【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS早大2回戦 今季の法大は一味違う!強力早大打線に打ち勝つ!!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年9月16日(日) VS早稲田大学2回戦
早大東伏見グラウンド

第1戦では波に乗った早大打線を止めることができず、逆転負けを喫してしまった法大ナイン。この日も途中で相手にビッグイニングを与えてしまうなど一時は集中力が切れかけた。だが、9回に粘りを見せ見事逆転。明日に3回戦に繋がる大きな1勝を手に入れた。

チーム初安打は佐藤の放った本塁打

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 3 0 0 3 6 10 1
早 大 1 0 3 0 0 0 0 1 0 5 5 0

(法大)松田、安本、○大谷(2勝1敗)‐佐藤
(早大)●河合‐松下
[本塁打]法:佐藤1号ソロ(6回・河合)
     早:北嶋(8回・大谷)

メンバー

打順位置選手
1 (4) 落合 大泰
2 (9)→7 縣 悠太
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (7) 大塚 直
  9 横山 翔
7 (6) 金子 明信
  PH 坂元 頌
  6 橘 廉
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 松田 知行
  PH 舟木 大河
  1 安本 剛史
  PH 宇賀神 勇人
  1 大谷 亘輝

戦評

 この日の法大の先発は松田(経2)。だが、立ちはだかるのは早大の強力打線。1番・白石は法大投手陣が「一番警戒する選手」と口をそろえる俊足巧打の打者。2番・渡辺は今春のリーグ三冠王。3番・石川は昨秋の最優秀選手。4番・嘉悦は第1戦で勝負強いバッティングを披露した好打者と抜け目がない。初回、松田は早速白石に内野安打を許してしまう。その後1死一,三塁の場面を作られるとゲッツー崩れの間1点を先制されてしまう。3回には四球で先頭打者を出すと、バントとヒット、四球が絡み2点を与える。さらに2死一,三塁の場面で、キャッチャー・佐藤(経1)が打球を落ち着いて処理するもののそれを一塁へ悪送球。これがタイムリーエラーとなり追加点を与えてしまう。

 一方打線は5回までパーフェクトに抑えられる。だが6回、とうとう眠っていた打線が奮起する。そのきっかけとなったのが、先ほどミスを犯した8番・佐藤。一死から打席に立つとすぐ3球目をフルスイング。打球はライトスタンドへと吸い込まれた。さらに二死となってから1番・落合(法2)、2番・縣(社3)の連続三塁打で1点を返すと、3番・宮川(経3)のヒットで1点差まで詰め寄る。

 投手陣は6回から安本(スポ2)、8回から大谷(スポ3)と総力戦で早大打線を抑えにかかった。大谷が立ち上がりに一発を浴びてしまったものの、最少失点に抑え攻撃陣に望みを託す。

そして迎えた法大最後の攻撃。この回先頭の3番・茨田(スポ3)の二塁打を皮切りに3連打で1点を返し、尚も無死二、三塁。ここで連続犠牲フライみより見事逆転をする。最後は大谷が三人で締め試合終了。苦しい試合ながらも勝つことができた。

春は投手力に頼っていた部分が大きかった。しかし、ここまでの4戦全てで本塁打が出るなど打線は好調。この試合のように全員野球が出来ることが今の法大である。第3戦も苦しい展開が予想される。しかし打ち勝つ力を備えた法大の視界は良好だ。(小田切直也)

選手のコメント

松田(攻めのピッチングで早大打線に挑んだ!)

―今日の試合を振り返って
初回に点を取られてしまって…。試合を作ることが目標だったので、最低でも5回まで投げたいと思っていました。点は取られてしまったんですけど、ピッチングの内容的には良かったです。ただちょっと展開が悪くて…。

―先週同様試合前に雨が降っていたんですが影響はありましたか
雨男かなと思いました(笑)。でも特に問題なく調整はうまくいきました。

―警戒していた選手は
1~4番まで警戒していました。特に1番の白石さんは足が速いので先頭だけは出したくないと思っていました。でも、先頭を出して得点となってしまったのでそこがまだ弱いと思います。

―四球が少し多いように思いましたが
いいバッターが多いので甘く入らないように攻めていきました。

―3回の守備は全体的に集中力が切れていたように見えましたが、投げててどうでしたか
自分の投げるテンポも良くなかったかなと思うんですけど、3点取られてしまうとみんなの士気も下がってしまうので最少失点に抑えられるようにしていきたいです。

―次の試合に向けて
全員で勝ちにいきたいと思います!

