【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS立大3回戦 追い上げ振りきり勝ち点奪取!頂点へと突き進む!!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年9月25日(火)VS立教大学3回戦
法大多摩グラウンド

立大との初戦を2ケタ得点で飾ったものの、続く2戦目では2ケタ失点を喫した。そして迎えた第3戦。中盤につなぐ野球で3点を奪うと、そのまま逃げ切り見事勝利。これでリーグ戦の勝ち点を3とした。

全員で9回のピンチを切り抜けた

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 8 0
法 大 0 0 0 0 2 1 0 0 X 3 11 0

(法大)○大谷(5勝1敗)‐佐藤
(立大)●加藤章、谷、田原‐会原

メンバー

打順位置選手
1 (6) 落合 大泰
  6 金子 明信
2 (9)→7 縣 悠太
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (7) 大塚 直
  9 横山 翔
7 (2) 佐藤 裕太
8 (4) 鈴木 捷平
9 (1) 大谷 亘輝

戦評

 試合は法大のエース大谷(スポ3)と立大の1年生投手加藤章との投げ合いでスタートした。まず初めにチャンスを掴んだのは法大。2回2死から6番・大塚(法3)がレフトへヒットを放つと、7番・佐藤(経1)の打席で相手がパスボール。得点圏へとランナーを進めた。しかし佐藤はバットの芯でボールを捕らえるも、センターフライに終わり先制点を奪うことができなかった。両投手三塁を踏ませない投球を披露する中、再びチャンスを迎えたのは法大。5回、先頭の鈴木(社4)がヒットで出塁すると、続く大谷が送りバントを試みる。だがこの打球が少し強くなり、相手はすかさず二塁へ送球。だが結果はセーフ。フィルダーズチョイスとなり、無死一、二塁とチャンスを広げた。ここでさらに落合(法2)のバントが三塁線上に上手く転がり、内安打。満塁の場面で打席に入るのは2番・縣(社3)。初球を打つと、前進守備の間を上手く抜き先制点を奪った。さらにこの回押し出しもあり2点を先取。6回にも大谷のタイムリー二塁打で1点を追加した。

 このまま完封かと思われた9回。大谷は先頭打者にヒットを許すと、次の打者に四球を与えてしまう。ここで三振を奪い1死とするが続く打者に右中間へ2点タイムリー二塁打を打たれ1点差にまで詰め寄られる。だが、その後2人を凡打に打ち取り試合終了。1打同点の場面であったが見事凌ぎ切り勝ち点を獲得した。

 この試合は下位打線から上位打線へ繋がりが上手くいき得点することができた。だが、その一方でクリーンナップが4番・茨田(スポ3)のヒット1本と少し寂しい結果となってしまった。次なる相手は、春季リーグ戦で接戦をものにできず勝ち点を落とした慶大。今シーズンの法大は投手力に頼っていた春とは違う。打線の奮起が大きなキーポイントとなる。(小田切直也)

選手のコメント

大谷(完封逃すも5勝目)

―今日の試合を振り返って
完封したかったんですけどそれが出来なくて、最後ちょっと(完封を)意識したから腕が振れてなかったし。平常心でいけば完封できたと思うので。次は9回を0で抑え抜きたいです。

―雨が降ってグラウンドのコンディションは
イイ感じに湿っていて守りやすいかなと思いました。

―火曜日まで試合が延びましたが
二日休めたし、コンディションは作りやすかったと思います。

―今日で5勝目。タイトルへの意識はありますか
あと2カードを残して5勝というのは大きいので。今季は防御率は悪いんですけど、打線も打ってくれているし、このまま投げていけば勝てると思うので。自分の一番勝った時が5勝なんで、あと1、2勝して自分の記録は越したいと思います。

―残りのカードは春に勝ち点を落とした慶應と明治ですが
両方ともいやらしい野球をしてくるし、慶應も明治もすごいやりにくい相手なんで。明治は今日東大相手に苦戦しているんですけど、自分たち相手になったら力を発揮してくると思うので。自分のピッチングをして6勝7勝出来ればいいなと思います。

鈴木(2安打の活躍)

ー今日の試合を振り返って
1勝1敗で第3戦を迎えましたが、勝ち点とれたのでよかったです。しかし、所々で細かいミスが見られたのでそこは直していきたいです。

ー昨日の大敗となりましたが、気持ちの面で切り替えはできましたか
昨日のミーティングで「今日の試合のことは忘れて、明日に切り替えよう」と言ったので、選手は落ち込まずに試合に臨めたと思います。

ー悪天候でグランドコンディションが悪かったですが、意識はしましたか
特に気になりませんでした。

ー最終回に1点差まで詰められ、苦しい状況でしたが、どのようなことを考えていましたか
大谷を信じていました。いつも終盤に点を取られてしまう展開が続くのでそこをどうするかが1つの課題です。

ー来週以降の試合に向けて意気込みをお願いします
次の慶應、明治と続きますが、しっかり気持ちを引き締め、いい結果を残したいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 09251全員で9回のピンチを切り抜けた
  • 09252自己最多タイの5勝目をマーク
  • 09253レフト前へ先制打を放った縣
  • 09254バント処理をする一塁手・茨田
  • 09255打撃好調の大塚
  • 09256落合は絶妙のバントを決めた
  • 092572安打を放った鈴木
  • 09258守備陣を引っ張る阿久津
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み