準硬式野球 

【準硬式野球】全日本大学選手権大会予選会2次トーナメント決定戦 対国士舘大 逆転サヨナラで死闘制した!チーム一丸で掴んだ夢舞台!!

全日本大学選手権大会予選会2次トーナメントブロック代表決定戦
2014年6月15日(日) 対国士舘大学
法政大学多摩グラウンド

全日本への切符を懸けた2次トーナメント決定戦。対戦相手は昨年の関東選手権で敗れた強豪・国士大だ。互いが譲らず延長にもつれる死闘を制したのは・・・

サヨナラ勝ちを決めた永田

試合結果

トータル試合結果

 12345678910HE
国士大 0 0 0 0 0 3 0 0 0 1 4 8 3
法 大 0 0 0 1 0 0 2 0 0 5 7 0

(法大)松田、室木、○安本-山路
(国士大)鈴木龍、高橋、●滝本-清水

〔本塁打〕国:永田3ラン(6回・松田)

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球
1 (4) 落合 大泰(法4) 4 0 0 1
2 (8) 甲本 裕次郎(社1) 3 1 1 1
3 (6) 橘 廉(社3) 4 0 0 1
4 (9) 小野 慶典(経2) 5 2 1 0
5 (7) 中村 聖弥(経2) 4 1 1 1
6 (5) 萩原 幹斗(社1) 4 1 0 1
7 (3) 永田 直(経2) 3 0 1 2
8 (2) 山路 脩平(経4) 4 2 1 0
9 (1) 松田 知行(経4) 2 0 0 0
  1 室木 大(経1) 0 0 0 0
  PH 佐藤 裕太(経3) 1 0 0 0
  1 安本 剛史(スポ4) 1 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 5 1/3 4 4 3 3
室木 1 2/3 1 3 0 0
安本 3 3 1 2 1

二塁打:中村(4回)、小野(10回)
盗塁:萩原(7回)
暴投:安本(10回)
併殺:1(1回)

残塁:9

戦評

 全日本を巡る決定戦のマウンドに上がったのは前日の試合から連投となる松田。松田自身まだ一度も勝ったことがない国士大相手となるが、初回四球を許すも続く打者を併殺に仕留め上々の立ち上がりを見せる。2回には橘の好守備に山路が二塁走者を刺殺、4回には再び山路が盗塁を刺すなどバックも松田を守り立てていき、4回まで強力・国士舘打線を0に封じ込めていく。

 打線は3回まで無安打であったが、4回先頭の甲本がチーム初安打となる左前安打で出塁。その後2死三塁となり迎えた5番中村はレフトの頭を越す二塁打を放ち、先制点を奪った。

 松田は5回もピンチを招くも三振で脱し、1‐0と緊迫した試合進行となるが、グラウンド整備を挟んだ6回に試合は動く。松田は2つの四球で得点圏に走者を背負ってしまう。ここで迎えた打者にはセンターへの鋭い当たり、センター甲本はダイビングキャッチを試みるが、届かず、抜けていった。二者が生還し、さらに中継の乱れでバッターランナーも帰還し、一挙3点。後半戦に差しかかる6回に痛い逆転を許してしまった。

 「流れが変わったことに気づかなかった」と松田はうなだれ、無念の降板となってしまった。しかし、2番手の室木が再び流れを引き戻しにかかった。自慢のストレートが冴えわたり、相手打者をねじ伏せる。ルーキーの快投が流れを呼んだ。

 7回裏、1死から萩原が内野安打で出ると、盗塁、悪送球で3塁へ進塁する。このチャンスにリーグ戦から好調を維持する山路がレフト前へタイムリー。1点差に詰め寄る。さらに相手のエラーで落合が出塁し満塁。このチャンスに打席に入る甲本は冷静にボールを見極め、四球を選んだ。これで試合は振り出しとなった。

