準硬式野球
 

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東大3回戦 4番小野が3HRの大爆発!勝ち点を掴む!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東京大学3回戦
2014年4月14日(月)
早稲田大学東伏見グラウンド

昨日の敗戦によって1勝1敗となり負けが許されなくなった本日の第3戦。この試合、4番・小野慶典(経2)のバットが火を噴いた。

小野(24)を祝福するナイン

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
法 大 2 0 0 0 0 1 1 2 X 6 6 1

(法大)〇末次(2勝)、室木、阿部‐山路
(東大)●吉條‐小林
[本塁打]小野2号2ラン(1回・吉條)、3号ソロ(6回・吉條)、4号2ラン(8回・吉條)、落合1号ソロ(7回・吉條)

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球
1 (4) 落合 大泰(法4) 3 1 1 1
2 (8) 甲本 裕次郎(社1) 3 0 0 1
3 (6) 橘 廉(社3) 4 1 0 0
4 (9) 小野 慶典(経2) 3 3 5 1
5 (7) 中村 聖弥(経2) 4 0 0 0
6 (5) 佐藤 裕太(経3) 4 1 0 0
7 (3) 永田 直(経2) 4 0 0 0
8 (2) 山路 脩平(経4) 3 0 0 0
9 (1) 末次 慶一郎(社2) 3 0 0 0
  1 室木 大(経1) 0 0 0 0
  1 阿部 春太郎(経3) 0 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次 7 2 4 0 0
室木 1 0 1 0 0
阿部 1 1 0 0 0

二塁打:佐藤(2回)
盗塁:落合③(1回)、橘①(3回)
残塁:4

戦評

 第三戦の先発は、第一戦で完全試合を成し遂げた末次。「絶対勝つ」と意気込み、マウンドに立つ。先頭打者を空振り三振に仕留めると、初回をたった8球で終わらせ、その後も東大打線の一巡目をまるで前回の完全試合を再現したかのように完璧に抑える。

 一方の法大打線はというと、3番・4番以外は打順を大きく入れ換えて臨む。初回の攻撃では、この日1番に入った落合が死球で出塁すると、続く甲本の打席ですかさず盗塁。そして二死三塁となり、4番小野を迎える。「先制点はほしかった」と繋ぐ意識で打席に入った小野は、4球目をフルスイングすると打球は右中間スタンド一直線。特大アーチで2点を先制する。しかし、その後は東大・吉絛の前にランナーはだすものの、なかなか得点にむすびつかない。

 先制点をもらった末次は4回、先頭打者に絶妙なバントヒットを許しさらに送球エラーも重なり無死二塁のピンチを迎える。それでも、「(味方が点をとってくれて)楽に投げられた」とこのピンチを切り抜け、7回を64球、被安打2、無失点でお役御免となり後続に後を託した。

 追加点がほしい法大は6回、打ったのはまたしても小野だった。フルカウントで迎えた6球目を再び右中間スタンドまで持っていき貴重な追加点をあげると、7回には落合がレフトスタンドにソロホームラン。さらに、8回に小野の打席がまわってくると、「狙ったかもしれない」という打球はライトスタンドへ。今日3本目となる本塁打で勝利を大きく引き寄せると、末次の後を託されたルーキーの室木が8回を、9回は阿部がしっかりと抑え、法大が勝ち点を掴んだ。

 昨日は東大相手にまさかの1敗を喫した法大ナインだったが、今日の試合では小野がこれぞ4番という働きをみせ、先発した末次も苦手の左打者相手にチェンジアップを効果的に使って抑えるなど好材料もそろった。ただ、落合が言うように淡白な攻撃という不安材料も払しょくされたとはいえない。次週は昨秋の王者・明治戦であるが、リーグ制覇のためには絶対負けられない闘いだ。4番が好調なだけに、打線がいかに繋いで4番にまわすかがカギになってくるだろう。(渡邉大地)

選手のコメント

小野 慶典(1試合3発と勝利に大きく貢献)

