準硬式野球
 

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対東大1回戦 これぞ法大の底力 6点差跳ね返し逆転サヨナラで初勝利!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対東京大学1回戦
2014年9月27日(土)
市営立川球場

1週空き、気持ち改めて初勝利を目指す法大は市営立川球場で東大との初戦へ臨んだ。先発を託された末次慶一郎(社2)は今年の春季リーグ戦での東大戦で完全試合を達成した縁起のいい市営立川球場で再びの快投が期待されたが試合は予想外の方向へ進んだ。

9回無死一、三塁から中越えのサヨナラ適時打を放つ内川

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 3 3 0 4 0 0 0 10 12 3
法 大 2 0 0 0 2 0 0 3 11 16 3

(法大)末次、室木、松田、安本、○阿部(1勝1敗)-山路
(東大)小林、●吉田-宮田

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥(経2) 6 1 0 0
2 (9) 内川 慶一(経2) 5 4 3 0
3 (4) 落合 大泰(法4) 1 2 1
4 (6) 橘 廉(社3) 4 1 1
5 (5) 萩原 幹斗(社1) 4 2 0 1
6 (8) 福井 寛(社2) 4 3 2 0
7 (2) 山路 脩平(経4) 4 2 1 0
8 (3) 永田 直(経2) 5 2 2 0
9 (1) 末次 慶一郎(社2) 1 0 0 0
  PH 前川 祐樹(社2) 1 0 0 0
  1 室木 大(経1) 0 0 0
  1 松田 知行(経4) 0 0 0 0
  PH 佐藤 裕太(経3) 1 0 0 0
  1 安本 剛史(スポ4) 0 0 0 0
  PH 藤口 帝(社1) 1 0 0 0
  1 阿部 春太郎(経3) 1 0 0 0
  PR 窪田 剛士(経1) 0 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次 4 7 4 3 3
室木 1 1/3 3 0 1 4
松田 2/3 1 1 0 0
安本 0 1 0
阿部 1 1 0 0 0

三塁打:福井(5回)
二塁打:内川2(6回、8回)、落合(8回)、福井(9回)、永田(9回)

盗塁:内川①(2回)、萩原①(5回)、山路①(5回)
犠飛:落合(1回)
犠打:内川(1回)、福井(3回)
併殺:2(5回、9回)
妨出:1
残塁:12

戦評

 初回の法大は先頭中村が失策で出塁すると、犠打で三塁へ。続く落合がセンターへの犠飛でまず1点。その後は橘、萩原、福井の3連打でもう1点、初回に2点を奪う。だが先発の末次はこの日も本調子には程遠く、このリードを守れない。3回表に安打、四球で二、三塁とされるとライト・内川のタイムリーエラー、4番宮田の右中間を破る適時三塁打でこの回3点と逆転を許すと、4回にも4安打、2四球を集中され3点と6点目。ここで末次は降板となった。

 流れを変えたい法大は5回二死から5番萩原は四球で出塁すると6番福井がセンターの頭を超す適時三塁打、さらに7番山路も連続となる適時打で2点へと追い上げる。しかし2番手室木が6回表、満塁のピンチを招くと5番荒川に2点適時打を打たれ、ノックアウト。続いてマウンドにあがった松田ももう2点を失い、10-4と大きくリードを許してしまう。

 それでも今日の法大はまだ食らいついていく。4番手の安本が2回を打者6人で片づけると流れは徐々に法大に。そして試合が動いたのは8回裏、先頭の山路、永田の連打などで二死一、二塁とすると2番内川がレフト線を破る2点適時二塁打、さらに3番落合も再びレフト線への適時二塁打を放ち、3点差に迫る。9回表は5番手阿部が走者を一人置くも併殺で切り抜け9回裏の法大の攻撃を迎えた。

 「なんとしても塁に出る」という強い気持ちで打席に向かったこの回先頭の福井は詰まりながらもレフト線へ落ちる二塁打で出塁する。このチャンスに山路を迎えるが、平凡な遊ゴロ。しかし東大の失策となり、チャンス拡大。続く永田は5球目を叩くとレフト線を破る、1点差となる二塁打を放った。こうなると完全に法大のペース。次打者の阿部は打ち取られた一塁ゴロであったが、これを東大一塁手が弾き、ボールが転々とする間に永田が還ってきてついに同点。さらに1番中村が安打でつなぐと、打席には3回、失点につながる失策を犯した内川。「つないでくれた仲間に感謝して絶対決めるつもりだった」と内川はこの場面でもしっかり振りぬき、前進守備をしていたセンターの頭を超すサヨナラのタイムリー。最大6点差を逆転する劇的な試合の終止符を打った。