 8回から安本がリリーフ。リーグ戦は不調で、この試合も調子がよくなかったというが「気持ちで投げた」と強力打線に立ち向かう。ランナーを背負うも8回は自らの牽制で刺し、9回も甲本のランニングキャッチでピンチを脱した。しかし法大も相手投手に抑え込まれ、試合は3‐3で延長戦へ突入した。

 10回表、安本は簡単にツーアウトとするが、そこから連打を浴び、1、3塁のピンチを招いてしまう。そして、次打者への初球だった。ワンバウンドの球はワイルドピッチとなり、3塁走者は生還。勝ち越し点となる4点目は国士舘のスコアに刻まれてしまった。

 それでも法大はあきらめなかった。常に守備、ベンチから声を出し、チームを引っ張る落合は先頭打者として、四球を選んで出塁。続く甲本のバントは絶妙な当たりとなり、焦った国士大の失策を誘った。その後1死となり迎えるは4番小野。「引いたらダメだ」という気持ちで入った小野は1ボール2ストライクからフルスイング。泳がされながらもしっかり芯で捉えた打球は伸び、ベンチの歓声にものった当たりはフェンス直撃の二塁打に。土壇場で再び追い付いた。押せ押せムードの法大はさらに満塁とチャンスを拡大すると、最後は永田が押し出しとなる死球でサヨナラ勝ち。この瞬間、法大の全日本選手権出場が決まった。

 「全日にいきたい、日本一になりたいという思いが相手より強かったと思います」と試合後松田は言葉を残した。先制するも逆転され、追い付いたと思いきや再び勝ちされる苦しい試合展開。そんな中でも、ベンチは声を出し続けた。チーム一丸で見せた“勝ちたい”という思いがチームを全日へ導いた。最終学年で最後の全国大会に出たいという4年生の思いと4年生を全日へ連れていきたい思いが重なって生まれた今回の勝利。昨年の秋から始動した現チームは1年生を加えて、大きくなって、チームは一つになった。

 次に待ち受けるのは8月に岡山県で行われる全日本大学選手権大会。準硬式野球界でもっとも高いレベルにあるこの大会に挑むことになる。法大は「日本一」へ向け、全日のスタートラインに立った。ここからチーム一丸で頂点を目指していく。(芳野史征)

選手のコメント

松田知行(主将)

―全日が決まった今のお気持ちはいかがですか
本当に今までの中で一番うれしいです。

―勝てば決まるこの1戦でしたが試合前のどのようなことを考えていましたか
自分が今まで準硬でやってきて一度も勝てたことのない相手だったので、もちろんみんなにも「強い」ってことは言っていて、楽に勝てる相手ではないということを知ってた上で試合に臨んだんですけど、特別なことは言っていないですね。「自分たちの野球をやって勝とう」ってだけ伝えましたね。

―試合は苦しい展開になりました
本当に、本当に苦しかったですけど、最後は気持ちなんですかね。ベンチも点取られても、「(声を)切らすな切らすな」って声が絶えず出ていて、選手もあきらめが見えなくて、自分ももちろん勝つ気でいましたし、そういった気持ちが集まって国士舘よりも「全日に行きたい、日本一になりたい」って思いが強かったから勝てたと思います。

―ご自身のピッチングについてはいかがでしょうか
昨日あれだけ悲惨な、不甲斐ないピッチングだったので、今日は丁寧に、ってことを心掛けて投げて、特に先制点をやらないことを意識して投げました。その中で先制はしたんですけど、取った後6回、整備があってよく流れが変わるといわれる回に、3点という大きな点を相手に与えてしまったのはまだまだと思いますし、そういった中でもチームが点をとってやろうって気持ちがあって、よく追い付いてくれて、感謝しています。

―流れが変わる6回に松田選手自身にも変化はあったのですか
いや、特にそれはなかったんですけど、やっぱり流れは急に来るもので点取られて気づくじゃないですけど、少なからず野球には絶対流れがあって、そういうのを味方につけないと勝てないとは前々から言ってきたことなので、怖いですよ。流れは。

