【準硬式野球】秋季リーグ戦 VS明大2回戦 全員野球!!明大倒し完全V!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2012年10月21日(日)VS明治大学2回戦
法大多摩グラウンド

明大との1回戦は大差で勝利した法大。連勝して完全優勝を狙う、2回戦の先発は2年生の松田(経2)だ。立大戦以来の約3週間ぶりの先発で、本人も緊張したというが1回戦同様、大量援護もあり勝利投手に。そして、法大は完全優勝を成し遂げた!

春秋連覇達成!完全V

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 4 0 1 0 7 0 1 1 0 14 18 1
明 大 0 0 2 0 0 0 0 2 1 5 9 3

(法大)○松田(1勝1敗)、安本‐佐藤
(明大)●中村、赤尾、小出‐滝沢、伊藤
[本塁打]法:茨田3号3ラン(5回・中村)

メンバー

打順位置選手
1 (6) 橘 廉
2 (4) 鈴木 捷平
  PH 舟木 大河
  4 坂元 頌
3 (8) 宮川 拓実
  7 西村 晋作
4 (3) 茨田 桂太
5 (7) 大塚 直
  PH 宇賀神 勇人
  7→8 縣 悠太
6 (9) 木村 直弘
  9 横山 翔
7 (5) 阿久津 航太
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 松田 知行
  PH 山路 脩平
  1 安本 剛史

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率順位
○○ ○○ ○●○ ●○○ ○○ 12 10 2 5 .833 1
●● ○●● ○●○ ●● ○●○ 13 5 8 2 .384 4
●● ●○○ ●○○ ●○○ ○○ 13 8 5 4 .615 2
●○● ●○● ○●● ●● ○○ 13 5 8 1 .384 5
○●● ○○ ○●● ○○ ○○ 12 8 4 3 .666 3
●● ●○● ●● ●● ●● 11 1 10 0 .090 6

戦評

 前日の勢いそのままに法大は初回、先頭の橘(社1)が四球で出塁すると、2番・鈴木(社4)がすかさず送りバントで1死二塁。続く3番・宮川(経3)が1ストライクからの2球目をセンターにはじき返し、先制タイムリーヒット。今日も法大が先制する。さらに、4番・茨田(スポ3)もヒットでつなぐと、2死から6番・木村(経4)、7番・阿久津(社4)の連続タイムリーでさらに3点を加えてこの回打者一巡の猛攻を見せる。3回には、相手のエラーに付け込んで1点を奪い、序盤で大量リードを奪う。 一方、法大先発の松田は、「初回は特に集中した」と、テンポのいい投球で1回2回を無難に乗り切る。ところが3回、「もったいない。なければよかった」と振り返るように1死から四球を与えると、続く打者にツーベースヒットでつながれ、1死二、三塁と初めてピンチを迎える。ここでショートゴロに打ち取るも、その間にランナーがホームに還り、1点を返される。その後、さらにヒットを打たれ1点を失うが、このピンチに相手の4番打者をサードゴロに打ち取り何とか切り抜けた。松田は、この回以降序盤のような危なげない投球を見せ、「試合は作れたと思う」と終わってみれば、7回を105球、被安打3、与四死球3、2失点と先発の役目をしっかりと果たした。 3点差に迫られ、早いところ追加点がほしかった法大は5回、好調の打線が再び目を覚ました。1ヒット1エラーのあと、送りバントで1死二、三塁とすると、ここまで2安打の佐藤(経1)が猛打賞となるヒットで1点追加。続く松田の打球はライト線への大きなあたり。惜しくもファールフライとなるも、犠牲フライには十分。下位打線で計2点を取って、なお2死三塁というチャンスが続き、1番・橘のタイムリー、鈴木に代わる代打・舟木(社3)もヒットでつなぎ、宮川のタイムリーツーベース、最後は4番・茨田のライトスタンドに一直線に伸びる特大アーチで、この回一挙7点、7回、8回にも1点ずつを挙げ、勝利をほぼ決定づけた。 8回からは2番手の安本(スポ2)が登板。先頭打者を打ち取るも、その後3連打と犠牲フライで2点を奪われてしまう。安本はそのまま9回も続投。2死までは簡単に取るも、ここでソロホームランを許し、結局2回を5安打、3失点と少々課題が残るピッチングとなってしまった。 法大の優勝が決まって迎えた明大戦だったのだが、2試合とも二桁得点と、今季好調だった打線が最後までその威力を発揮した。春・秋連覇というのは、そう簡単に実現することではないが、選手たちの絶え間ない努力の積み重ねによって生まれた結果であることには間違いない。リーグ優勝をした法大は、6大学を代表して関東王座に進む。エースの大谷(スポ3)を中心とした投手陣に、この強力打線がうまくかみ合えば必ずやいい結果が生まれるであろう。法大ナインの勇姿は最後の最後まで見逃せない。(渡邉 大地)

選手のコメント

鈴木(チームをまとめ上げた)

―今日の試合を振り返って
明治戦に向けて打撃中心に練習してきたので、その打撃が調子よくていい形で終われたかなと思います。―いつもと違い明治との試合が圧勝でしたが
みんなしっかり振れていて初回に点を取れたのが大きいと思います。

―春秋連覇の感想は
最高に嬉しいです!

