【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS立大2回戦 投打に完敗 12失点完封負け

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年9月24日(月)VS立教大学2回戦
上柚木球場

雨で一日空いて迎えた第2戦。初戦同様に投打で圧倒し勝ち点を奪いたい法大だったが、先発の松田が立大に初回から捕まってしまう。反撃に出たい打線も、前回攻略した相手先発・田原に抑え込まれてしまう。

気持ちを切り替え明日の一戦へ!

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 3
立 大 5 0 2 0 0 4 1 0 X 12 14 0

(法大)●松田(1敗)、蓮岡、金子‐佐藤
(立大)○田原、谷、小林‐会原、奥山
 

メンバー                     

打順位置選手
1 (6) 落合 大泰
2 (9) 縣 悠太
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
  PH 西村 晋作
  PR 豊瀬 有剛
6 (7) 大塚 直
7 (2) 佐藤 裕太
8 (4) 鈴木 捷平
9 (1) 松田 知行
  PH 木村 直弘
  1 蓮岡 航平
  1 金子 信明

戦評

 法大は初回、先頭の落合(法2)が安打で出塁。縣(社3)が犠打で送り早々とチャンスを迎える。しかし3番・宮川(経3)の場面で落合が三盗を試みて失敗。宮川も四球で塁に出るが、二盗を敢行して憤死してしまう。法大のちぐはぐな攻撃が立大に流れを与えてしまったのか、先発の松田(経2)が相手打線に捕まる。連打と死球で2死満塁のピンチを背負うと、ここから3連打を浴びて初回に大量5失点。前回の早大戦と同様に立ちあがりに課題を見せる内容となった。法大は続く2回、2死から6番・大塚(法3)が左中間に二塁打を放つと、連続四死球で満塁のチャンスを作る。1点でも取り返し流れを作りたかったものの、松田が力ない一ゴロに倒れる。松田は3回にも満塁のピンチを招くと、相手投手の田原に適時二塁打を許し2失点。結局4回7失点でマウンドを降りる。2番手蓮岡(営2)は5回こそ無安打に抑えるが、6回に四球から乱れ4点を奪われる。一方打線も3イニング連続で三者凡退に終わるなど、反撃のきっかけをなかんか掴めない。蓮岡は7回に先頭に対して四球を与えたところで降板、後を継いだのはなんと普段内野手として出場している金子(社4)だった。無死三塁から犠飛を許すも、リズム良く投げ後続を断つ。さらに8回の攻撃では先頭で打席に立つと粘ったすえに死球で出塁する。これで法大に勢いが生まれかけたが、続く落合は捉えた当たりも投直となり、スタートを切っていた金子は帰れずゲッツーとなってしまう。最終回にも一死から連打で最後の見せ場を作るも、佐藤(経1)が三ゴロに倒れゲームセット。1回戦とは打って変わって投打で精彩を欠く内容となった。序盤から点差が開き、集中力が切れてしまったような細かいミスが所々に見え、試合の流れを掴めずに終わってしまっあ。それでも何か一つのことをきっかけに雰囲気がガラリと変わるのが法大だ。普段は野手を務める金子がマウンドに上がり、テンポの良い投球を見せるとチームはどっと盛り上がった。その後のダブルプレーで波に乗り切ることは出来なかったが、勝ち点をかけた3回戦では守備、攻撃どちらかで勢いをつけて自分たちのペースで試合を進めていきたい。(上田 康太郎)

選手のコメント

鈴木(守備からリズムを作るが…)

―今日の試合を振り返って
何も言えないです…。明日勝つしかないです。

―投打が噛み合っていませんでしたが
ピッチャーが打たれて、四球も多くて。野手も打てないという最悪のパターンでした。

―途中集中力が切れていたようにも感じましたが
そうですね。切れていた部分もあると思います。

―課題は
バッテリー中心に野手が守って、攻撃はチャンスで打つということですかね。

―昨日雨で試合が流れた影響もありましたか
あると思いますね。

―明日に向けて
明日負けたら勝ち点を落としてしまうので、今日の事は忘れて気持ちを切り替えて明日に臨みたいと思います。
 

金子(まさにスクランブル登板…)

―今日の登板の感想を
楽しかったです。

―今日の登板は試合展開によるものですか
そうですね。ピッチャーの松田、蓮岡がダメで、大谷は明日持っていきたいので。それで「金子行く」って流れになって。

―普段から投手の準備はしているのですか
ちょくちょくブルペンで投げているんで、そんな緊張はなかったです。

―最後に投げたのはいつですか
3年の秋に大田スタジアムで投げています。

―投手歴はどのくらいですか
小学校から中学校まで。高校も若干ピッチャーやったんですけど、ショートをやっていて。中学まではピッチャーをメインにやっていたんで。

―これから先も試合展開によっては登板はありそうですか
ピッチャーがだいぶ頑張ってくれているんで。去年の秋はピッチャーがいなかったんですけど、もう無いとお願いします。

―明日に向けてお願いします
天候が悪いみたいなんですけど、勝ち点取られたわけではないのでしっかり気持ちを切り替えて勝ち点取れるように頑張ります。
 

松田(先発するも試合を作れず…)

―今日の試合を振り返って
すいませんとしかいいようがないです。

―昨日雨で試合が流れた影響はありましたか
特になかったです。むしろ昨日休めましたし、調子自体は良かったんですけど、噛み合わなかったです。

―立大打線の印象
特にないんですけど。これまで勝ててる相手に打たれているので、配球が単調だったのかなと思います。

―今後にむけて
今日打たれたのを良い経験にして、明日以降に繋げていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • 09241気持ちを切り替え明日の一戦へ!
  • 09242先発の松田は要所を締めることが出来なかった
  • 09243リードオフマンの落合
  • 09244ユーティリティープレイヤーの金子




 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み