準硬式野球
 

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明大2回戦 流れを呼び込めず3連敗 秋は4戦未だ勝ちなし

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明治大学2回戦
2014年9月14日(日)
早稲田大学東伏見グラウンド

前日、延長14回を引き分けた法大。仕切り直しで本日、秋リーグ初勝利へ向け末次慶一郎(社2)が先発。チーム念願の1勝目を手繰り寄せることができるか。

今日も2安打と好調の福井

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 5 1
明 大 0 0 0 0 × 5 8 2

(法大)●末次(2敗)、安本-山路
(明大)○薄田、篠原-吉田、金子

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球
1 (4) 落合 大泰(法4) 4 0 0
2 (8) 福井 寛(社2) 4 2 0
3 (6) 橘 廉(社3) 0 0 0
4 (7) 中村 聖弥(経2)
5 (5) 萩原 幹斗(社1) 4 0 0
6 (2) 山路 脩平(経4) 0
7 (9) 内川 慶一(経2) 3 1 0 0
8 (3) 永田 直(経2) 3 1
9 (1) 末次 慶一郎 0 0 0
  PH 前川 祐樹(社2) 1 0 0 0
  1 安本 剛史(スポ4) 0 0 0
  PH 杉本 篤史(社4)

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次
安本 1

犠打:橘(1回)、内川(2回)
残塁:6

戦評

 仕切り直しの第2戦、先発を託されたのは全日本選手権での明治戦に好投した末次だった。「初回とかは調子が良かった」と、1・2回はノーヒットに抑える好投を見せる。しかし3回、安打と2つの四球で無死満塁のピンチを招くと続く打者に押し出しの四球を与え嫌な形で先制を許す。その後、邪飛で1死奪うも4番打者にはセンターへ犠牲フライを打たれこの回2失点。5回も先頭打者にライトスタンドに打った瞬間入ると分かる本塁打を打たれるなど、6回を投げ被安打7、四球5、4失点と制球に苦しみ、振るわない結果に終わった。試合後には「自分が崩れて負けた」と悔しさをあらわにし、次の登板で復活を誓った。
 一方の法大打線も、5回まで明大先発の薄田に初回の福井の安打に抑えられる。6回も先頭の落合が左中間に落ちるヒットで出塁するも、後続が凡退し無得点。しかし7回無死一,二塁のチャンスを作ると、7番・内川の当たりは投前内野安打に。さらに焦った相手のピッチャーの送球エラーも重なり1点を返すと、続く永田はしぶとく右前適時打で2点目。代打・前川、落合と凡退するも2死一、三塁から福井の今日2本目となるヒットが適時打となりついに1点差に迫る。

 末次の後を受けたのは今リーグ戦で好投を続ける安本だったが、代わったばかりの初球を狙られた。思い切り振り抜かれるとライトスタンドへ飛び込むソロ本塁打。点差は2点差になってしまう。その後は落ち着いたピッチングで無安打に抑え、2点差のまま最終回へ入った。もう一度奮起したい打線だったが、8回からマウンドにあがっていた篠原に9回も三者凡退に抑えられ3-5で敗戦。対明大戦は0勝1敗1分となった。すでに一つ勝ち点を落としている法大、これ以上の取りこぼしはリーグ制覇へ許されない。連敗中でも徐々にチームの士気が戻ってきた今、チームとしてなによりも勝ちが欲しい。(渡邉大地)

選手のコメント

落合大泰(副将)

―今日の試合を振り返って
全体的には大事な場面で一本が出なくて、チャンスは向うから一回もらったんですけど自分もそうですし、チャンスで打てませんでしたし、大事なところで一本打てなかったのが大きかったです。攻撃も淡白になりつつまりますし、投手陣は3点ぐらいまでは抑えてくれますけど、打者陣がもうちょっと援護して、攻撃からリズムをつくっていかないとピッチャーもきついとは思いますね。末次も今日調子よくなかったですし、もっと早めから援護できればもっといい試合展開を運べたかなと思いました。

―秋は未だ4戦で勝利がありません
苦笑いとしか言えません。勝ちたいんですけど、勝負事っていうのはどうしても相手がいますし。初回の入りとか攻撃で昨日はまあまあいい形で入れたんですけど、バントとか決めるとこは決めて、要所要所で打って、守備も守るとこ守って、そういう要所を掴んで、初回もきっちり攻撃してリズムをつくっていく、要所を押さえないと勝負事は勝てないと思いますね。流れを呼び込む、呼び込むべきところで最終的に打てなかったってことが3連敗につながっていますね。

―未だ勝てない中でのチームの雰囲気はいかがですか
慶應戦へよりは大分チームの士気も上がってきて、まだまだですけどだんだんいい形になってきて、ベンチもみんな試合に集中するようになってきましたし、あとはもう一歩突き抜けて、要所で流れを掴むところで、守備、攻撃で一本、明日あたりにパッと出ればそこからいい流れができると思います。

―一つ勝てれば一気に波に乗れる雰囲気もあるように思います
そうですね。本当にチャンスはつくっているので、そこで一本出て、一気に逆転ですとか要所で流れを呼び込んで、チームが一気にまとまればまたいい雰囲気ができると思いますので。やっぱりリーグ戦には勝ち癖っていうのがあると思うんですよ。もっと勝ちの癖をつけたいですね。

―現状でのチームの課題は何ですか
技術的には言ったら初回の入りと決めるべき要所を掴むことです。要所でそこで流れをもってくれば、ベンチと一体になって全員でまとまって攻撃できますし。でも結局、勝負事は結果が全てなので、ベンチがそういう雰囲気をつくることも大事ですけど、試合出ている代表が要所で結果を出すことが全てです。

―明日へ向けて
勝負事は勝つしかないので、明日は初回から勢いつけて、初回でまず先制点がとれるように。そこからいい流れをもっていって、明日は絶対勝ちます。

末次慶一郎(先発するも本調子にはほど遠く・・・)

―今日の試合を振り返って
みんなにすいませんって感じです。自分が崩れて今日は負けたので、自分のせいですね。
なかなか制球が定まらなかったですね。初回とかは調子よかったんですけど、途中から球が抜けてしまって。代わるまでずっとそんな調子で、流れ悪くて、バッティングにも流れがいかなくてそれで負けてしまったのかなと思います。

―末次投手自身、秋はなかなか思うようなピッチングができないですね
もっと練習して、もっと技術を磨いて向上させるしかないと思います。

―次の登板に向けて
いいピッチングというか、リーグ戦なので勝ちがすべてなので、どんなに悪くても勝てるように。それと今日みたいに先制点を与えるとキツくなるので、先制点は与えないようにしたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み