―要因は何だと思いますか
チームのまとまりですかね。チームみんな仲良いので。

―リーグ戦全体を振り返ってどうでしたか
まだまだ細かいミスが多いので、それを関東王座までに修正して、いい形で終わって来年の新チームに伝わってくれればいいかなと思います。

―細かいミスと言うと
四死球などバッテリーミスが多いので。

―リーグ戦4年間で思い出の試合は
(今年の)春の明治との優勝決定戦ですかね。

―関東王座に向けて
4年生は最後になるので悔い残らず思いっきり出来ればいいかなと思います。

松田(最終戦に今季初勝利)

━今日を振り返って
前回投げた立大戦が悪かったので今日は緊張していました。初回だけ集中して、あとはなるようになると思ってました。初回の4点がすごくうれしかったです。それでなんとか試合は作れたと思います。ただ、3回の失点は相手の投手への四球からだったのでなければよかったと思います。

━明大に連勝して完全優勝ということですがお気持ちはいかがですか
明大に大差で勝てるとみんな思っていなかったし今日は接戦になると言っていました。援護があったのですごい助かりました。完全優勝、勝率も気にせず勝ち点だけでの優勝は僕も大学入って初めてでうれしいです。

━約3週間ぶりの登板となりましたが特に意識したことはありますか
調子はずっとよかったんですけどうまく噛み合わなくて、噛み合えば抑えられると思っていました。調整はしっかりできていたので、よけいに今日は緊張しました。

―改めてこのリーグ、優勝ということで振り返ってみてどうですか
東大はいいにしろ、早大戦で勝ち点をとれたところから波に乗れて優勝につながったと思います。最後にはみんなで完全優勝しようと言っていたので実現してよかったです。

━最後に関東大会にむけて一言お願いします
関東大会は連戦になってくると思うので、大谷さんだけではなく、2番手3番手の僕とか安本さんが大谷さんをサポートというわけではないけど、大谷さん以上に頑張れれば勝てると思います。

茨田(今季3本目の本塁打を放つ)

-今日の試合を振り返って
4年生の最後のリーグ戦で有終の美を飾れて良かったと思います。

-今日勝って完全優勝ということになりましたが
夏の全国大会で悔しい思いをして、しっかり練習した結果(来年の)春季、そして次の全国に繋がる結果を残すことができたと思います。

-今シーズンのご自身のバッティングについてはどう感じていますか
最初の東大戦の頃は悪かったんですけど、その後修正できて、最後いい状態に仕上げてこの明治戦に臨むことができたと思います。

-春に比べて守備のミスが減ったように見受けられましたが
全国では自分のミス絡みで失点をしてしまったので、ノックで意識的にバント処理の練習を取り入れたりしました。最終的にエラー0で終われたので良かったです。

-関東王座に向けて
4年生が本当に最後になってしまうので、1日でも長く出来るように全員で頑張りたいです。

木村(4打数4安打の活躍)

ー今日の試合を振り返っていかがでしたか
昨日は大勝だったので、今日は接戦をものにすると思っていましたが、序盤から大差のリードが奪えて、楽な気分で試合ができました。

ー4安打と大活躍でしたが、バッティングの調子はいかがですか
すごくいいですね。昨日はあまりふるわなかったので、今日は最後の試合だと思って臨みました。それがいい結果になってよかったです。

ー今日で完全優勝が決まりましたがお気持ちは
最高にうれしいです!準硬式野球は学生野球なので4年生の結果がすごく大事で、高校野球よりも自分たちがチームに影響を与えているのが大きいと思うので、この優勝、連覇は本当にうれしくて、最高の思い出になりました。

ー秋のリーグ戦の戦いぶりを振り返ってどうでしたか
初戦の東大ととても苦しい試合をして、そこでみんな目が覚めたと思います。ここから勝たなきゃつまらないし、毎年秋は全国大会がないからモチベーションが上がらないですけど、勝つことによってチームがまとまって、その結果が今回の完全優勝につながったと思います。

ー4年間を振り返っていかがですか
大学のレベルの高い中でやってきて、最初は試合に出れない悔しさがたくさんありましたけど、それでも3年生ぐらいに自分には代打というポジションがあるんだということに気づいて、そっから高い意識を もってやっていけました。あとうちのチームは先輩後輩関係なく仲がよくて、後輩にも恵まれましたし、最後まで野球やってくれた同級生の鈴木や阿久津、金子、津村、その4人にはほんと感謝しています。

ー関東王座への意気込みをお願いします
試合には出ないですけど、ベンチを盛り上げていって、全国大会優勝した中央大学に勝って、締めたいと思います。

阿久津(関東王座での活躍に期待がかかる)

