準硬式野球
 

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早大2回戦 魅せた法政の底力!逆転サヨナラで優勝へ望みをつなぐ!!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早稲田大学2回戦
2014年5月11日(日)
法政大学多摩グラウンド

初戦を落として迎えた本日の早大2回戦。この試合で負けると勝ち点を落とし、優勝がなくなる法大は今季5勝を挙げている末次慶一郎(経2)が先発。試合は終盤に白熱した展開をみせる。

同点打を打った萩原はガッツポーズ!

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 0 0 0 9 3
法 大 0 2× 13 2

(法大)末次、安本、○阿部(1勝)-山路
(早大)向江、大河原、●河合-松下

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球
1 (4) 落合 大泰(法4) 1 0
2 (8) 甲本 裕次郎(社1) 4 1 1 0
3 (6) 橘 廉(社3)
4 (7) 中村 聖弥(経2) 0
5 (5) 萩原 幹斗(社1) 0
6 (3) 永田 直(経2) 2 0
7 (3) 内川 慶一(経2) 0
8 (2) 山路 脩平(経4) 1
9 (1) 末次 慶一郎(経2) 3 1 0 0
  1 安本 剛史(スポ4) 0 0 0 0
  H 佐藤 裕太(経3) 1 0 0 0
  1 阿部 春太郎(経3) 0 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次 7 0/3 8 5 5 5
安本 1 1 0 0 0
阿部 1 0 0 2 0

二塁打:末次(3回)、内川2(4回、8回)、永田(6回)
犠打:萩原(2回)、甲本(9回)
犠飛:永田(9回)
併殺:1(9回)
残塁:9

リーグ戦経過(5月11日現在)

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率順位
○●○ ●○○   ●○ ○●○ 11 7 4 3 .636 2
●○● ○○ ◯●   ○○ 9 6 3 2 .667 3
◯●   ○○ ○●○ ○○ 9 7 2 3 .777 1
  ●○ ○●○ ●○● ○○ 10 6 4 2 .600 4
○●● ●● ●○● ●●   10 2 8 0 .200 5
●○● ●●   ●● ●● 9 1 8 0 .111 6

戦評

 負けたら優勝の可能性が消滅してしまう大一番、先発を任されたのは末次。序盤は丁寧なピッチングで早大打線を寄せ付けない。4回、この試合初めて先頭打者を出塁させるとその後無死満塁のピンチを招いてしまう。しかし、後続を内野フライ3本に打ち取り無失点で凌ぐ。

 一方の打線はというと、2回。先頭の中村がエラーで出塁すると一死二塁とし、永田の当たりはレフト前へと抜ける打球に。そしてレフトがもたついている間に中村がホームイン、1点を先制する。さらに、3回・4回と1点ずつ、6回にも永田と山路の適時打で5-1と、リードを広げて終盤へと差し掛かった。

 末次は7回に味方のエラーも絡み2点を失うと、球数が100球を超えた8回につかまる。初球を狙い打ちされ、三連打を浴びる。ついに1点差となり、安本にスイッチする。代わった安本だったが、後続にスクイズを決められついに同点。さらに、二死二塁から左前適時打を浴び逆転されてしまう。この流れを断ち切ろうと、9回からは阿部が登板。2つの四球を出すもダブルプレーでこの回を守りきると、迎えた9回裏にドラマが待っていた。

 先頭の落合が左前安打で出塁すると、ここから一死満塁の一打逆転サヨナラのチャンスを作り出す。ここで打席に向かうのは、今日チームで唯一無安打の萩原。「(無安打に)嫌な感じもあった」と言うが、初球を振り抜いた打球は内野の間を抜け適時打に。土壇場で同点に追い付く。なおも満塁のチャンスで続く打席には、今日3安打と絶好調の永田。1ボール1ストライクからの3球目を上手く外野まで運び、サヨナラ犠牲フライで法大は優勝に望みを繋ぐ1勝をもぎ取った。

 優勝のためには勝ち点を取るしかない。そんな瀬戸際で生まれた本日の逆転サヨナラ勝ち。チームには今最高の勢いがついている。この勢いそのままに早大との勝ち点を懸けた最終第3戦へ臨んでいく。(渡邉大地)

