【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS早大1回戦 魔の7回...初戦は逆転負け

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年9月15日(土)VS早稲田大学1回戦
府中市民球場

今週対戦するのは昨秋のリーグ王者・早大。相手の先発は春の骨折から完全復活を果たしたエースの石田だ。春のリーグで二度の逆転勝ちを収めている相性に良い府中市民球場で好投手を攻略できるか。

今季初先発の大谷

トータル試合結果

 123456789HE
早大 0 0 2 0 0 0 4 0 0 6 10 1
法大 1 1 2 0 0 1 0 0 0 5 9 3

(法大)●大谷(1勝1敗)、安本‐佐藤
(早大)○石田‐市堰
[本塁打]大塚1号ソロ(2回・石田)
    茨田1号ツーラン(3回・石田)

メンバー

打順位置選手
1 (6) 落合 大泰
2 (4) 鈴木 捷平
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (9) 横山 翔
7 (7) 大塚 直
  PR→7 縣 悠太
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 大谷 亘輝
  1 安本 剛史

戦評

法大は初回、1死から鈴木(社4)が四球で出塁。犠打と死球で2死一・二塁として5番・阿久津(社4)が左翼線に適時二塁打を放ち先制する。2回には落合(法2)が1死走者無しから左翼に本塁打。3回には先発の大谷(スポ3)が1死一塁から安打でピンチを招くと、味方のエラーと長打で2点を失い同点とされてしまう。しかし裏の攻撃で、四球で出塁した宮川(経3)を一塁に置き、4番・茨田(スポ3)が低めのボールを捉えて秋のリーグ自身初安打となる2点本塁打を右翼に放り込み再びリードを奪う。3回までに相手先発・石田から4点を奪い試合の流れを掴んだ。6回には一死から6番・横山(スポ3)がこの試合4個目の四球を選ぶ。連続安打で満塁のチャンスを作り、打撃に定評がある大谷を迎えるがここは見逃しの三振に倒れる。それでも続く1番・落合(法2)は押し出しの四球で1点を追加、さらにリードを広げた。このまま逃げ切りたい法大だったが、7回に大谷が早大打線に捕まってしまう。先頭に死球を与えると、そこから連打を浴び1点差に詰め寄られる。1死を取るも再び適時打で同点とされ、なおも続くピンチで犠打の処理を焦り自ら一塁に悪送球。その間に走者が帰り逆転を許してしまう。その後法大は反撃に出るも、結局ホームを踏めずに早大初戦は逆転負けに終わった。

大谷は大量失点した7回を「単調になってしまった」と悔やんだ。試合後には総監督から「一人相撲」と叱責された。この試合の経験をいかし集中力を強化することで、投手としてさらに進化を遂げるだろう。一方打線は、相手エースが本調子ではなかったとはいえ5点を奪い東大戦からの勢いを維持。元気がなかったクリーンナップにも当たりが出始めており期待が持てそう。明日勝利し3戦目に望みをつなげたい。(上田 康太郎)
 

選手のコメント

大谷(7回に相手打線に捕まる)

―今日の試合を振り返って
自分が踏ん張りきれなかった。本当にそれだけ。野手は打ってくれたし。自分の責任で負けてしまいすごく悔しいです。

―今シーズン初先発でしたが
普段から先発をしているので準備は出来ていた。入りは良かったけど、(判定で)途中で気持ちが揺らいでしまったのでそれを課題としたいです。

―7回の失点は
疲れはなかったが、判定に感情を出してしまった。気持ちのコントロールが出来ずに、そのままポンポンいってしまったから相手のリズムに合ってしまった形です。

茨田(一時は勝ち越しの2点本塁打を打つ)

ー今日の試合を振り返って
大谷に守ってもらって勝っている試合もあるので、今日は自分達が打って大谷を助けたかったんですけど、逆転されてから点を取れなかったので悔しいです。

ー早稲田戦でしたが、意識したことは
とにかく1勝すれば有利になるので、どんな形であれ勝ちたかったです。

ー3回には2ランホームランも出ましたが
東大戦で打っていないんで、みんなも打ててない時に何とか早稲田の良いピッチャーから一本打ちたいと思っていたので、個人的には良かったです。ただ試合に勝たなきゃ意味がないので、1本でだめだったらもう1本打てるようにしていきたいです。

ー球種や感触は
今日は石田は調子が悪かったと思います。いつも配球が厳しいんですけど、低めに甘い真っ直ぐが来て、捉えられて良かったです、

ーご自身のバッティングの調子は
バットは振れているんですけど、3シーズン目で外への攻めなども厳しいので、もっと自分がレベルアップしなければいけないと思います。

ーどんなリーグにしていきたいですか
全日で悔しい思いをしたので、しっかりと全員で戦って春につなげたいです。

ー明日へ向けて
勝つだけです!

大塚(起用に応える本塁打)

―今日の試合を振り返って
チームが負けてしまったので…。勝つことが大事なので悔しいです。

―2回の本塁打の球種、コースは
内角低めのストレートです。

―打った時の感触
(打った瞬間に)いったと思いました。

―チームの雰囲気
勝ってる時は良かったんですが、逆転されてからは盛り下がってしまいました。

―今後に向けて
明日勝って、早稲田から勝ち点をとれるように頑張りたい。

安本(大谷を好救援)

―今日の試合を振り返って
今日勝てば流れが作れて、2連勝を狙える形ができたんですけど・・・悔しいです。

―ピンチの場面での登板でしたが
逆転された直後でしたけど、こっちは裏なので、粘り強く0に抑えればサヨナラの可能性があったのでそれを信じて投げました。

―今日のピッチングで良かった点はありましたか
調子はよくなかったのですが、試合に入るとストレートが走っていてそこは自信になりました。

―今日のピッチングで修正した点はありましたか
ボールが高く、外すべき球が甘くなってしまったので、コントロールをよくしたいです。

―早大の印象は
やっぱり粘り強いし、守備も堅いです。

―明日の試合に向けて
明日勝って、第3戦につなぎたいです。次は大谷がいいピッチングをしてくれると思いますし。

鈴木(先制のホームを踏みチームに流れをもたらした)

―今日の試合を振り返って
みんな振れててヒットも出てたので、打ち勝ちたいっていうことがあったんですけど1本足りなかったです。

―相手の先発ピッチャーは春対戦していない石田投手でしたが
(前節で対戦した)東大よりも石田の方が合っているかなっていうことはあったんですけど、1本足りなかったのが敗因ですかね。

―先制して雰囲気はどうでしたか
雰囲気は良かったと思います。

―3回の失点の後の気持ちの切り替えは上手くいきましたか
自分のミスで得点されてしまった場面もあったんですけど、みんな気持ちの切り替えは上手くいっていました。

―7回の場面は
ピッチャーの集中が切れてしまったのか連打が出てしまったんですけど、そこからひっくり返せないのが力不足だと思うのでまた鍛え直して明日に向けていきたいです。

―明日に向けて
明日自分はいないんですけど、みんなが頑張ってくれると思います。

 

フォトギャラリー

  • 09151今季初先発の大谷
  • 09152一時は勝ち越しの本塁打を放った茨田
  • 09153好救援をした安本
  • 09154阿久津は守備でチームを盛り上げる




 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み