―逆転サヨナラと本当に粘り強く戦いました
10回、1点取られたときはどうなるかと思いましたけど、気持ちは切らさないでやってくれたので、本当によかったです。

―ベンチも声がよく出ていて、チーム一丸という感じが出ていました
そこまで声が出るチームではないと思うんですけど、やっぱりみんな全日に行きたいっていう思いが出たんじゃないんですかね。うるさくないチームで出てる選手とベンチの温度差もあるチームだったと思うんですけど、今日の試合でグッと一つにまとまったと強く感じました。

―最終学年で全日が決まったのは特別な思いがあると思います
一番うれしいですし、今までの4年生はこういう感じの気持ちだったのかなと思いますね。やはり全然違いますね。

―全日へ向けチームとしてやっていきたいことはありますか
本当に課題がまだまだあるチームなので、本間さんも言う通りのびしろがすごいある、チーム自体若いので、全然もっと伸びていけるチームだと思います。特にやることは連携ですかね。連携の弱さが痛い失点になってくるので、守備の面では連携、バッティングは大分繋がりが出てきたので、状態を全体的に上げていければ、全日でも点は取れると思うので、そこらへんは自信をもってやっていきたいです。あとはピッチャー陣が層が薄くて、まだ安心して見ていられない部分があるので、ベンチに入っている選手もベンチ外も含めて底上げといいますか、もっと見ていて安心できるピッチャーを何人か作らなきゃというか、自分も含めて練習しなきゃいけないです。

―その投手陣では室木投手が素晴らしいピッチングを披露しました
新人戦から調子を上げていて、それまでは全然ダメかな、と思っていたこともありましたけど、本当に室木がいい繋ぎをしてくれて、あいつで流れが変わったこともありますし、3点取られたときはチームが落ち込んでいて、やばいと思いましたけど、それを覆すいいピッチングだったのでこれからも期待しています。

―胴上げされましたがいかがでしたか
人生でこれまで一度もされたことがなかったので、気持ちいいですね。うれしかったです。

―全日へ向けて意気込みお願いします
やっぱり自分たちが目標としてきた日本一は全日本からしか取れないタイトルだと思うので、スタート地点に立ったと思って、やっぱり挑戦者の気持ちでやらないと痛い目見るので、せっかくいいステージに立てるので、全力で思い切って悔いの残らない野球をできればと思います。

落合大泰(副将)

―全日が決まった今のお気持ちはいかがですか
僕らが野球を、本当の野球、スポーツとしての野球、勝負の世界とししての野球は今年で最後になってしまうのですけど、その中で目標である全国大会出場が決まって、今はほっとしているのとすごくうれしいです。

―延長戦にもつれた試合をふりかえって
昨日は大味な試合(21対6)になって、その試合が終わった後のミーティングで「明日はこんな試合にはならない」ってもともと覚悟していて、1点勝負の接戦になるって。その予想通りこうなって、一つのミス、プレーで流れが変わる試合になると思ったで、そこで相手のミスもありましたけど、粘り強く勝てて、もうトーナメント制なんで勝てば、勝負の世界なんて勝てばいいと思っていたので、モノにできてよかったです。

―1点勝ち越されたその裏、先頭打者として四球を選びました
僕、リーグ戦の時から、1点とられたあとの先頭が多くて、これでまた出ればサヨナラいけるんじゃないか、って気持ちもあって、なんとか繋ごうって気持ちで、それで向うのピッチャーがこの回から代わったんですけど、見た感じコントロールに自信がないように思って、初球外れたときに、四球もあるのかなと思って、球をよく見て、選べて、ヒットも四球も同じなので、塁に出れてよかったです。

―その後逆転サヨナラ勝ちで全日を決めました
なんというか大味で勝って、全国大会が7回、8回に見えてくる展開では無かったので、本当にどっちにいくかって試合だったので、それが最後うちでサヨナラが決まったのはうれしさ倍増かもしれないですね。余計にうれしかったです。最後死球だったのがちょっとおもしろかったです(笑)。

