準硬式野球
 

【準硬】秋季リーグ戦 対立大2回戦 シーズン最終戦は●

六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対 立教大学2回戦
2013年10月13日(日)
法政大学多摩グラウンド

初戦を落とし後が無い法大は大谷亘輝(スポ4)が先発。優勝の可能性は消滅したが、立教から勝ち点を奪い1つでも順位を上げたい法政だったが、またもや打線が沈黙する。

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 2 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3 2
立 大 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 5 1

(法大)●大谷(3勝2敗)‐山路
(立大)田原、○加藤-奥山

[本塁打]脇坂2号ソロ(四回・田原)

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥 4 1 0 0
2 (4) 落合 大泰 4 0 0 0
3 (6) 橘 廉 3 0 0 0
4 (9) 小野 慶典 4 0 0 0
5 (3) 脇坂 晃一郎 4 1 1 0
6 (5) 佐藤 裕太 4 1 0 0
7 (8) 長田 悠志 2 0 0 1
8 (2) 山路 侑平 3 0 0 0
9 (1) 大谷 亘輝 3 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
大谷 8 5 6 2 3

リーグ戦結果

 法政明治早稲田立教慶應東京試合勝点勝率順位
●● ○●○ ●● ●○○ ○○ 12 6 6 3 .500 4
○○   ○○ ●○○ ○○ 9 8 1 4 .888 1
●○●   ●○○ ○○ ○○ 10 7 3 0 .700 2
○○ ●● ○●● ○○ ○○ 11 7 4 3 .640 3
○●● ○●● ●● ●● ○○ 12 4 8 1 .333 5
●● ●● ●● ●● ●● 10 0 10 0 .000 6

戦評

 法大は四回に5番・脇坂晃一郎(社3)が2ボール2ストライクから立大先発・田原のストレートをとらえ、バックスクリーに本塁打を放ち先制。佐藤裕太(経2)も二塁打を放ちチャンスを作るが後続が倒れた。法大先発の大谷は四回まで粘りのピッチングで得点を許さなかったが、五回につかまる。二死二塁から死球と振り逃げで満塁のピンチを招くと、押し出しの四球を与えてしまい同点とされる。続く3番打者にはセンターにはじき返され2者が生還、この回3点を取られ逆転を許してしまった。反撃したい打線だったが、五回から登板した立大の2番手・加藤の前に沈黙する。「『打てる』という甘い気持ちで打席に立っていた」と監督。大谷も得点を許した後は完璧に抑えたが、法大打線は九回までの5イニングで7奪三振を喫するなど機能せず。九回二死に、春から主将としてチームを引っ張り、秋は裏方としてチームを支えた舟木大河(社4)が代打で登場。法大ベンチはこの試合一番の盛り上がりを見せたが、二飛に倒れた。立大に連敗した法大は、秋のシーズンが終わった。
 試合後、監督も選手も来年に向けて「課題は山積み」と口をそろえた。舟木と大谷の4年生は引退し、これからは3年生が引っ張っていく。「チーム作り」の秋をステップにして、来年春の活躍に期待がふくらむ。(上田康太郎)

選手のコメント

舟木大河

―今日の試合をふり返って
完敗じゃないですかね。点差以上の。3-1以上の力の差は確実にありましたね。それが今の実力だと思います。

―最後の打席の前に監督さんから声をかけられていましたが
「最後なので悔いの残らないよう思いっきりいけ」と言われました。

―今年1年間を振り返って
思い通りにいかない試合がたくさんあって、やっぱり去年がいい結果残しているだけに自分のやり方じゃやっぱ駄目なのかなと考えたこともありました。まあ、その中でも苦しみながらもギリギリ、ギリギリでとりあえず全日決めて。それで全日ベスト8で中央にああいう形で負けて、終わり方の中でもまあ良い終わり方に繋がったかなと思いますね。

―秋のシーズンを通してのチームの成長や今後の課題は
チームのHR数でも分かるように、個々のポテンシャルは他のチームと比べても高いと思うんですよ。そこで組織的に1点が取れないっていう・・・。ヒット繋いで繋いで、ヒットでバントで盗塁でそれで犠牲フライで1点っていう組織的な形で1点が取れていないので、そこは冬、春と長い時間かけて培っていくものだと思いますし、まあその中でも早稲田相手にああいう形で勝てたっていうのはあいつらにとって唯一の自信になるとこはあると思うんで。逆に早稲田にああいう勝ち方して、立教に2連敗食らうっていうのは、あいつらの春に向けてはすごいいい形だったのかなと思います。