ー今日の試合を振り返って
内容はそこまで気にせず、4年間の集大成というか・・・楽しくやれればいいと思いました。

ーリーグ戦最終戦でしたが
自分の結果は全然満足するものではなかったですけど、チームとして春・秋連覇できて嬉しいです。

ー胴上げはいかがでしたか
下級生らしいサプライズで、本当良い奴らだと思います。(笑)

ー4年間振り返って(個人について)
試合には2年の春から出始めて、3年間準硬で出続けられたのは誇りに思っていますし、こうやってすごい良い仲間と巡り合えたのも嬉しく思っています。

ー4年間振り返って(チームについて)
本当個性のある奴ばっかりで、話してても楽しいですし、できればこれから先大人になっても付き合っていきたいなと思っています。

ー後輩に伝えたいことはありますか
今まで本当にありがとうというのが一番大きいです。これから3年生はあと1年なんで、悔いの残らないように、全日とか優勝できると思うので、僕らの代で出来なかった分、全日優勝してほしいです。

ー関東王座に向けて
関東王座は本当にラストで、多分、鈴木と俺と金子が出ると思うので、その3人でリーダーシップをとって、最後できれば中央大と決勝であたって思い出に残る試合にできればなと思います。

佐藤(1年生ながら今年全試合フルイニング出場)

―今日の試合を振り返って
昨日のバッティングの調子の良さが今日も出て、先取点を取ってゲームを楽に進められましたね。

―今日は4安打はでしたが
自分は捕手として(打席に)入っているのでボールを張ったりしなくちゃいけなくて。来た球勝負で打てるバッターじゃないんで。来た球をフルスイングしているだけです。

―今日明治に勝って完全優勝を達成しました
全部のチームから勝ち点を取って法政が一番強いというのを証明できてよかったです。勝ちたいという気持ちをぶつけました。

―優勝はどうやって知りましたか
(鈴木)捷平さんのメ―リスでチーム全員に送られてきて知りました。

―空き週で優勝が決まったことについては
自分たちが勝って決まるっていうのも良かったんですけど、最後の一戦が気を楽にして臨めたので。

―春秋を通して一年間フル出場を果たし、自身で成長したと思う点はありますか
(リードに関して)高校の時はアウトコース中心の攻めだったんですけど、大学入ってからは明治の伊藤さんとかがインコースをけっこう使っていて、インサイドワークを盗ませてもらいました。

―課題はみつかりましたか
次の打者のことを読んだりしているんですけど、(読みが)甘いというか、まだまだですね。

―高校の時とは形式が違う大学のリーグ戦で、調整の難しさなどはありましたか
高校は試合が始まると短いスパンで終わってしまうのに対して、大学は長いので。一週間という限られた時間のなかで次の試合に向けて課題に取り組めたり、反省する時間が高校よりあって、時間を有効に使うことが出来ました。

―秋のリーグで印象に残っている試合はありますか
東大ですかね。初戦(チームの開幕戦)で最後まで接戦だったのが。でもやっぱり明治とのこの試合は、春は負けちゃっていて、こんな大差で勝てることはないと思うので、大きいですね。

―関東王座への意気込みをお願いします
やるからには負けていい試合はないので。勝ちにこだわって、明治戦どうように全力で臨みたいですね。

宮川(3打数2安打の活躍)

ー今日の試合を振り返って
今日は本当に4年生の力が大きかったと思います。最後に勝てたのは大きいですね。

ーリーグ戦最終戦でしたが
4年生に全勝優勝という形で終わって欲しかったので、貢献できるようにと思っていました。

ータイムリーも2本出ましたが、バッティングについては
良かったです。これからも打っていきたいと思います。

ー秋季リーグ戦を振り返って
打てる試合と打てない試合がはっきりしていたので、全試合で貢献できるようにしていきたいです。

ー完全優勝を成し遂げましたが
4年生に気持ちよく終わって欲しかったですし、いい思い出ができたと思います。

ー関東王座に向けての意気込みを
この調子を維持してやっていきたいです。頑張ります!

津村(4年生としてチームを支えた)

ー4年間を振り返ってみてどうでしたか
本当にあっという間でした。一瞬で過ぎていきました。

ー印象に残っている試合はありましたか
試合は特にないのですが、今回、全日に行けたことは本当に良かったです。

ーでは、日々の練習で記憶に残ってることはありますか
日々の練習では、ポールとポールの間を30週したのがすごくきつくて、忘れられないです。
でも、仲間といつもお喋りしていたり、毎日楽しかったなと思います。

ー法政のチームの雰囲気はどのような感じでしたか
普段はふざけあったりして、ゆるい雰囲気なのですが、決めるときは決めるって感じですかね。
僕は法政のチームが大好きです。

ーこれからのチームに期待することをお願いします
とにかく勝ちつづけていってほしいです。

 

フォトギャラリー

  • 10211春秋連覇達成!完全V
  • 10212試合を作った松田
  • 10213茨田は今季3本目の本塁打
  • 102144打数4安打の木村
  • 102151年生ながら大活躍の佐藤
  • 10216最後を締めた安本
  • 10217指示を出す主将・鈴木
  • 10218今季初出場の山路
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み