―最終学年での全日はというのは特別な思いがありますか
特別ですね。勝負としての野球は最後なので、その中で全国大会行けたのはすごく大きいので、最後の有終の美といいますか、この準硬界で一番上のステージの大会なので、そこで全国大会優勝を目標に最後、有終の美を飾りたいです。

―全日へ向けチームとしてやっていきたいことはありますか
リーグ戦も今日の試合もそうですけど、バッティングは試合とピッチャーによって水物なのでうちはのっちゃうと強いですけど、今日見たいな競った試合になると、一番大事なのでは今日もありましたけど外野の中継だったり、無駄な点をなくさないとチームのレベルも上がりませんし、そのミスが点につながるので、中継や無駄な点、無駄な失点、進塁、そういう気を付けていればできることをまずは見直して、チームとしてもっと引き締めていきたいです。バッティングは打てれば儲けものなので、できることを、しっかり足元見て、引き締めて練習していきたいです。

―胴上げされましたがいかがでしたか
予想外ですね。松田が話して僕が松田におめでとうって言ったら、急に始まって驚きました。胴上げ初めてかもしれないですね。うれしかったです。

―全日へ向けて意気込みお願いします
全国優勝です。

山路脩平(2つの盗塁を刺すことに加えて2安打と好守でチームをけん引)

―全日が決まった今のお気持ちはいかがですか
素直にうれしいです。この試合も下級生が頑張ってくれたので、連れていってもらったみたいな感じですごくうれしいです。

―激しい競り合いの試合でしたね
立教戦(3回戦)もすごくいい試合だったんですけど、この試合もいい試合で、うちはピッチャーが苦しかったので、末次もいませんでしたし、でもその中でもみんな粘って勝てたということは大きいですし、しかも国士舘はかなり強いチームだと思うので、そこに勝てたことはよかったです。

―7回に1点差に詰め寄る適時打を放ちました
バッティングは調子いいので、打ててよかったです。

―守備では序盤2つの盗塁を刺しました
そうですね。昨日自分ボール当たってけがしたんですけど、「今日大丈夫かな」とかちゃんと投げられるか、今もバット振ると痛いんですけど、そんな状況で刺せたので。序盤に刺すと終盤大事な場面で向こうは盗塁してこれなくなるので、そういう意味で大きかったと思います。

―後半のピンチの場面ではどんな言葉を投手にかけたのですか
大したことではないですよ。ピッチャーを落ち着かせる言葉とか再確認、しっかり間をとって、相手が押せ押せの時にわざとゆっくりしてじらすといった意味でのタイムですね。

―最終学年で全日というのは特別な思いがあると思います
去年も一昨年も全日いったんですけど、そのときとうれしさが全然違くて、今年は試合に出ているということもありますけど。しかもこの試合も4年生4人以外は下級生で、1,2年生も結構多く出ている中で本当に助かったなっていう感じですね。

―全日へ向けチームとしてやっていきたいことはありますか
投手力と守備ですね。このリーグ戦でも守備のミスがとてつもなくあったので、バッティングは水物なので、もちろん練習はしますけど、やっぱり守備をしっかりして余計な点を与えないようにしたいですね。

―胴上げされていましたがいかがでしたか
始めてされたので。まあ楽しかったです(笑)。

―全日へ向けて意気込みお願いします
去年も一昨年も全日は優勝できていないので、もっと強いチームが出てくると思いますけど、しっかり勝って、出来るだけ長くいれるように頑張りたいです。

安本剛史(8回からリリーフし、勝ち投手に)

―全日が決まった今のお気持ちはいかがですか
うれしいです。チームとして今まで頑張ってきたかいがありました。

―延長にもつれた試合を振り返って
全日で出ても絶対こういう試合になると思うので、今日勝ったことは自身になると思いますし、しんどい試合を制したのはチームとしても大きいです。

