【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS慶大2回戦 大谷、安本の継投で被安打0!充実した投手力を披露!!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年10月9日(火) VS慶應義塾大学2回戦
明治大学府中第一球場

慶大との1回戦を延長で制した法大は勢いそのままに2回戦へと臨んだ。試合は1点を争う展開となったものの、終わってみれば相手の安打数は0。点差以上に力の差を見せつけた試合となった。

最後は安本が締めて試合終了

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 2 0 0 0 0 1 0 3 6 0
慶 大 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 0 3

(法大)大谷、○安本(2勝)‐佐藤
(慶大)郡司、●増田‐小西

メンバー

打順位置選手
1 (9)→7 縣 悠太
2 (6) 金子 明信
3 (8) 宮川 拓実
4 (3) 茨田 桂太
5 (7) 大塚 直
  9 横山 翔
6 (5) 阿久津 航太
7 (2) 佐藤 裕太
8 (4) 鈴木 捷平
9 (1) 大谷 亘輝
  PH 舟木 大河
  1 安本 剛史

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率
  ○○ ○●○ ●○○ ○○ 10 8 2 4 .800
  ○●● ○●○ ●● ○●○ 11 5 6 2 .454
●● ●○○ ●○○   ○○ 10 6 4 3 .600
●○● ●○● ○●● ●●   11 3 8 0 .272
○●● ○○   ○○ ○○ 9 7 2 3 .777
●● ●○● ●●   ●● 9 1 8 0 .111

戦評

 雨天順延の影響もあり、1回戦から中2日あけて迎えたこの日の2回戦。

 試合が動いたのは3回、法大は一死から1番・縣(社3)が四球で出塁。続く2番・金子(社4)の右翼線への当たりが二塁打となり、1死二、三塁と先制のチャンスを作る。3番・宮川(経3)の当たりは平凡なサードゴロとなるも相手三塁手がエラーし、思わぬ形で1点を先制する。尚も1死一、三塁と追加点のチャンスで4番・茨田(スポ3)の打席を迎えるが、茨田の打席の2球目に宮川が仕掛けた盗塁が失敗。たちまち2死三塁となりチャンスは潰えたかに見えた。だが、茨田の投手ゴロを相手投手がファーストへ悪送球。これで更に1点を追加し、法大はこの回幸運な形で2点を先制した。

 法大の先発は1回戦と同じくエース大谷(スポ3)。3回まではテンポよく慶大打線を抑えこんできたが、4回、先頭打者に四球を与えると、盗塁と暴投で三塁までランナーを進められ、犠牲フライで1点を返される。5回にも先頭打者に四球を与えると、更に自らのフィルダースチョイスでピンチを広げ、絶妙なセーフティースクイズで同点に追いつかれて試合は振り出しに。大谷はノーヒットピッチングのまま同点に追いつかれるという結果となってしまった。

 6、7回とこう着状態が続いていた試合が再び動いたのは8回。この回先頭の法大1番・縣の打球がライト後方への飛球となり、慶大の右翼手が一旦は追いついて捕球したかにみえたが落球。縣は一挙に三塁まで達し、一打勝ち越しのチャンスとなった。すると、2番・金子がレフト前へとはじき返し1点を勝ち越し。法大が終盤に貴重な勝ち越し点を奪った。

 1回戦では9回に追いつかれた法大。対慶大戦勝ち点のかかった9回のマウンドには7回から登板の2番手安本(スポ2)。先頭打者に四球を与えピンチを招いたものの、後続を断ち試合終了。法大は結果的に2失点は喫したものの、慶大打線をノーヒットに封じ込めた。

 これで今節が始まるまで同率首位に並んでいた慶大から2連勝で勝ち点を奪取。これで春秋連覇へと大きく近づいたが、最終節には宿敵・明大との対戦が待っている。春季は優勝決定戦では勝利したものの、リーグ戦では2連敗を喫している。今秋は波に乗り切れていないとはいえ、相性も良くなく、厳しい競った試合となることが予想されるが、今秋のチームを支えてきた打線の力を発揮し、春秋連覇へ向けて突き進んでほしい。(高田 優)

選手のコメント

鈴木(初回には3つのアウトを全部取るなど守備でチームを盛り上げた)

ー今日の試合を振り返って
相手のミスにつけこんで勝つことができたと思います。

ー拮抗した試合展開でしたが
接戦になることは予想していたので、ものにできて良かったです。

ー慶大から勝ち点をあげましたが
春勝ち点を落とした慶應と明治が残っていて、何とか勝てるようにやってきたので、慶應に勝てたことは大きいと思います。

ーチームの状態は
野手・投手ともに課題があるので、明大戦までのあと1週間半で仕上げていきたいと思います。

ーご自身の調子は
慶大戦までいい調子できてたんですけど、この2試合ヒットがでていないので、明大戦では打てるようにしたいです。

ー明大戦に向けて意気込みを
勝てば完全優勝なので勝てるように頑張ります!    

金子(攻守に渡り活躍!金子自身はこの試合がリーグ最終戦であった)

―この試合を振り返ってどうでしたか
勝ててよかったです!

―今日は3安打でしたが調子は
調子はいいですね。練習の時から(バットが)振れていたので。後は打席に入って打ちたい気持ちが先走ってしまう傾向があるので、リラックスしようと心掛けたことが3安打に繋がったのかなと思います。

―8回の打席にはどんな気持ちで入りましたか
前の打席の1球目が完全に(ストライクを)取りにくる真っ直ぐだったので、次の打席も同じ球が来ると思って初球から狙って振っていったらヒットになったのでよかったです。

―守備でもいいプレーがたくさんありましたがどうでしたか
守備ではスタートを大事にしているので、集中できている証拠が確実にさばけているのかなと思います。

―この試合がリーグ戦最後と言うことですが、4年間で思い出に残った試合はありますか
自分はデビュー戦が慶應だったので、慶應戦で終わるのは運命なのかなっていうのがあります。1年の時の慶應戦は(ミスを)やらかしてしまったんですけど、今度は自分が勝ちにつながるヒットを打てて良かったと思います。

―優勝をかけて明治戦に挑むチームメイトへ一言お願いします
優勝するなら勝ち点5で優勝してください!!

大谷(6回を無安打に抑える活躍)

-今日の試合を振り返って
ノーヒットには抑えられましたが、四球でピンチを広げたところは反省しなきゃいけないと思います。そういうところを詰めていって、再来週の試合に臨みたいです。

-1回戦に続いての登板となりましたが
2日空いたので(鈴木)捷平さんや阿久津さんと相談して、(今日も)行けるといって投げました。(もし負けていたら)3戦目も行く予定だったので早めの交代にはなりましたけど、連投は意識しなかったです。

-ノーヒットで2失点という結果でしたが、慶大打線から嫌らしさというのは感じましたか
(嫌らしさは)そんな感じなかったんですけど、1番バッターが脚が速くて、出してはいけないランナーなのに出してしまって…。味方の焦りにも自分の焦りにも繋がることになってしまったと思います。

-最終節の明大戦に向けて
春負けていますし、自分自身今季良いピッチングができていないので、納得いくピッチングを出来るようにしたいです。

 

フォトギャラリー

  • 10091最後は安本が締めて試合終了
  • 10092勝ち越しのヒットを放った金子
  • 10093金子はショートの守備でも大活躍
  • 10094先制のホームを踏んだ1番・縣
  • 10095安定した守備を見せた鈴木
  • 100966回を被安打0に抑えた大谷
  • 10097茨田は守備でも軽快な動きを見せた
  • 100982安打を放った佐藤
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み