 念願の初勝利を収めた法大。ミスが目立ち、敗色濃厚の試合展開であったが、副将落合を中心とする野手陣の声掛けで最後まで相手に食らい続けた。そして6点差を見事ひっくり返し、今季1勝目。試合後は選手にも安堵の表情が見えた。しかしまだ1勝。勝ち点をとってこそ生きる1勝だ。まずが勝ち点へ。本当の戦いはこれからだ。(芳野 史征)

選手のコメント

落合大泰(副将)

―待望の初勝利となりました
本当によかったです。(負けるのが)チラついていたので、「負けるかも」「またかぁ」みたいなのも思ったんですけど、よかったです勝てて。最後に勝てればなんでもいいです。本当によかったです。

―6点差をひっくり返しました
東大はしっかり練習してきているチームなので、向うのバッティングが良くて、うちのピッチャーも打ち込まれてしまって、凡ミスも出たんですけど、気持ちだけは切らさずに、そういう意識で、副キャプテンの僕も松田も野手も声かけて盛り上げるようにしていて結果的にその雰囲気が得点につながったのかなと思います。

―8、9回は打線がよく繋がりましたね
8回のときに「8、9回3点ずつとって同点にしよう」って言っていたら、本当にそうなって、チームが一つになって、そういう雰囲気でこれからも出来ればいいと思うので、いいきっかけになると思いました。今日の勝ちは内容的にはいいものではないですけど、次に繋がるいい試合だったのかなとは思いますね。ヒヤヒヤでしたけどね(笑)

  • ―今日の試合は内川選手、福井選手、永田選手と2年生がよくバットを振れていました

本当に2年生がよく打ってくれて、福井もいい形で(9回)先頭出てくれて、永田、内川も2年生の力が大きかったので、ありがたかったです。

―4連敗で1週空いて今日の試合でしたがチームでどのようなことを考えての試合でしたか
「自分たちは弱い」という自覚をして、全国大会出たって言っても結局は4連敗しているわけで、弱いことを自覚してもっと練習しないといけない、というニュアンスのミーティングをして、自分たちが弱いってことを自覚した上で挑戦していくというか、常に相手が東大だろうか早稲田だろうか弱い自覚をもって挑戦していくという、そういう認識が大事だと思って、ラクに勝てる試合はないんだと思って、自分たちは粘り強く勝つ、そういう話でした。

―期間が空きましたがチームで何を強化してきましたか
バッティングです。バッティングは以前は振れていなかったですし、うちは元々そこ(打撃)がなきゃ勝てないチームなので、守備は最少失点に抑えるものそうですけど、どっちかと言ったらバッティングを意識して練習しました。守備ではノック中では本数多く取るよりは一個一個のプレーを確実にとる、難しいプレーよりも確実なプレーを意識していました。

―連敗中で試合も劣勢で悪い雰囲気の中、逆転で勝てたことはチームとしてどんな意味合いがありますか
いつもだったら6点差、10点取られて気持ち切れて、もっと試合展開が悪い方向のいったと思いますけど、今日は踏ん張れたっていうのが大きいですね。これからリーグ戦、明日含めて3カードありますけど、いい形につながればいいです。

―初の勝ち点がかかる明日へ向けて
今季全部2タテでやられているので今度は2タテで勝って、次の早稲田戦につながる試合がしたいと思います。

内川慶一(4安打の固め打ちに加えサヨナラ打も放つ)

―今日の試合を振り返って
負けなくて良かったです。

―試合を決めるサヨナラ打を打ちましたが、打席に入る時にどのようなことを考えていましたか
自分のタイムリーエラーでそっから一気に流れを相手にやって、点差が離れてしまったので。最後は本当にそういう場面をつくって下さった仲間に感謝して、最後は絶対自分が決めるっていう気持ちで打席に入りました。

―今の話にもありましたが、3回に同点に追いつかれてしまうエラーをしてしまいました、監督や他の選手に言われたことはありますか
監督からは特に言われてないです。落合さんからは「しっかり切り替えろ」と言われました。