 

選手のコメント

落合大泰(副将は9回、サヨナラの起点となる安打)

―今日の試合を振り返って
もう本当に勝ててよかったですね。いい試合運びだったんですけど、無駄な失点もあって、そういうのも絡みながらも勝てたんで、修正点がある中で勝てたのと勝ち方も明日につながると思うので最終的にはいい勝ち方ですね。ずっと2勝1敗できているので明日も食らいついて勝ちたいと思います。

―負けたら優勝がなくなる試合でしたがどんな意気込みでしたか
ずっと絶対負けられない気持ちでしたね。初戦落として、でもずっと2勝1敗で食らいついていく野球、絶対あきらめない野球を貫いてきたので、そういう気持ちで「絶対2勝1敗にしよう」「とりあえず今日とろう」って気持ちでみんなやっていると思います。

―9回は先頭打者として打席に入りましたね
今日は4打席打てていなくて、でも僕はあまり打てていなくても気持ちをもっているタイプなので、最後もいつもより数段バットを短く持って本当に「食らいついていこう」って気持ちで、2ストライクと追い込まれましたけど、そういう気持ちが結果につながったと思います。そういう気持ちが大事なんだなって思って、より一層チームのためのバッティングをしていきたいです。

―今日の下位打線がよく機能しましたね
チームとしても得点源が増えたと思うので、また僕ら上位もいつも通り結果を残して、下位もつながれば、どこからでも点がとれる打線になるのかなって思って、今日で下位打線のメンバーも自信になったと思います。ずっと結果が出なかった永田に結果が出たので、それで一気にチームの勢いがつきましたね。

―このサヨナラ勝ちでチームの雰囲気もかなり上がってきてると思います
そうですね。かなり上がっていますね。優勝は目の前という段階で、勝ち点をとってる早稲田を相手にこの勝ち方はかなり勢い付いて、昨年の早稲田戦もサヨナラ勝ちしていて、今回も同じ場面で、1点差で決まって、気持ちよかったです。

―明日の3回戦へ向けて一言お願いします
勝ちます!!!

永田直(サヨナラ犠飛に加えて3安打2打点)

―今日の試合を振り返って
勝ててよかったです。

―一打サヨナラの場面で打席に入りましたがどんな心境でしたか
調子があがってきていて、同点にもなっていたので自信を持って、「決めてやる」って思いでした。

―サヨナラが決まった瞬間は
やっとチームに貢献できたかなって、今まで全然ダメだったので、やっと貢献できました。

―今日はタイムリーを含む3安打の大活躍でした
前カードの慶應戦は全然ダメだったんですけど、色んな人に声をかけていただき、平日の練習でうまく修正できた結果だと思います。

―今までの不調からこの快音、自信になりますか
もう自信になりますね。あとの明日の試合と立教戦は自信をもって臨めます。

―負けたら優勝がなくなる試合となりましたが
「絶対に負けるわけにはいかない」って昨日からみんなで言っていたので、チーム一丸でした。

―明日の3回戦へ向けて一言お願いします
泥臭くてもいいので、チームが勝てるように頑張りたいと思います。
 

萩原幹斗(起死回生の同点タイムリー)

―今日の試合を振り返って
きつかったです。

―負けたら優勝がなくなる一戦でした
全然分からなくて、がむしゃらにやっていました。

―九回に、満塁の場面で打席が回ってきましたが、どのようなお気持ちでしたか
なめられてるなって。そこまでノーヒットだったので、少し嫌な感じもあったんですけど、打てて良かったです。

―打った後、一塁ベース上で激しいガッツポーズが見られましたが
めちゃめちゃうれしかったので、出ちゃいました。

―4番の小野選手が抜けて、萩原選手がクリーンアップを任されるようになりましたが
小野さんが抜けたのがめちゃめちゃ痛くて、小野さんの代わりになるかわからないですけど、僕はでかいのはないので繋ぐ意識で、クリーンアップっていうことはあまり考えないようにしています。

―明日の3回戦へ向けて一言お願いします
絶対勝ちます!

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み