉條)

メンバー

打順位置選手
1 (6) 落合 大泰
2 (4) 鈴木 捷平
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (9) 木村 直弘
  PR 杉本 篤史
  9 横山 翔
7 (7) 大塚 直
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 松田 知行
  PH 脇坂 晃一郎
  1 大谷 亘輝

戦評

いよいよ幕を開けた秋季リーグ戦。春秋連覇に燃える法大の初戦の相手は東大。試合は初回から動いた。先制したのは東大だった。法大の先発・松田(経2)は立ち上がりヒットと四球で2死一二塁のピンチを招く。続く打者の打球をショート落合(法2)が悪送球してしまい、2点を先制される。すぐに追いつきたい法大だったが、なかなか得点に結びつく攻撃が出来ずに試合は進む。松田は初回に2点を失ったものの、その後は安定した投球を見せ東大打線を抑え込んで行く。こう着した試合が動いたのは7回。2点を追う法大は、この回先頭の6番・木村(経4)の死球から2死二塁という反撃のチャンスを作り出す。この場面で打席に入るは代打・脇坂(社2)。期待に応えるレフトへのタイムリーで1点を返すと、尚も続くチャンスで落合にもタイムリーが飛び出し同点に追いつく。8回からは松田に代わって大谷(スポ3)がマウンドに上がった。堂々とした投球で8,9回を無失点に抑え、そして迎えた9回裏。劇的な展開が待っていた。この回の先頭は今日初めて打席に入る、6番横山。1ボール1ストライクからの3球目、振り抜いた打球は左中間を割ると横山は一気にホームへ。ランニングホームランでサヨナラ勝ちを収め、苦しい試合を制した。秋季リーグ戦の初戦。序盤から淡白な攻撃が目立ったが、ビハインドから集中力を切らさず試合をモノにしたことから、この秋に懸ける法大ナインの思いがうかがえるだろう。明日は序盤からの攻撃にも期待したい。2回戦も勝利を掴み、これから先のリーグ戦に向け弾みをつけてほしい。(武藤 海)

選手のコメント

鈴木(主将として最後のシーズンが開幕!)

―自身最後のシーズンの開会式はどういった気持ちだったか
今日は選手宣誓をやったんですけど、野球選手を始めてから自分を支えてくださった人たちに感謝の気持ちを持って臨んだ。学生野球最後ということもあり「感謝」という言葉を入れて宣誓をしました。

―今日の試合を振り返って
序盤にミスで失点してしまって、そのまま打線もズルズルといってしまった。今日は勝ったけど、法政の負ける時はこういう感じかなと思います。

―雨による開始時刻の遅れは影響ありましたか
少しだらけてしまった部分があると思います。

―相手の投手に打ちあぐねていましたが
基本的にボールは遅く、打ちたい気持ちから前に突っ込んでフライばっか上げてしまった。

―今日の試合を終えて東大の印象は
やはり一生懸命にしっかりやってくる。私たちも気を抜かずに一つひとつ戦っていきます。

松田(初回に2点を失うも粘りのピッチングを披露!)

―今日の試合を振り返って
初回に点を取られてしまって、自分の入りが悪かったかなと思いました。ヒットを打たれるのはしょうがないけどそのあとの四球とかいらなかったし…。そのせいでバッティングの方も繋がらなかったのかなと思ったので、初回からしっかりできるようにしたいです。でも、負けなくてよかったです。
 
―雨の影響は
いや、特に。一瞬(試合が)ないかなとも思ったんですけど、気持ちを切らさないようにしていきました。
 
―今日の試合で心掛けたことは
ストライク先行で四球で流れが悪くならないようにしていこうと思いました。
 
―ストレートが多いように思いましたが
そんなに変化球はいらないかなと思って真っ直ぐで押せる所までいきました。これから早稲田など対戦相手も強くなってくるので真っ直ぐを試したいというのもありました。
 
―先発とはいつ言われましたか
9月4日ぐらいに言われました。
 
―ではそれから意識して
はい。調整してきました。
 
―佐藤選手とは試合前に何か話し合いましたか
真っ直ぐ中心でストライク先行で行こうということだけ話しました。佐藤に任せている部分もあるので。
 
―佐藤選手への信頼感は厚いですか
はい、そうですね。普通にやればいいキャッチャーなので。
 
―全日を終えて心境の変化はありますか
個人的には全日で調子がよかったので、このまま調子を落とさないで行こうと思っています。4年生は全国はないですけど最後いい形で終わって欲しいと思います。
 
―夏は何を中心にやってきましたか
全日の前に調子が悪くて自分で四球を出して苦しんでいたので、ストライク先行になるように投げ込み中心にコントロールを磨いていました。
 
―秋の自分はここを見て欲しいという所は
コントロールです。
 
―次に向けて
次いつになるかわからないですけど、入り気を付けて0点でいけたらいいなと思います。
 

佐藤(信頼度バツグンの1年生キャッチャー)

―今日の試合を振り返って
相手はチームで徹底して逆方向を狙っていた。インコースをつき始めてからは打たれる気がしなかった。そこに早く気づいていれば失点はなかったと思う。

―春の開幕戦と比べて今日の心境は
春はガチガチだったけど、全日も経験して秋はぜんぜん緊張はしてなかった。ただいい緊張感もなくなってしまった。

―それは雨の影響で
はい。気持ちも入りきらないで試合に入っちゃったんで。少しノリ遅れてしまった。

―今日の東大の印象は
春よりも振れていた。(春の時は)見逃してくる印象があって、今日もそうかなと思ったが積極的に振ってきていた。
 

脇坂(自慢のバッティングで勝利に貢献!!)

―今日の試合を振り返って
初回に点が取れなくて、ずるずる後半まで行ったらまずいなと思っていました。先取点が取れたら良かったです。

―秋季リーグ戦の初戦でしたが意識したことは
とりあえず勝つことだけを考えていました。

―東大の印象は
エラーがなくて、守備を鍛えてきたんだなと感じました。

―中々得点できない試合展開でしたが、ベンチでの指示などありましたか
フライアウトが多かったので、ゴロを転がすようにと。

―7回チャンスではどのような意識で打席に入りましたか
打つしかないと思っていました。

―球種や感触などは
打ったのは変化球です。芯で捉えたので、抜けると思いました。

―明日への意気込みを
明日も勝って、次の早稲田戦につなげたいです!

 

フォトギャラリー

    • 09081横山のサヨナラHR
    • 09082松田は粘りの投球
    • 09083適時打を放つ脇坂
    • 09084勝利投手の大谷
    • 09085チームをまとめる鈴木
    • 09086スタメン出場の大塚

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み