準硬式野球
 

【準硬式野球】全日本大学選手権予選会2次トーナメント1回戦 対国士舘世田谷 法大打線爆発!毎回得点で全日へ王手!

全日本大学選手権予選会2次トーナメント1回戦
2014年6月14日(土) 対国士舘大学世田谷
法政大学多摩グラウンド

リーグ戦を2位で終えた法大は本日から全日本大学選手権、清瀬杯をかけて予選会へ挑んだ。2次トーナメントから登場の法大は1回戦、新関東リーグ王者の国士舘世田谷と対戦。全国をかけた戦いがいよいよ幕を開ける。

2本の三塁打に4安打の活躍をみせた橘

試合結果

トータル試合結果

 1234567HE
法 大 3 2 2 2 4 4 4 21 22 2
国士世 0 2 1 2 1 0 0 6 5 5

(7回10点差規定によりコールド)

(法大)松田、◯室木-山路、佐藤
(国士世)●田宮-矢崎

[本塁打]法:小野2ラン(5回・田宮)
     国:塚本2ラン(4回・松田)

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球
1 (4) 落合 大泰(法4) 4 2 1 1
2 (8) 甲本 裕次郎(社1) 3 2 0 3
3 (6) 橘 廉(社3) 5 4 4 0
4 (9) 小野 慶典(経2) 6 4 7 0
5 (7) 中村 聖弥(経2) 6 4 1 0
6 (5) 萩原 幹斗(社1) 5 2 1 0
7 (3) 永田 直(経2) 5 2 2 0
8 (2) 山路 脩平(経4) 4 1 0 0
  PH→2 佐藤 裕太(経3) 1 0 0 0
9 (1) 松田 知行(経4) 2 0 0 1
  1 室木 大(経1) 1 1 0 1

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 3 1/3 4 5 3 5
室木 3 2/3 1 2

三塁打:橘(1回)
二塁打:中村2(1回・5回)、萩原(4回)、落合(5回)、橘2(5回・7回)、永田(5回)、小野(7回)
盗塁:永田3(4回・4回・6回)
犠飛:萩原(1回)、落合(3回)、橘(6回)
残塁:9

戦評

 全日の切符をかけて負けられない予選会2次トーナメント1回戦、先制したのは法大。一死から甲本が四球で出塁すると、打席には橘。「つなげようと意識した」という強烈な当たりは右翼線に抜ける適時三塁打となり、1点を先制する。続く小野も適時内野安打でこの回2点を奪う。今日の法大打線は止まらない。2回には2点、3回・4回も2点ずつを追加し試合を優位に進めると、5回。先頭の落合が右越二塁打で出塁すると甲本・橘も続き、迎えた小野の打席。「高く上がってしまった」というも振りぬいたあたりはライトフェンスを軽く越える本塁打に。リーグ戦をけがで不本意な結果に終わった4番が意地を見せた。この回計4点を追加した法大は、その後も追加点を重ね7回までに21得点と、圧倒的な攻撃力を見せつけた。

 一方の投手陣だったが、こちらはピリッとしない。先発の松田は、「ダメな日の典型だった」とコントロールに苦しむ。初回こそ無失点にしのぐも、2回は振り逃げから1点を失うと内野ゴロの間にもう1点返される。3回も1点を失い、4回には先頭に死球を与えると一死から2点本塁打を打たれ、ここで無念の降板となった。後を受けた室木も5回に1点を失うも、6・7回は安定した投球で無失点に抑え、21-6と7回コールド勝ちを収めた。

 今日勝利を収めた法大は決定戦へ進出。そして明日、激戦区の東都リーグを勝ち抜いた国士舘との全日本大学選手権をかけた一戦を迎える。負けたとしても清瀬杯の出場が決まるが、松田は「全日に行かないと意味がない」とコメントし、全力で勝ちに行くことをここに宣言した。日本一へ向けて絶対に負けられない1戦がまもなく、始まる。(渡邉大地)

選手のコメント

松田知行(先発するも、惜しくも4回途中に降板となった)

