準硬式野球
 

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東大2回戦 追い上げ届かず、東大に敗北・・・

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東京大学2回戦
2014年4月13日(日)
法政大学多摩グラウンド

開幕戦を白星で飾った法大。その勢いのまま今日はエースが先発し、連勝での勝ち点奪取を目指したが・・・

ルーキー萩原が鮮烈なデビューを飾った

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 1 0 0 1 2 4 7 1
東 大 2 0 0 0 0 0 0 3 × 5 8 2

(法大)松田、●室木(1敗)、安本‐山路
(東大)〇細谷、吉條-宮田

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥(経2) 5 1 0 0
2 (4) 落合 大泰(法4) 3 2 1 2
3 (6) 橘 廉(社3) 5 2 1 0
4 (9) 小野 慶典(経2) 5 0 1 0
5 (5) 佐藤 裕太(経3) 3 0 0 2
6 (3) 永田 直(経2) 4 1 0 0
7 (2) 山路 脩平(経4) 3 0 0 1
8 (1) 松田 知行(経4) 3 0 0 0
  H 萩原 幹斗(社1) 1 1 1 0
  1 室木 大(経1) 0 0 0 0
  1 安本 剛史(スポ4) 0 0 0 0
9 (8) 甲本 裕次郎(社1) 3 0 0 1

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 7 7 7 2 2
室木 0/3 1 0 1 2
安本 1 0 0 2 1

二塁打:落合(5回)
盗塁:落合②(3回)
犠打:永田(6回)
暴投:安本(8回)
併殺:1(6回)
残塁:11

戦評

 先発の松田は立ち上がりを攻められてしまう。初回、いきなり得点圏に走者を背負うとここで迎えるは相手の4番。追い込みながらも、「色気が出てしまった」と続けた真っすぐを右中間に弾き返られ、2点の先制を許してしまう。しかし、松田はここから立ち直った。ランナーを許しながらも粘り強く投げ、スコアボードに0を刻んでいく。

  援護したい打線であるが、なかなか機能しない。毎回のようにチャンスを作るも、一本が出ない。相手先発に7回まで1点に封じられる。

 8回に試合が動く。相手の失策などで二死一、三塁のチャンスを掴むと、ここで松田に代わって代打・萩原が登場する。一打同点の場面に、ルーキーは「なんとかしたかった」。2球目をきれいにセンター返し。同点となるタイムリーを放ち、ベース上でガッツポーズを見せた。しかし、試合の流れは東大に傾く。2番手の室木が無死二、三塁のピンチを招き、降板。敬遠で満塁策とるも、安本がまさかの押し出しで勝ち越し点を献上してしまう。さらに、味方の守備の乱れでさらに2点。3点のビハインドで最終回を迎えた。

 それでも、ここから法大は粘る。中村はセーフティーバントを決め、落合は死球、走者をためると橘が左中間への二塁打、小野の内野ゴロの間に走者が生還し、1点差。なおも3塁に走者を置くも、反撃はここまで。後続が倒れ、1点及ばず敗戦となってしまった。

 まさかの東大に敗れる結果となってしまった。「泥臭くプライドも捨てていく」と松田が語るように、決死の覚悟で今後の試合に挑む覚悟だ。明日は今後に繋がる法大らしいゲームができるか注目である。(芳野 史征)

選手のコメント

松田 知行(先発で7回2失点と好投)

―今日の試合を振り返って
今まで4年間やってきて、1回も負けたことなかったので屈辱ですね。でも、これが実力なんだなと思います。

―敗因とかありますか
自分の投球内容で言いますと、初回の入りですね。初回に簡単に点を与えてしまったときにバッティングにも影響がでて、淡白な感じになってという悪い連鎖につながるので良くないですね。とにかく今日は淡白でしたね。

―初回の入りも含めてご自身のピッチングはどうでしたか
初回は、真っ直ぐで三振取ってやろうと思ったらあれ(2失点)で。やっぱり調子にのってはダメですね。すごい球ないのに色気出したのがダメでした。調子も悪くはなかったですし、そこですね。

―明日どういう試合をしますか
失点0で、得点は取れるだけとるというのが理想ですけど、実力は変わらないので、泥臭く変なプライドも捨てていけたらなと思います。

―明日への意気込みをお願いします
今日負けてしまったのはしょうがないので、自分たちが悪いので、勝ち点を落とさないようにやっていきます。

萩原 幹斗(代打で同点タイムリー!)

―今日の試合を振り返って
点差が開いてて、負けそうだったので、なんとかしたいって気持ちでした。

―どんな意気込みで打席に入りましたか
打たなきゃ、悪い雰囲気になるなと思ったので雰囲気しけさせないために頑張りました。

―打った感触は
感触はすごく良かったです。

―一時同点タイムリーとなりましたが
すごく嬉しかったです。

―どうして準硬式野球部を選んだのですか
高校で燃え尽きて、完全燃焼して、でも野球は好きなので、準硬式野球部を選びました。

―高校と大学の違いはどうですか
高校はやらされてる感じやったんですけと、大学は自主性になるので、その違いが大きいです。

―チームの雰囲気はどうですか
いいと思います。

―萩原さんのアピールポイントは何ですか
元気があるところですね。

―これからの目標をお願いします
少しでもいいので、チームに貢献できるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み