阿久津(同点のホームを踏んだ)

-今日の試合を振り返って
今日はキャプテンがいないので(代わりに)うまく回せるよう心がけた。

-5回までパーフェクトに抑えこまれていましたが相手投手の調子はどうでしたか
捉えてはいたんですが、内野ゴロが多かったので…。いずれは(ヒットが)でるとは思っていました。

-得点を挙げた6回と9回は集中打でしたが、何か要因はありましたか
今日は打順をいじってみたんですけど、それがはまって、欲しいとこで1番~3番とかが打ってくれました。

-チームの雰囲気は
今日は良かったです。(ほとんど)みんな使って、出ていない人も(出ている選手を)励ましてくれました。

-今後に向けて
明日勝たなきゃ意味がないので、明日勝っていい形で早稲田戦を終わりにして、来週は立教戦があるので(それに)繋げたいです。

佐藤(チームに流れをもたらす1発を放つ!)

―先週の東大戦同様に雨によって試合開始が遅れましたが
早稲田戦なんで集中が切れることはありませんでした。雨による影響はそんなないと思います。

―先発の松田投手は立ち上がり安定しませんでしたが
ブルペンの球はいつもより良かったです。立ち上がり悪いだけでテンポ早めにポンポン投げさせてもらいました。

―5回まで完璧に抑えこまれたが終盤に逆転勝ち。途中で対策を練りましたか
チームで特に練ったりはなかったです。ムードが悪かったので、自分が打席に立つ時は勢いがつくように球を張って打ちました。

―チーム初ヒットが自身の本塁打でしたが狙った結果ですか
本塁打は狙ってなかったけれど強い当たりを打とうと思っていました。

―春もこの球場で逆転勝ち。ここに良いイメージはありますか
終盤に阿久津さんに回ってきた時は(春の早稲田戦で)逆転ツーランがあったので悪い雰囲気はなかったです。これはイケるって思いました。

―明日に向けて一言お願いします。
明日勝たないと今日勝った意味が無いので。2戦やって疲れてるなか、意地の張り合いで試合に臨みます。

大谷(今季2勝目を挙げた)

ー今日の試合を振り返って
松田のピッチングに気持ちが入ってましたし、打線もいい感じに打ってくれましたし、総力戦のような試合に勝ててよかったです。今日勝って明日につなげるという気持ちがあったと思います。

ー登板後いきなりHRを打たれましたが、その時の心情はどうでしたか
あのHRはシュートを打たれたんですけど、コースも甘く、出会い頭の感じに打たれて、逆にすっきりしました。次からは1点もやらないように気合い入れて投げました。あの一発でまた試合を壊してしまったと思いましたけど、打線が逆転してくれて、本当に打線には感 謝です。

ーバッティングも好調ですね
もともとバッティングは好きなので。春も1本打ちましたしね。次は長打を打ちたいです。

ーチームの雰囲気はどうですか
昨日から雰囲気はいいですよ。昨日は自分が試合を壊してしまったけど周りのバックアップもあって、次は負けないように意識を高めました。もうイケイケですよ。

ー明日に向けて一言お願いします
明日は自分が先発で、相手はまた石田になると思うんですけど、前回は負けてしまったので、明日は自分が0に抑えて勝ちたいと思います。

縣(今季初スタメン)

ー今日の試合を振り返って
苦しい試合展開だったんですけど、最後に勝てたのが法政の強さだと思います。

ー序盤は苦しい試合展開でしたが、指示や対策は
皆思い切り振っていこうという話していました。

ー6回にはチャンスで打席が回ってきましたが
初球を打ってやろうと思ってました。

ー相手投手の印象は
苦手意識もなくて、シュートピッチャーだったので、逆らわずに打とうと思っていました。

ー明日へ向けて
明日も勝てるように頑張ります!

 

フォトギャラリー

  • 09161チーム初安打は佐藤の放った本塁打
  • 09162先発を務めた松田
  • 09163同点の犠牲フライを放つ橘
  • 09164安定感のある安本
  • 091654年生コンビがチームを引っ張る
  • 09166今季初スタメンの縣


 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み