【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS慶大1回戦 驚異の粘り!9回2死からの逆転サヨナラ劇

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年10月6日(土)VS慶應義塾大学1回戦
法大多摩グラウンド

3カードを終えて勝ち点3と好調な法大。今週は春の対戦で勝ち点を落としている慶大をむかえる。勝ち越しては追いつかれる苦しい試合展開で、秋の新法大打線が驚異的な底力を存分に発揮した。

サヨナラのホームを踏む宮川(1)

トータル試合結果

 12345678910HE
慶 大 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 3 8 1
法 大 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 4 8 2

(法大)○大谷(6勝1敗)‐佐藤
(慶大)●増田‐小西

【本塁打】法:茨田2号ソロ(6回・増田)

メンバー 

打順位置選手
1 (9)→7 縣 悠太
2 (6) 金子 明信
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (7) 大塚 直
  PH→9 横山 翔
6 (5) 佐野 健太
7 (2) 佐藤 裕太
8 (4) 鈴木 捷平
9 (9) 大谷 亘輝
  PH 木村 直弘

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率
  ○●○ ●○○ ○○ 9 7 2 3 .777
  ○●● ○●○ ○●○ 10 5 5 2 .500
●○○ ●○○   ○○ 9 6 3 3 .666
●○● ●○● ○●● ●●   11 3 8 0 .272
○●●   ○○ ○○ 8 6 2 3 .750
●● ●○● ●●   ●● 9 1 8 0 .111

戦評

 この試合慶大のマウンドに登ったのはリーグ屈指の好投手・増田。ここまでの防御率1.54の右腕を打ち崩すことは簡単ではない。だが、試合は初回から動いた。増田がこの試合初めて投じた球が1番・縣(社3)に当たり死球で出塁する。その後犠打で二塁まで到達すると、3番・宮川(経3)は四球を選ぶ。さらにワイルドピッチもあり2死一、三塁と波に乗れない増田を攻め立てる。そしてここで打席には打撃絶好調の5番・大塚(法3)。初球をライトとセカンドの間に落ちるテキサスヒットを放ち先制点を挙げる。

 だが3回に長打が絡み同点とされてしまう。ここから予想通りの投手戦が展開する。そしてこの状況を打破したのが4番・茨田(スポ3)の一振り。6回の第3打席、初球を見事右中間スタンドへと運んだ。

 このまま終わるかに思われたが、慶大はそんなに甘くなかった。最終回、1死からヒットを打たれ同点のランナーを許してしまう。その次の打者を抑え2死一塁とするものの、ここでランナーが盗塁。捕手・佐藤(経1)がセカンドへ送球するがこれが悪送球となりランナーは三塁にまで進んでしまう。ここで抑えたかったが、打者の打球はショートの深い位置へ。これが内安打となり同点とされてしまった。

 そして試合は延長戦へ。先にチャンスを掴んだのは慶大。10回に四球と犠打で2死二塁の場面を作る。ここで打席に入る打者はこの試合ノーヒット。しかしきれいにセンターへはじき返され1点を勝ち越されてしまう。

後がない法大だったが2死までは簡単に取られてしまう。だがここから驚異の粘りを見せた。2番・金子(社4)がヒットを放つと、3番・宮川も続く。そしてこの期待がかかる場面で迎えるのは、この試合本塁打も放っている4番・茨田。振り抜いた打球はショート強襲の内安打となり、金子が生還。同点とする。そして途中出場の横山(スポ3)が初球打ちが三遊間をゴロで切り裂き宮川がサヨナラのホームを踏んだ。

 好投手相手に粘りの野球を見せた法大。最終回にエラー絡みで同点とされてしまったことには課題が残るが、2死から打線をつなげられたことは大きい。この好調な打線を軸に慶大2回戦、そして明大戦も試合を進めていいき、勝利を手にして欲しい。(小田切直也)

選手のコメント

鈴木(主将)

ー今日の試合を振り返っていかがでしたか
最終回追いつかれ、延長で勝ち越されてしまいましたが、なんとか逆転で勝ててよかったです。

ー春に負け越した慶大相手でしたが、初戦見事とれましたが
春も1戦目は勝てましたが、2、3戦目で負けているので次しっかり勝ちたいと思います。

ーまたもや終盤に崩れる展開となってしまいましたが、主将としてこの問題をどう思われますか
いつもは最後まで1人で行かしていますが、継投も考えています。

ー今日は今までのスタメンをいじってきましたね
サードの阿久津が体調不良なので、いつも頑張ってる佐野をスタメンにしてみました。

ーこの試合での問題点はありましたか
チャンスで一本がでないとか守備の細かなミスを直していきたいです。

ー第2戦への意気込みをお願いします
勝ちます!

