【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS早大3回戦 3発快勝!ホームラン攻勢で勝ち点奪取!!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年9月17日(月)VS早稲田大学3回戦
早大東伏見グラウンド

空模様が心配されながら始まった3回戦。両チームの先発は初戦と同じ顔合わせ。エース大谷はこのカード3連投でマウンドに登った。打線は前日の逆転勝ちの勢いそのままに初回から好投手・石田を攻め立てる!

3勝目を挙げた大谷

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2 6 0
法 大 1 0 0 0 0 5 0 0 X 6 6 2

(法大)○大谷(3勝1敗)、安本‐佐藤
(早大)●石田、向江、沼座‐市堰、松下
[本塁打]法:宮川1号ソロ(1回・石田)、佐藤2号3ラン(6回・石田)、大谷1号2ラン(6回・石田)

メンバー                                  

打順位置選手
1 (6) 落合 大泰
  6 橘 廉
2 (9)→7 縣 悠太
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 金子 信明
  9 横山 翔
6 (7) 大塚 直
  PH→5 阿久津 航太
7 (2) 佐藤 裕太
8 (4) 鈴木 捷平
9 (1) 大谷 亘輝
  1 安本 剛史

戦評

 1勝1敗で迎えた第3戦の先発は第1戦で投げあった大谷(スポ3)と石田のエース対決の再戦となった。投げ負けた大谷は雪辱を狙う。

  初回、大谷は制球に苦しみ、2四死球。さらに、失策がからみ、無死満塁のピンチを招いてしまう。しかし、4番・嘉悦を投併殺打、5番・南を遊ゴロに打ち取り無失点に抑えた。その裏、打線は2死から3番・宮川(経3)が左越えソロ本塁打を放ち、幸先よく先制点を奪う。3回表、早大先頭の1番・白石がレフト線への二塁打で出塁すると、2番・渡部が送りバントを成功、3番・石川の左前適時打であっさり同点にされてしまう。
 
 それ以降は両投手が粘る強く投げ、1-1のまま試合は進む。6回表大谷は1死から安打でランナーを許すが、次打者を併殺打にしとめ、早大に試合の流れを渡さず、ピンチを切り抜けた。裏の攻撃で、初回に本塁打を放っている先頭打者の宮川がヒットで塁に出ると、四球、送りバントで2死二、三塁のチャンスを作る。打席には第2戦で本塁打を打った、7番・佐藤(経1)。追い込まれたあと、前の打席で打ち取られたストレートをカットすると「捕手なら次は変化球で来る」と読み、甘く入ったチェンジアップをとらえレフトスタンドに勝ち越しの3点本塁打。一気に試合の流れを手繰り寄せ、好調の打線が波に乗る。8番・鈴木(社4)が二塁打を打つと、打席にはここまで力投を見せていた大谷。最近打撃の調子がよく「長打を打ちたい」とコメントした通り、初球をとらえレフトスタンドへ2点本塁打を叩き込む。この回一挙5点を奪い、相手先発の石田をマウンドから引きずり落とした。 大谷は打たせて取る投球で7回1失点にまとめ第1戦のリベンジを果たす。8回からはこちらも3連投の安本(スポ2)が登板。1点は失うものの後続をしっかり抑え、早大との第3戦までもつれる総力戦を制した。毎年優勝候補に名を連ねる早大から、それもエースの石田を打ち崩して、勝ち点を奪えたことはリーグ優勝を目指す法大にとって大きなプラスだ。この勢いのまま次週の立教戦に臨みたい。(芳野 史征)

選手のコメント

鈴木(主将)

―今日の試合を振り返って
1戦目を落としてから、切り替えて(2、3戦目に)臨んで、勝ち点をとれたのは大きいと思います。

―早大から3試合とも5得点以上打線は好調とみていいですか
ホームランで点が取れているので怖さもあるんですけど、状態を維持できるようにしたいです。―早大のエース・石田投手を2試合連続で打ち込みましたが
苦手としている訳ではないので自信をもって臨みました。―チームの雰囲気はいかがですか
最高です。―今後に向けてお願いします
早大から勝ち点をとれたのは大きいですし、このまま勢いにのって全部から勝ち点をとれるくらいの勢いでいきたいです。

大谷(3連投でリーグトップの3勝目)

―今日の試合を振り返って
今日は、昨日の試合を取ったのでどうしても勝ちたかった。野手のみんなが良い感じで繋いでくれたので良いムードで試合に臨むことが出来た結果だと思います。

―立ち上がりと3、4回に先頭を出しましたが
あまり調子が良くない中で、今日に関しては先頭を出しても心を変えずに後を打ちとればいいやという気持ちで投げていました。しかし、それは良くないので次の試合から修正していきたいと思います。

