準硬式野球
 

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早大1回戦 投守が乱れ、六大制覇へ黄色信号

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早稲田大学1回戦
2014年5月10日(土)
上柚木公園野球場

ここまで一つの勝ち点を取りこぼさず、3カード終えて勝ち点3の法大。今日からは同じ勝ち点3で並ぶ早大とのカードである。勝ち点を取れれば首位浮上となるこの大一番、法大は前年の春王者にどんな野球で挑んでいくだろうか。

好調の山路は本日3安打で7打席連続安打まで記録を伸ばした

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 2 3 0 0 0 5 11 2
早 大 1 0 2 0 5 1 0 0 × 9 10 2

(法大)●松田(2敗)、安本、室木、阿部-山路
(早大)○河合、沼座-松下

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球
1 (4) 落合 大泰(法4) 3 1 1 2
2 (8) 甲本 裕次郎(社1) 4 1 1 0
3 (6) 橘 廉(社3) 5 2 1 0
4 (7) 中村 聖弥(経2) 5 2 0 0
5 (5) 萩原 幹斗(社1) 5 2 0 0
6 (3) 永田 直(経2) 3 0 0 0
7 (3) 内川 慶一(経2) 3 0 0 1
8 (2) 山路 脩平(経4) 4 3 1 0
9 (1) 松田 知行(経4) 2 0 0 0
  1 安本 剛史(スポ4) 0 0 0 0
  H 佐藤 裕太(経3) 0 0 0 1
  1 室木 大(経1) 0 0 0 0
  H 佐野 健太(社3) 1 0 0 0
  1 阿部 春太郎(経3) 0 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 4 2/3 6 2 0 1
安本 1/3 2 0 2 1
室木 2 2 0 1 1
阿部 1 0 1 0 0

二塁打:中村(2回)
盗塁:萩原③(6回)
犠打:永田(4回)、甲本(5回)
暴投:室木(6回)
残塁:9

リーグ戦経過(5/10 現在)

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率順位
○●○ ●○○   ○●○ 10 6 4 3 .600 2
●○● ○○   ○○ 8 6 2 2 .750 3
  ○○ ○●○ ○○ 8 7 1 3 .875 1
  ○●○ ●○● ○○ 9 5 4 2 .555 4
○●● ●● ●○● ●●   10 2 8 0 .200 5
●○● ●●   ●● ●● 9 1 8 0 .111 6

戦評

 先発のマウンドに立った松田は立ち上がりからピリッとしない。初回は先頭打者に出塁を許し、得点圏まで進められると、あっさり先制の適時打を浴びてしまう。3回は味方の失策から2本の適時打に繋がる不運な形もあり、序盤3回で3点のビハインドとなってしまう。

 反撃したい打線は今季リーグ戦4勝を挙げている河合に対し幾度となくチャンスを作る。しかし、2回二死満塁で松田が右飛、4回は一死二、三塁も内川の強烈なライナーが野手の正面をつき併殺になるなど点には結びつかない。ようやく5回に相手バッテリーエラーと橘の中前適時打で2点を返し、反撃開始かと思われた。

 5回裏、試合は大きく動く。またもや失策からピンチを招くと、連打で1点を追加されてしまう。ここで松田は降板。安本へとスイッチするが、満塁とピンチを拡大すると、8番打者に走者一掃の左翼戦への適時三塁打を浴びてしまい、この回一挙5点。試合は一気に早稲田ペースになってしまう。

 打線は3点を返すも、逃げ切られそのまま敗戦となった。失点の多くは守備の乱れが起点になるなどグラウンド状態の悪さに選手が適応できない結果となってしまった。それでも、主将松田は「次に繋がる試合」と前向きにとらえた。特に打線の繋がりが見えたのは光明だ。6回、四死球を挟んで3連打で得点するという今まで淡白に点を取っていた形とは異なる。主砲の小野が負傷しているが、萩原の3試合連続の複数安打、山路は連続安打は止まったものの2試合連続猛打賞とこの二人を中心に当たりが出ているのはリーグ終盤に入って心強い。
 法大は初戦こそ落としたがここまでとった勝ち点にストレートはない。全て2勝1敗だ。法大ナインは負けを受け入れ、向かい合い、それを糧にして勝ってきた。今回もその再現となれるか。優勝へ向け、もう負けられない。(芳野史征)

選手のコメント

松田知行(先発するも5回持たず)

―今日の試合を振り返って
悔しい気持ちはもちろんあるんですけど、自滅だったかなと思います。自分たちで自分たちの首を絞めていたなと今日の試合思いました。

―大量失点となってしまった5回については
あそこは自分が続投でもいけたんですけど、いつも継投が遅くてミスしてきているので、そこはしょうがなかったと思いますね。あそこがなければ勝っていたかも、っていうのはあるんですけど、逆にあれがなければ点が入っていたかも分かりませんし、そこはプラスに考えるしかないので。今日は負けましたけど次に繋がる試合だと思います。プラスに考えています。

―失点は守備の乱れから入ってしまいました
そうですね。試合前から「グラウンドがボコボコ」って言っていて、ある程度は覚悟していたんですけど、あそこまでポロポロされると厳しかったですね。

―ご自身のピッチングの振り返っていかがでしょうか
結果論で、あれがもしエラーしていなかったら、とか考えるのは違いますけど、いらない失点が多かったんじゃないかと思って、調子もよくはなかったんですけど、悪いなりにまとめていたとは思うんですけど、ああやってズルズル点をとられるのはダメですね。

―打線は6回、いい繋がりを見せました
それが今日の収穫だったと思うところで、野手は本当に打ってくれて、5回、6回は本当によくて、ピッチャーが踏ん張れなかったのが今日の原因ですね。なので、次は1‐0とかでピッチャーの力で、いいピッチングをして勝ったという試合を作れたらいいと思います。

―明日へ向けて一言お願いします
勝つしかないので、明日負けたら勝ち点も落としちゃいますし、優勝もかなり厳しくなると思うので、なんとしても勝つことを最優先でいきます。その中で自分たちが納得できるいい試合、ピッチャーが抑えて打線が繋がって点が入る、そういった試合になれば3戦目にも繋がると思いますし、明日勝つことは最低条件で3日目に繋がる試合ができればと思います。

山路脩平(10打席連続出塁及び7打席連続安打に記録を伸ばす)

―今日の試合を振り返って
野手は点がとれていたと思うんですけど、投手陣が多く失点してしまったのでそこが敗因で反省点です。

―リード面で意識していたことはありましたか
いえ、いつも通りやっていたんですけど、ピッチャーの細かいコントロールだったり、球のキレがちょっとなくなっていたので厳しかったです。

―早稲田打線の印象はどうでしたか
足の早い左打者がいて、長打を打つ選手はそんなにいない印象です。明日以降は対策して抑えたいなと思います。

―この試合で7打席連続安打としましたが打撃の調子はいかがですか
調子自体はいいと言えばいいんですけど、ラッキーな当たりもあったので、でもしっかり練習した成果だと思います。

―出塁だけだと10打席連続出塁です
自分の打順は8番なので、次の打者がピッチャーであることを考えると自分が出塁すれば上位に回ってくるので、その点で毎回出塁ができているのは仕事ができているなと感じます。

―明日に向けて一言お願いします
今日は投手陣が崩れて、点をとられてしまったので、明日はしっかりバッテリーで対策をしてできるだけ少ない失点で抑えていけるようにしたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み