茨田(本塁打を含む3安打の活躍)

-今日の試合を振り返ってみてどうでしたか
終盤、9回の弱さがでました。春は明治に2つそれでやられたということもあったので、今日は2-1で勝ちたかったです。

-第1打席はあまりタイミングがあっていなかったようでしたが、第2、第3と、試合が進むにつれだんだんあっていくように見えました。何か最初と変えてみたこととかあるのですか
慶應の増田投手は6大学の中でも苦手なので、第1打席では配球を見ないで振ろうって決めていました。慶應とはいつも競った試合で8回、9回で1本でればいいと思っていたので、実際に思ったとおりの試合になってよかったです。

-6回裏の本塁打の感触を教えて下さい
あまり自分が得意ではないツーシームだったんで すけど、捕手の構えたところからボール1、2個インコースにきて、おもいきり、強い打球を打てました。

-そのコースは茨田選手の得意なコースだったのですか
そこまで得意なコースではなかったです。

-第5打席、チャンスでまわってきましたがその時の気持ちを教えて下さい
身体はキレていたし、おもいきりいこうと思ってました。3ボールになったあとストライクが入って、そこで勝負せざるを得なくなったと増田投手が言っていたので、相手の勝負の綾がズレたのでしょう。

-9回にエラーをしてしまった佐藤選手にベンチで声をかけていたみたいでしたが、どんなことを言ったのですか
いつもあいつの力で勝っているので、ミスは気にしないで、たまには上級生が打って助けてやると言いました。

-では最後に、明日に向けて一言お願いします
明日も競ると思うので、最後には1点勝ち越して9回を0点に抑えて勝ちたいです。

金子(久しぶりのスタメン出場)

―今日の試合を振り返って
本当に勝てて良かったです

―春勝ち点を落とした慶大が相手でしたが
慶應はなかなか勝たせてくれない印象があるので、逆転されたときはまた負けてしまうのかなと思ったんですけど、大谷が(10回表を)1点に抑えてくれた結果が最後逆転につながったのかなと思います。

―増田投手の印象は
自分はあまり苦手意識はないので気楽に打席に立てたかなと思います。やはり良いピッチャーなので、ピンチになるとギアを入れ替えて抑えてくるのはさすがだなと思いました

―守備での活躍も目立ちましたが
守備には自信があります。今季は守備固めでの起用が多いんですけど、1球1球集中して処理できたと思います。

―初回に相手の1番打者の打球が内安打なりましたが、足の情報は入っていましたか
情報は入っていたんですけど、それを上回る足の早さだったのでびっくりしました。

―10回裏2アウトランナーなしから出塁されましたが意識したことは
大谷を負け投手にしたくないという思いがありました。前の打者が凡退してしまったんですけど、3番の宮川と4番の茨田が当たっていたので、自分が出れば何か起こるかもしれないと思っていました。

―チームの雰囲気は
良いですね。

―2回戦への意気込みを
チーム一丸となって勝てるように頑張ります!

横山(サヨナラヒットを放つ)

-今日の試合を振り返って
今、慶応とは同率で首位に並んでいて、いつも接戦にもなるので、そういう気持ちで臨んだんですけど、気持ちが切れなかったのが最後の逆転につながったんだと思います。

-どのような気持ちで10回のサヨナラの場面で打席に入りましたか
最後金子さんが出てくれて、1回死んだと思って楽な気持ちでファーストストライクを打っていきました。

-東大1回戦に続けて2度目のサヨナラ打となりましたが
持ってますね。(試合の)後半の方から出るので、どうやってチームに貢献できるかを考えて、守備固めからの出場でも、バットでこうやって貢献出来たらいいと思っています。

-ベンチの雰囲気は
とてもいいです。-今後に向けて
明日しっかり勝って、残りも全部勝って、関東王座に行って、また(鈴木)捷平さんたち4年生たちをみんな胴上げしたいです。

大谷(自身最多の6勝目をマーク)

―今日の試合を振り返って
苦しい展開だったんでした。終盤に踏ん張りきれなかったのが今日のダメな点だと思います。最近は終盤に踏ん張れなかったり、点を取ったあとに取られるというのが多いので、そこを課題に取り組みたいです。

―それまで抑えていた相手3番に最後に逆転打を打たれてしまいました
3番への初球が自分の中ですごい良いボールだったんですけど、「ストライク」と言ってもらえなくて。低さで「ボール」って言われたと思うんですけど、そのぶん少し高めにいってしまった。自分の中でも「大丈夫だろう」という気持ちがあって甘めなった。最後まできらさないっていうのはやはり課題です。

―球数が130球を超えて疲れはありましたか
それくらい投げたのはけっこう久々で。疲れが無いと言えば嘘になるんですけど、それを言い訳にしたらダメだと思うので。やっぱり疲れが出たがら甘くなって打たれたと思うし、そこを修正したいです。

―今日でシーズン自己最多の6勝目です
今日は本当に助けてもらったと思う。今シーズンはずっと助けてもらってるので、素直に喜べる6勝ではないですけど、勝ちが付いているっていうのはいいことだと思うので。次は野手を助けるつもりで投げたいです。

―明日に向けてお願いします
明日は松田と安本が勝ってくれると思うし。自分がずっと勝ち(星)を独占しているんで、二人に勝ってもらいたい。明日で決めたいです。

フォトギャラリー

  • 10061サヨナラのホームを踏む宮川(1)
  • 10062一時は勝ち越の本塁打と同点打を打った4番・茨田
  • 10063苦しみながらも自己最多の6勝目
  • 10064サヨナラ打を放った横山
  • 10065守備からリズムをつくる
  • 10066ファインプレー連発の金子
  • 10067一年生の佐野(2)は公式戦初先発
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み