準硬式野球
 

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早大2回戦 強力投手陣に法大打線沈黙・・・春秋連続で早稲田に屈す

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早稲田大学2回戦
2014年10月7日(火)
明治大学内海・島岡ボールパーク

優勝の可能性が消えた法大。しかし来季以降へ向け実りのあるゲームを目指し、現戦力の底上げをしていきたい。また残り2カードで引退を迎える4年生たちの意地をかけ、春王者との第2戦目を迎えた。

2番手として登板したリリーフエース安本

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 9 0
法 大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 5 1

(法大)松田、●安本(1敗)、末次-山路
(早大)向江、◯沼座-蘆野

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球打率
1 (7) 中村 聖弥(経2) 2 1 0 2 .235
2 (9) 内川 慶一(経2) 3 1 1 1 .303
3 (4) 落合 大泰(法4) 2 0 0 2 .167
4 (6) 橘 廉(社3) 4 1 0 0 .189
5 (5) 萩原 幹斗(社1) 4 1 0 0 .220
6 (8) 福井 寛(社2) 4 0 0 0 .317
7 (2) 山路 脩平(経4) 4 1 0 0 .200
8 (3) 永田 直(経2) 4 0 0 0 .300
9 (1) 松田 知行(経4) 1 0 0 0 .200
  PH 藤口 帝(社1) 1 0 0 0 .250
  1 安本 剛史(スポ4) 1 0 0 0 .000
  1 末次 慶一郎(社2) 0 0 0 0 .000
  PH 窪田 剛士(経1) 1 0 0 0 .000

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 5 4 2 8 1
安本 2 4 0 0 1
末次 2 1 2 2 0

三塁打:内川(5回)
二塁打:中村(5回)
盗塁:中村①②(1、3回)、橘②③(1、4回)、落合①(5回)
暴投:松田(3回)
残塁:7

戦評

 台風の影響で2日順延したこの試合。優勝の可能性を無くしたものの、意地を見せたい法大は先発の松田が初回を3人で抑える上々の立ち上がり。その裏、2つの四球と盗塁で2死二、三塁とするも5番萩原が三振に倒れ先制のチャンスを逃す。

 試合が動いたのは4回。5番児玉に二遊間を抜ける中前打を打たれると犠打で二塁への進塁を許す。ここで回ってきた7番蘆野にセンター前への適時打を浴び、1点を奪われる。その後も続くピンチは松田が気迫のピッチングで凌いだが、痛い先制点を与えてしまう。

 なんとか反撃に出たい法大は5回の攻撃、1死から1番中村が左線際に打球が落ちる二塁打で出塁。続く2番内川が左中間を抜ける痛烈な適時三塁打を打ち、1ー1の同点に追い付く。このまま法大のペースで試合が進むと思われたが、6回から松田に代わってマウンドに上がった安本が7回、突如早大打線に捕まる。単打3本で満塁とされると8番沼座にセンター前への適時打を打たれ、再度1点のリードを与える。

 同点さらに逆転をしたい法大であったが、6回途中から登板した沼座を前に手も足も出ない。7、8、9回と簡単に三者凡退に抑えられ、反撃の糸口を見つけられないまま試合終了。1回戦同様、1点差の攻防で競り負けた。

 来週は秋リーグ最終カード、立大戦。4年生にとっては最後の公式戦となる。最後の最後で4年生の意地を見せられるか、その意地を下級生が引き継いでいけるか。今後の法大にとっても重要な試合となる。集大成となる試合を期待したい。(今井惇基)

選手のコメント

松田知行(主将)

―今日の試合を振り返って
自分の勝ち負けは別にしてチームが勝てればと思っていたんですけど、最終的に勝てなくて2タテという形で早大戦が終わってしまって非常に残念です。

―ご自身の5回1失点という内容については
フォアボールが7で、デッドボールが1というのは最悪です。調子は悪くなくて全部きわどいフォアボールだったので投げていて辛かったです。その中で1点に抑えられたというのはプラスですね。だけど、それだけフォアボールが多いと打つ方のリズムもできないので申し訳なかったと思っています。

―早大の投手陣に抑え込まれてしまいましたね
向江投手が粘りのピッチングをして、その後から出てきたピッチャーもすごく良いピッチングだったので完敗ですね。野球は点を取らないと勝てないので。

―今の調子はどうですか
調子は悪くなくて、球自体もいいかなという感じなので、あとは細かい制球などが重要になってくると思います。

―来週の立大戦に向けて
どういう形で勝ち点を取ろうかなと思ってます。5位は決まっているみたいなので、正直モチベーションが下がるといったら下がるんですけど、最後までこのリーグ戦を戦い抜こうと思います。立教戦は自分たちが抑えたらロースコアの戦いになると思うので1点を大事にしぶとくやっていきたいです。

―立大戦が4年生である松田選手にとって最後の公式戦の舞台となりますが
野球を真剣にやるのは最後になるので、楽しみつつ勝ちをものにできればなと思います。

安本剛史(2番手としてマウンド上がるも初黒星)

―今日の試合を振り返って
僕が打たれて負けてしまったので・・・。すごく緊張していたんですよ。1イニングは抑えましたけどそれで疲れちゃって、末次とかマツ(松田)には申し訳ない感じですね。

―その緊張の理由はなんだったのでしょうか
優勝のない状況でしたけど、今日負けたら5位以上狙えない、そういう試合だったので最終戦まで緊張感もってやりたかったし、そういう意味で勝ち点1をほしい試合で、1-0でマツがなんとか凌いでくれて、同点になった後の交代だったので責任を感じすぎてしまいましたね。

―打席に一回たってからの回跨ぎでしたが影響はあったのでしょうか
いえ、影響自体はないです。1イニング目は調子よく投げていて、あと2~3回投げて次の打席に回ってきて代打というのが理想だったと思うので。あの(6回)打席はあると思っていました。

―次は4年生の安本選手自身、公式戦最後のカードとなりますね
やっぱり勝つと楽しいので、最後もし投げるのなら、一番いいピッチングしたいですね。今までで一番いいと思う、全部出し切って、気持ち良く引退したいと思います。

―最終カードへ向けて一言お願いします
監督のためだったり、マネージャーのためだったり、最後頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 100746547265742番手として登板したリリーフエース安本
  • 100734542423234先発の松田は8四死球も要所では締め、5回1失点
  • 1007421323233番手の末次
  • 1007322111中村(右)は二塁打に2盗塁
  • 1007567799655回、左越え適時三塁打を放つ内川
  • 10075463546736451安打2盗塁の橘
  • 10073542165784631976897セーフティバントを決める萩原
  • 100745364634672546524今季不調も、難しい球をさばく巧みさは健在の山路
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み