―3連投されましたが体調は
調子は良くなかったのですが、その分打たせていこうという気持ちで入りました。1回の先頭を出した場面は本当にダメでしたが、それ以外は打たせて取ることが出来たのでこの点は良かったと思います。

―今後気をつける点は先頭を切ることですか
そうですね、先頭を取ることが1つ。まあ欲を言えばもう少し三振が欲しいです。しかし、今の調子だと三振を取ることは難しい。三振が欲しい場面でも取れていないので狙える所は狙っていきたいですね。

―そのために何かやっていかなければならないことは
変化球の精度をあげること、そして、まっすぐのキレを出すことですね。やっぱり変化球が良い所に決まったら自然と三振が取れてくると思うのでまずはコントロールをしっかり決めることを意識して投げていきたいです。

―ホームランを打ちましたね
佐藤がホームランを打ってそこで終わるかという場面でしたが、(鈴木)捷平さんと2人で8、9番で1点取ろうと話していました。そしたら捷平さんが凄く良い当たりのツーベースで出てくれたので、どうしても返したいという気持ちがありました。その中で迷いなく振れたことがホームランという結果に繋がったのだと思います。

―打った感触は
完璧でした!!(横にいた縣選手から「完璧だったらあれ以上の当たりはないの?」大谷選手「あれ以上は無いよ!打った瞬間だったから(笑)」)
上がり方も良かったし感触も良かったのであれはいったと思いました。

―次戦に向けて一言
早稲田から勝ち点を取れたのはすごく大きいです。次は立教ですが気を抜かなければ大丈夫だと思います。しかし、強いチームに勝った後は少し気が抜けると思うのでそこをしっかり締めて一戦一戦大事に戦っていきたいと思います。

佐藤(逆転の3ラン本塁打を放つ)

―今日の試合を振り返って
入りがわるかっんですけど何とか無失点で切り抜けられたのがデカいかなって思います。

―3連投の大谷さんに疲れは見えましたか
試合になると大谷さんは調子が上がるんですけど、今日は良いわけでも悪いわけでもなくて。いつも通りで大丈夫かなって思ったけど立ち上がり悪かったですね。

―3回に自身がエラーしたあと大谷さんに話しかけていましたが、どんなことを
あのプレー(犠打を二塁に悪送球)は試合の流れを悪くしちゃうんで。自分が悪かったんで謝りに行きました。

―6回のチャンスの場面ではどんな気持ちで打席に立ちましたか
このリーグ戦は自分にけっこうチャンスが回ってきていて凡退が多かったんですけど、(三塁走者)の茨田さんが「お前なら出来る!」とか力強い言葉をかけてくれたので、一球集中でいきました。

―追い込まれたあと2球続いたインコースのボールを打って本塁打でしたが
1、2打席目でまっすぐに三振していましたので、まっすぐで決めにくると思っていて。内にきたのをカットしたんですけど。捕手なら(次は)変化球だろうなと思ってそしたらチェンジアップがきて当たりました。

―2戦連続の本塁打。自身の打撃の調子は上がっていますか
今日たまたま打ったのがホームランなんですけど、他の打席は全部三振なんで。調子が上がってきてるとは言えないんですけど、振れてきているのかなって思います。

―来週の立教戦に向けて意気込みをお願いします
早稲田に勝ったからっていって気を抜ける相手じゃないんで。立教の野球に飲まれないように自分たちの野球をやりたいです。相手がどこであろうと手を抜かないで全力でいきます。

宮川(初回に先制のソロ本塁打を放ちチームに流れをもたらす)

ー今日の試合を振り返って
入りから満塁にされて苦しいなと思ったんですけど、大谷が踏ん張ってくれて流れが来たと思います。

ー初回にはホームランがでましたが
追い込まれていたので引きつけて打つことを意識してました。

ー球種や感触は
球種はチェンジアップです。インコース低めで難しい球だったので、自分でも打ってびっくりしました。

ーバッティングの調子は
普通です。良くはないですね。

ー立教戦への意気込みを
油断しないで勝てるように頑張ります!

 

フォトギャラリー

  • 091713勝目を挙げた大谷
  • 09172ダメ押しの本塁打も放つ
  • 09173佐藤は2試合連続弾
  • 09174宮川は先制の本塁打を放つ
  • 09175軽快な守備を見せた落合
  • 09176茨田の強い打球が相手守備陣に襲いかかる
  • 091773戦すべてで好救援をした安本
  • 09178チーム一丸となってムードを盛り上げる
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み