―今日は5打数4安打3打点の活躍でした
明治戦の3戦目で打てていなかったので、今日しっかり取り戻して、調子を上げられたので良かったです。

―秋のリーグ戦初勝利をあげました
1勝がなかなか遠くて、今日も本当に厳しい戦いでしたが、そんな中でチームの雰囲気は前よりどんどん良くなっていると思うので、この1勝を機に明日につながるんじゃないかと思います。

―秋のリーグ戦では小野選手の抜けた穴を内川選手が埋める役割があると思いますが
小野の分を自分1人で埋められるほど力量はないと思うので。やっぱりチームの勝利に貢献するって意味で、バッティングならつなぐバッティングをしっかりして、みんなでカバーしていきたいと思います。

―今日は勝ちはしましたが、投手陣が崩れてしまいました
今日は完全に相手の流れで、その流れのまま失点してしまった形なので、明日からはまた守備からリズムをつくれば、しまった試合になると思います。

―明日の試合への抱負をお願いします
明日勝って、2タテで終わりたいと思います。

福井寛(2本のタイムリー含む3安打の活躍)

―試合を振り返って
とりあえず勝ててよかったです。苦しい展開だったんですけど、ずっと追いかけてるという展開の中で諦めずに食らいついていけたというのはよかったと思います。

―秋リーグ初勝利ですね
とりあえずホッとしているというのが本音です。

―3安打の活躍でしたが
今日は打席に立っている時の感覚がすごくよくて、しっかりタイムリーも打てたし、大事なところで先頭バッターで出塁できたことがよかったです。

―一時、6点のビハインドを負いましたがその時の気持ちは
1度は下がったと思うんですけど、そこは落合さんを中心に明るく声を出して盛り上げていこうという風になって、そこにみんなが乗っかって逆転の雰囲気を作れたんじゃないかなと思います。

―サヨナラとなった9回の攻撃は福井選手のツーベースヒットから始まりましたが打席に入る時に意識したことはありますか
何としてでもノーアウトでランナーに出ないと始まらないと思って、初球にセーフティバントもしました。何がなんでも塁に出ようという気持ちで打席に立ちました。

―前試合から打順が2番から6番に変わりましたが、何か変化は
2番は送るということが仕事だと思うのですが、それがしっかりとできていなくて6番に下げられたんですけど、それでも自分の役割というのをしっかりと見つけたいです。6番は結構チャンスで回ってくるのでそこで打ってランナーを帰すことを意識しています。

―全日からレギュラーに定着していますが
甲本が練習試合でけがをしちゃって全日から出るようになったんですけど、守備では甲本に勝てないので、バッティングでチームに貢献できればアピールできるなと思って一つ一つの打席を大切にしています。

―秋リーグも半分近く終わっていますが
今日サヨナラで勝てたということがすごく大きいと思うので、ここで一回チームの流れを変えてここからの試合に挑めたらいいなと思います。

―明日の試合に向けて
とりあえず勝つことですね。今日よりももっと安心できるような試合をして勝ちたいです。今日はバッティングがよかったので、これを維持して明日も打ちたいです。

永田直(9回追撃の2点二塁打)

―今日の試合を振り返っていかがですか
勝てて良かったです。

―チーム4連敗中でしたが、今日初勝利となりました
全日からの緩みがあったと(チームで)言ってるんですけど、東大まで落とすとなるとかなり深刻な状況になるので、今日をしっかり取るという感じでした。

―チームの状況について、その緩みというのはしまってきていますか
前半は邁進というか、勝たなきゃいけないけど、勝てるだろっていう雰囲気があったんですけど、点差が離れたときにやべーってなって。(後半は)みんなが結果的には集中できたと思います。

―最初の3打席のチャンスでは打てず、8,9回ではチャンスをものにしたのも集中力の違いですか
最初の1,2打席はなんとなく勝てるだろってのいうのがあって。3打席目は感覚は良かったんですけど、4,5を振り返ってみるとやっぱり集中力が足りなかったのかなと。

―ご自身のコンディションは
わりと良いです。

―明日も負けられませんね
そうですね。この良い勢いというか、勢いも大事ですけど、明日も1ゲームうちとろうってことでがんばっていこうと思います。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み