【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS東大2回戦 魅せた春季王者の力!東大を圧倒!!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年9月9日(日) VS東京大学2回戦
法大多摩グラウンド

東大との1回戦では接戦を制した法大。監督など首脳陣から気持ちを締めていくように言われて臨んだ2回戦は、1番・落合(法2)が4安打を放つなど選手一人一人が自分の役割を果たし、勝利を呼び寄せた。

この試合の殊勲・落合

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 5 0 4 0 1 0 0 2 0 12 12 1
東 大 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3 9 3

(法大)○安本(1勝)、蓮岡、遠藤‐佐藤
(東大)●小林英、森田、田邉‐小林凌、細谷
[本塁打]法:落合1号ツーラン(3回・小林英)

メンバー

打順位置選手
1 (6) 落合 大泰
2 (4) 鈴木 捷平
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
  5 佐野 健太
6 (9) 横山 翔
7 (7) 大塚 直
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 安本 剛史
  1 蓮岡 航平
  PH 津村 倖太
  1 遠藤 翔太

戦評

 試合は前日の1回戦と同じく初回から動いた。初回法大は安打で出塁した1番・落合(法2)を2塁に置いて、3番・宮川(経3)が右翼線へ先制のタイムリー二塁打を放ち、幸先良く1点を先制。更に続く2死満塁のチャンスに7番・大塚(法3)から走者一掃の3点タイムリー三塁打が飛び出す。その後相手の送球が乱れる間に自らも生還。初回から5得点とビックイニングを作り出した。
 
 3回にも相手投手の2四球でチャンスをもらうと9番・安本(スポ2)が2点タイムリー二塁打を放ち、続く1番・落合には左中間スタンドへの2ランホームランが飛び出す。この回4点を追加し、3回までに大量9得点を挙げた。
 
 前日の1回戦では終盤まで中々得点を奪えなかった法大だが、この試合では序盤からの大量得点で試合を一方的な展開とした。 大量援護をうけた法大の先発・安本は「調子が悪かった」と語るように、被安打6、与四死球5と再三ランナーを背負う苦しいピッチングとなるも、6回を1失点とまとめ上げた。 序盤に大量点を挙げた打線は東大2番手の森田を打ちあぐねていたが、8回に1番・落合がこの試合4安打目となる安打でチャンスメイクすると、途中出場の5番・佐野(社1)に2点タイムリーが飛び出し、追加点を挙げた。 落合はこの試合、あと二塁打が出ていればサイクルヒット達成という活躍を見せた。投手陣は先発・安本の後を受け、2番手・蓮岡(営2)から最後は3番手・遠藤(スポ3)へと継投して勝利を収めた。法大が開幕カードを2連勝で飾り、勝ち点1を奪取した。 開幕カードの東大戦を2連勝と幸先よく勝ち点を挙げた法大だが、心配なのは3番・宮川、4番・茨田(スポ3)、5番・阿久津(社4)のクリーンナップの状態である。今カード2試合での安打はこの試合で放った宮川の安打1本のみであった。次節の相手は昨秋の覇者でもある難敵・早大。僅差の展開となる可能性が高いと予想される。ここぞの場面でのクリーンナップの目覚めの一打に期待したい。(高田 優)

選手のコメント

落合(二塁打が出ればサイクルヒット!4安打の活躍!!)

―今日の試合を振り返って
昨日は自分がミスをして6回まで2点ビハインドの展開になってしまったので、今日はチーム全体が自分たちの野球をしようという展開で入りました。
 
―二塁打が出ればサイクルヒットでしたが、狙いましたか
ちょっと狙ったんですけど、それよりバッティング好調なので自分のバッティングをしようという気持ちの方が強かったですね。
 
―チーム内で心掛けたことは
意識の問題ですね。監督とかから気持ちを締めていくように言われました。
 
―1番打者はどうですか
1番は1番好きです!打席が一番多く回ってくるので。
 
―今までで1番を打った経験は
大学の公式戦では(東大戦が)初かもしれないです。紅白戦とかでは結構1番打っているんですけど。
 
―夏取り組んできたことは
バッティングで広角に右中間へ打てるようにバットを柔らかく出す練習をしました。
 
―その効果で今日は4安打ですか
はい(笑)。
 
―次に向けて
初心にかえって、1番の役割を徹底して結果につなげられればいいと思います。
 

大塚(満塁の場面で走者一掃の三塁打を放つ!)

ー今日の試合を振り返って
昨日の試合は初回に点を取られて苦しかったんですけど、この試合は初回に5点とれたので良かったと思います。個人としては、春はケガをしていてメンバー外だったんですけど、使ってもらって結果を出せたので良かったです。

ー初回には長打も出ましたがバッティングの調子は
今日は風が強かったので上手く運んでくれたと思います。

ー初回から得点を重ねていきましたが、昨日の試合からの改善点などは
先制点をとったほうが有利に運べるとチームで考えていて、キャプテンからもそのように指示されていたので、初回から点をとれるように皆で意気込んでいきました。

ー夏はどんなことに取り組みましたか
春は投手陣に助けられていた部分があったので、打力を上げること考えていました。

ー個人としてはどんなリーグにしていきたいですか
今まであまり出番がなかったので、少しでもチームに貢献したいです。

ー早稲田戦への意気込みを
早稲田は強い相手なので、気を引きしめて頑張りたいです!  

 

フォトギャラリー

  • 09091この試合の殊勲・落合
  • 09092先発を務めた安本
  • 09093三塁で笑顔を見せる佐藤
  • 09094次は早稲田戦!!




 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み