準硬式野球
 

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対明大2回戦 悪夢の8回 逆転負けで決着は第3戦へ

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対明治大学2回戦
2014年4月20日(日)
早稲田大学東伏見グラウンド

前日の試合は逆転勝ちし、勝ち点へ王手をかけた法大。本日の2回戦は先制に成功し、中盤にも追加点を奪い、優位に試合を進めたが、試合は前日同様、終盤に動きが出る。

8回に投手陣が崩れ、逆転を許した

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 1 0 0 3 8 0 12 15 2
法 大 2 0 0 4 0 0 0 0 0 6 13 1

(法大)末次、阿部、●安本(1勝1敗)、室木-山路
(明大)菊池、渡辺(誠)、〇篠原、赤尾-吉田

[本塁打]小野5号2ラン(1回・菊池)

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球
1 (4) 落合 大泰(法4) 5 3 1 0
2 (8) 甲本 裕次郎(社1) 3 2 0 1
3 (6) 橘 廉(社3) 5 2 0 0
4 (9) 小野 慶典(経2) 4 2 3 1
5 (7) 中村 聖弥(経2) 5 1 0 0
6 (5) 佐藤 裕太(経3) 4 0 0 0
7 (3) 永田 直(経2) 4 2 0 0
8 (2) 山路 脩平(経4) 3 0 0 0
9 (1) 末次 慶一郎(社2) 3 1 0 0
  1 阿部 春太郎(経3) 0 0 0 0
  1 安本 剛史(スポ4) 0 0 0 0
  1 室木 大(経1) 1 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次 6 0/3 9 7 4 4
阿部 1 0/3 1 0 1 2
安本 0/3 4 0 2 6
室木 2 1 3 4 0

二塁打:小野(4回)、永田(8回)
盗塁:落合④(2回)、小野②(3回)
犠打:甲本(1回)、山路(4回)
暴投:安本(8回)
併殺:1(7回)
残塁:8

戦評

 この試合、先制したのは法大だった。初回、先頭の落合が中前安打で出塁すると二死三塁とチャンスを拡大、ここで打席には今季すでに4HRの4番・小野。2ボール1ストライクからの4球目、小野がとらえた打球はライトスタンドへ一直線、打った瞬間にホームランと確信できる今季5号を放ち、幸先よく2点を先制する。

 法大の先発は末次。ボール先行の苦しいピッチングが続くも、3回までは要所をしめるピッチングで無失点にしのぐ。しかし4回、一死二、三塁のピンチを招くとバッテリー間のミスにより1点を返される。その後再び一死二、三塁とされるも、後続を連続三振に仕留め、この回を最少失点で乗り切る。
 法大打線はその裏、一死一、三塁のチャンスで迎えるは1番・落合。6球目の甘い球を逃さずレフトに弾き、1点を追加。続く甲本は、相手の意表をついたセーフティーバント。これが内野安打となり、さらに送球エラーも加わりこの間に二者がホームイン。4番・小野にもフェンスオーバーまでもうひと伸びという適時二塁打がでてこの回合計4点をとり、6‐1。試合は完全に法大優位と思われた。

 雲行きが怪しくなってきたのは、7回からだった。末次は先頭に死球を与えると、ここから三連打を許し3失点、そして再び死球を与えたところで降板となった。代わった阿部は、4番に犠牲フライを打たれるも後続をダブルプレーに仕留めこの回を何とか乗り切る。

 そして迎えた8回、阿部は続投。しかし、先頭打者をいきなり四球で出すと、続く明大のルーキー・多々野に手痛い一発を浴び、ついに同点に追いつかれる。ここで法大は、昨日の明大1回戦にてロングリリーフで活躍した左腕・安本を急きょ投入。しかし、勢いづいた明大打線を止めることはできなかった。続けざまにヒットを許し、さらに四死球が絡み、打者6人に対し1つのアウトもとれずにまさかの降板、代わった室木も2本の犠牲フライを打たれ、終わってみればこの回8失点。まさに”悪夢の8回”だった。

 その後8回、9回とチャンスを作った法大打線だったが、八回表の8点が重くのしかかったのか、点に結びつくことはなく6‐12で試合終了となった。

 試合終了後、「悔しい、悔しすぎます。」と落合は語った。一時5点差をつけて勝っていただけに、この敗戦は痛い。しかし切り替えて明日の第3戦に臨もうと、投手陣は試合後長々とミーティングを行っていた。明日の第3戦は、リーグ制覇には絶対に負けられない一戦となる。法大ナインは、勝ち点奪取のため「泥臭く」、総力戦で臨むつもりだ。(渡邉大地)

選手のコメント

落合 大泰(3安打の猛打賞)

―今日の試合を振り返って
悔しいです。悔しすぎます。本当は2戦で終わらせたくて、その意気込みでやって初回とって中押しでっていったんですけど、6‐1をひっくり返されて悔しくて、明日勝つしかないですね。

―5点差を逆転されましたが、何がいけなかったとかありますか
1戦目で松田が怪我してしまって、何とかして末次を引っ張って継投をどうするかだったんですけど、実戦を積んでないピッチャーもいるなかで、経験が浅いときに一気にもっていかれちゃったのと、前の日に安本も長いイニング投げてたりして、野球はタイミングとか間のスポーツだと思ってるんですけど、投手がそれにのまれてしまったかなと思います。決して途中で諦めたり、投げ出したりした試合ではなくて、流れでもっていかれちゃったって感じです。

―明日に向けて
背水の陣というか、勝ち点取るしかないので、なんとしても明日勝って、どんなかたちでも格好悪くてもなんでもいいので泥臭く、勝ちにいきます。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み