―今日の試合を振り返って
自分の内容に関しては情けないですけど勝ったので。勝ったことに越したことはないので、よかったですけど、内容はひどくてよかったところもあったんですけど悪いところも結構あって、でも明日につながる試合だったとは思います。

―その悪かったというところとは
ケアレスミスというか、リーグ戦が終わって気が抜けちゃってるところがあったり、何週か空いて感覚が戻ってないというのがあって、上手く歯車があっていなくて、自分のサインミスだったりエラーもありましたし、中継間でのミスとかもあってそのあたりがなくなってくると失点も少なくなるだろうし、締まった試合になったと思います。

―逆によかったというところは
ミーティングで話した次の塁を狙う姿勢だったり、なんだかんだ打ったというのが一番で、どんな投手であれ毎回得点はいいことですし、毎回気持ちを切らさずに攻撃できたのはよかったです。

―その毎回得点で打線に繋がりが見えましたね
5連打とかもあって、線にはなっているとは思います。あとは、明日とか厳しい試合になるとは思うんですけど、そういったときに1本出せるかどうかなのでそういったことを意識したいです。

―松田選手自身の投球内容について
今日はダメな日ですね。ダメな日の典型というか、コントロールが悪くて生命線のシュートが右打者に投げられなくて、自ら首を絞めてカウントを悪くして、ストライクを取りに行った球を打たれてという悪循環でした。

―その悪循環でサインミスも起きてしまったのですか
そうですね。立て続けにやってしまって、久々にこんな悪かったです。調子も悪くて点も取られて。調子良くて点は取られるってことはよくあったんですけどね。

―今日勝って清瀬杯は決まりました
清瀬杯が目的ではないので。全く意味ないという訳ではないですけど、全日にいかないと意味がないので。やっぱり勝って全日に行きたいです。

―明日の相手は国士舘ですけど、イメージとかありますか
自分が入学して勝ってないと思いますし、去年の関東大会で自分が先発してやられているので因縁ではないですけど、全日の切符が懸かってるところでは因縁の相手なので。でも自分達は自信があるので、やってきたことを出せれば勝てると思います。

―意気込みをお願いします
4年間の集大成が明日にすべて懸かってると思うので全力で勝ちに行きます。

橘廉(先制タイムリーを放つなど4安打の活躍)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
自分たちは、今日みたいに(波に)乗れるとけっこう調子良いんですけど、そうじゃないとき、接戦とか0-0のときにきっかけをつくれないんですが、明日はそういう試合になると思うんで、そこでチャンスをつくるきっかけになれたらいいなと思います。

―よくバットが振れていましたね
みんな調子良かったんで、そういう流れもあったと思うんですけど、逆方向意識したりとか1人ずつ役割を感じていたんだと思います。

―先制タイムリーについて
とりあえずつなげようって意識でやって、それがぎりぎり入ってくれました。

―清瀬杯が決まりました
ここまできたら岡山をねらって、全国で勝つためには明日も圧倒的に勝たないといけないと思うので、しっかり勝ちたいです。

―明日の対戦相手、国士館大の印象は
良いメンバーが揃っていて、バッティングがすば抜けてるかなと思うんでピッチャーがしっかり抑えつつ、それを助ける意味でも自分らは打てたらいいなと思います。

―最後に意気込みをお願いします
明日は今日以上にしっかり結果出せるように、みんなで頑張っていきます。

小野慶典(けがを抱えながらも本塁打を放つ)

―今日の試合振り返っていかがでしたか
勝てて良かったです。

―よくバットが振れていましたね
練習の成果だと思います。

―ケガから久しぶりのスタメンでしたが
ケガして(試合に)出てなかったんですけど、感覚が鈍ってなかったんで良かったです。

―ケガは完治しましたか
いや、今回は予選会限定というかたちで出ました。全日は手術があるので出られないんです。

―今日のホームランの感触は
高く上がっちゃったんですけど、入って良かったです。

―清瀬杯が決まりました
みんな北海道行きたがってて、僕も行きたかったんですけど、たぶん行けないので、明日打ってみんなに岡山行ってほしいです。

―明日の対戦相手、国士館大の印象はいかがですか
たぶん1点2点勝負の戦いになってくると思うんで打てたらいいなと思います。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み