―今日の試合を振り返って
とりあえず勝ち点とれたのでよかったです。

―今日は3本のホームランと大爆発でしたね
チームが勝てたので、よかったです。そんなに個人にはこだわってはいないので。

―飛距離も完璧でしたが手ごたえはいかがでしたか
手ごたえは3本とも悪くなかったです。

―初回の一発は得点圏の走者を置いて、先制の場面でしたが、何を考えて打席に入りましたか
先制点はほしかったので、どんな形でもヒットはほしいなと思っていました。

―繋ぐ意識で打席に入ったのですか
そのときは繋ぐ意識でしたね。

―3本の中で狙ったのはありましたか
3本目は狙ったかもしれないですね(笑)。

―早くも4号と昨秋の本数を超えました
個人にこだわらないようにしているんですけど、超えたのはよかったかなと思います。

―次週の明治戦へ向け一言お願いします
秋優勝していて、ピッチャーも赤尾さんがいいので、自分が打つよりはチームが勝てるようにしたいです。

落合 大泰(今季1号ホームランを放つ)

―今日の試合を振り返って
屈辱的な負け方をして、それ(昨日の負け)をいいきっかけにして、これから切り替えてやっていきました。

―落合さん自身、昨日の敗戦のあと、メンバーに何か話をされましたか
普段のおごりというか、相手を見て試合をするのではなくて、自分たちの野球をすれば相手は関係ないです。勝つという方向性はいつも一緒なので、自分たちが弱いということを認めて、プライドもなにもかも捨てて、試合に臨もう、といった感じです。

―そうして迎えた今日の試合は無事勝利となりました
まだ攻撃が淡白です。小野がホームラン打ってくれましたが、そういう単発での得点だったので、これから明治戦や他のチームとやるときに今のままではダメだと思っているので、練習から色んなことをつめていきたいですね。

―落合さんはこの試合のホームランといい、この3連戦当たりが出て、調子がよさそうですね
調子はいいですね。バッティングの調子がとても良くて、このまま調子を維持して、やっぱ、最後の年なのでチームの勝利とベストナインも狙っていて、今までとったことないので最後は獲りたいです。有終の美で、チームと個人二つの面でやっていきたいと思っています。

―今日はスタメンを入れ替えてきましたね
そうですね。ずっと上手くいっていなかったので、3・4番は固定して、自分が1番に入って、松田と色々相談して決めて、やっぱ変えたほうがいいんじゃないかということで変えて、今日の打線よかったんじゃないかと思います。

―次戦は昨年4連敗を喫した明治戦ですが、対策とかはありますか
気持ちしかないですね。今日も言ったんですけど、「野球を楽しむ」のではなくて「勝つことを楽しむ」、それだけを考えています。チームは絶対的なエースがいるようなチームではないと思っているので、今までの法政のイメージではなく、ずっと挑戦者として相手を倒す、勝つ、っていうほうが面白いじゃないかという風な下剋上精神を持って、これから全部やっていきたいです。

―今後に向けて意気込みお願いします
これから全部勝ち点奪います。全ての試合で勝ち点とります。

末次 慶一郎(危なげない投球で2勝目)

―今日の試合を振り返って
昨日負けて、今日は負けられないので絶対勝つっていう気持ちで臨みました。

―前回パーフェクトに抑えた投球に続き、今日も納得の投球だったのではないですか
結果的にはそうですね。でも、まだ手応えというか、内容がよくないかなと思います。

―どういったところがよくないですか
2ストライク追い込んでから甘くいったり、ストレートが抜けてたりしたのが自分的には気になったので、そのあたりですね。

―今日よかったところは
左打者に投げたチェンジアップで三振をとれましたし、そこはよかったと思います。

―味方の援護も大きかったですね
初回で2点をとってもらって、その後も回を跨いで打ってもらって、楽に投げることができました。

―次の明治戦では、苦手とおっしゃっていた左打者が揃っていますが
左打者というより、右も左もいいバッターが多いので、もっとコースとか精一杯投げないといけないかなと思います。

―次戦に向けて
来週も勝てるように、出来れば2試合で終われるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み