―自身のピッチングについて
継投で行く、って話だったので、常に準備はしていて、調子はイマイチでしたけど気持ちですね。気持ちで、全日が4年最後というので気持ちがすごく強かったです。

―最終学年で全日というのは特別な思いがあると思います
最後なんで、落合もマツ(松田)も山路もベンチ外もみんな含めて強い思いがあったので、その4年の力は大きいと思います。

―全日へ向けチームとしてやっていきたいことはありますか
これから暑くなってくるんで体力面で、ピッチャーは走りこむので、特に自分なんですけど(笑)。チームとしての課題が暑さ対策も大事だし、攻撃はよくなったので守備をもうちょっと締めていけば大丈夫だと思います。

―全日へ向けて意気込みお願いします
楽しんで、悔いのないようにいい形で終われるようにしたいです。

永田直(サヨナラ死球を選ぶ)

―全日が決まった今のお気持ちはいかがですか
本当にうれしいです。

―2死満塁で打席が回ってきましたがどんな心境で打席に入られましたか
そのときは同点にしてくれてたので、何も考えなかったですね。無心でした。

―結果的に死球となりました
初球に当たりそうなボールが来たんですけど、そのときにキャッチャーが「当てるつもりで攻めてこい」って言ったのを聞いたので、気持ちもうちょっと(ベースに)被せて、当たったらラッキーだな、って気持ちでいたら当たっちゃった感じですね。

―自分の打席でチームの全日を決めたわけですが
いやなんというか、結果的にチームに貢献できたので、よく分からないですけど「よっしゃ」って感じです。

―競り合いの試合を振り返って
そうですね。元々格上の相手だと思って臨んでいたので、競った試合になるとは思いましたけど、意地でも勝ってやろうって。不思議とあきらめる感じもなくて、全員同じ気持ちでやっていたと思います。

―4年生を全日に連れていけましたね
それが一番うれしいです。今4年生は、秋から新チームになっているので、冬もみんなで練習して、すごく引っ張ってくれて、いい先輩だなって。その先輩を全国に連れていきたいのは下級生の思いなので。絶対全国でも勝ちたいと思います。

―全日へ向けやっていきたいことはなんですか
打撃は好調なので、ディフェンスを固めて、ボーンヘッドとか多いチームので、細かいミスをなくしていって、長所のバッティングで勝ち上がっていければと思います。

―全日へ向けて意気込みお願いします
4年生のために優勝したいです。

小野慶典(10回裏に同点に適時二塁打)

―全日が決まった今のお気持ちはいかがですか
本当にチームとして全日出ることが目標だったので、出場決めることが出来てよかったです。

―競り合いの苦しい試合でしたね
苦しい展開だったんですけど、落合さん、松田さん中心に「あきらめないぞ」って気持ちを作ってくださったので、それが結果につながったと思います。

―10回に1死一、二塁で同点タイムリーを放った場面はいかがですか
この試合は引いたら負けてしまう、って今まで試合やってきた中でそういうのがあったので、とにかく積極的にいこう、と思っていてあの場面もゴロ打ったらゲッツーですけど、それでもいい、ってぐらい割り切って立つことができました。

―あの打球はよく伸びましたね
芯に当たったんですけど、食らいついて、泳いだんですけど伸びてくれてよかったです。

―同点となり、ベンチも盛り上がっていましたがあの時のお気持ちはいかがでしたか
正直ほっとしました。

―4年生を全日に連れていけましたね
本当にうれしく思いますし、特に高校からの先輩も多いので、仲良くさせていただいて、僕のこともけがしても、気を使ってくださって、とにかくよかったです(笑)。

―予選会限定出場ということですが
夏に(肩の)手術するのでそのつもりでしたけど、まだ正確には全日に出るかどうかは決まっていませんね。

―今後の小野選手の目標はありますか
出た試合は全部勝つことを意識して、勝ちにつながるプレーができたらと思います。

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み