―それはいい形だけではなく、課題も持ってシーズンを終えれるという意味でしょうか
そうですね。ほぼ課題だらけですね。やっぱり大谷も抜けますし、ピッチャーは大谷が抜けるってだけでも、今の状態だけで言ったら半分以上投手力が落ちますし、来年新しい1年生も入ってくると思いますけど、そこでマツ(=松田)、ヤス(安本)、末次と、阿部とかも今怪我してますけど、あと来年の新1年生で補うかですよね。特に投手やっぱり大事なので。他の六大のチームも落ちる落ちる言われてますけど、、そんなの実際自分らの代も言われてたので、「1個上からみたら落ちる」って。結局ああなってしまうので・・・。それは関係なく、この冬でどんだけ練習するか、春の合宿でどれだけ追い込むかが大事になってくるんじゃないですかね。

―秋のシーズン、4年生では舟木さんと大谷さんだけが残りましたが、それは4年生全体の方針でしたか
そうですね。最後、この秋のシーズンは、3年生以下に任せようと。3年生以下がここで秋経験することによって、春挑むときにもそれだけ経験ある分大きいと思いますし。やっぱ自分らがそのまま秋出て、普段入ってない四年生もベンチに入って、こういう最後の最終試合に今までで出れなかった4年生もそれに出るっていう形もありと言ったらありだと思うんですよね。でも、やっぱそれを自分ら4年生が望んでなくて、それなら普段、もう春になったら、入れなくなるような3年生を(ベンチに)入れてくれとか。五十嵐とか多分初めてベンチ入ってますし、それと山本とか、そういう奴をですね。それは 今の4年生の、自分らの代のベンチ入ってない奴らの器のでかさでもあると思いますし、そういう奴らの意見も汲み取った上でです。それで(秋のシーズンは)3年生中心のベンチワークで。でも自分はまだ名目上主将という形なので、主将をしっかりやって。大谷は秋勝つ為にもやっぱ投手として、30勝も懸かってましたし。それで自分と大谷が残りました。

―いよいよ引退となりますが、改めて4年間を振り返って
楽しかったですね。本当に。やっぱ寂しいですね、卒業するとなると。やっぱり高校の時も寂しかったですけど、楽しさなんか一つもないんで、高校とかは。キツさしか正直なくて・・・。正直引退する時に解放されるというか「やっと終わった」っていう感覚とかがあるんですけど、大学もキツいところもありましたけど、やっぱり選手主体で野球が楽しくできて、でも勝ちにこだわるっていうスタイルが凄い好きで、本当に楽しかったですね。1年生からベンチに入れさせて貰って、4年間で結局全日3回出て、(1年時)準優勝、(4年時)ベスト8と、去年は1回戦負けですけど、3回も出れて、凄いいい経験させてもらって。こういう本当いい仲間、本当の意味で腹割って喋れる仲間、これから一生付き合いしていくんだろうなっていう仲間にたくさん出会えたことに感謝したいですね。

―後輩の選手達に言葉を送るとしたらどんな言葉を送りますか
正直僕から見たら1、2、3年ってクソガキなんですよね。しかも今の4年生は自分から見てですけど兄貴肌って奴が多くて。今の1、2、3年って結構今の4年生慕ってる奴めちゃくちゃいるんですよ。4年生、自分も含めて後輩と別れるの寂しいですけど、それと一緒で「4年生いなくなるな」みたいな奴ら多くなると思うんですけど、そこで自分は学年上がれば上がるほど、後輩とコミュニケーション絶対取るべきだと思うんですよね。同学年だけで仲良いとか、後輩とは絡まないで、上としか絡まないとか。それは人それぞれだと思うんですけど、チーム全体楽しくなるっていうときに、やっぱり後輩の面倒もしっかり見て先輩だと思うんで、次の特に3年生、4年生、また新しい1年生入ってきますけど、4年生なんか下に 3学年できるわけですから、しっかり後輩の面倒見て、チーム全体でわだかまりのない、楽しいチームにして下さいっていうのがいいですね。

大谷亘輝

―今日の試合を振り返って
1点を取ってくれたあとに僕が守りきれなかったので、チームに申し訳ないです。

―今日が最終戦になってしまいましたが、先程胴上げされてどういうお気持ちですか
最後にそうやってやってくれたのはすごいうれしいし、人生初めての経験だったので思ったより浮いてびっくりしたし、みんながやってくれて4年間このチームでやってきてよかったっていう気持ちになりました。

―今シーズンを振り返って
チームとしていい試合があったり、いい試合をして早稲田に勝ったと思ったら立教に2タテされて、力がついてきたと思ったらボロボロに負けてしまったので、もう一回見直してもらって勝ちきれるようにしてもらったらいいなと思います。

―大谷選手から見てチームとしてよかったところと悪かったところは
よかったところというのは、勢いがつくとすごいいいチームというか、最後まで諦めないところは早稲田戦とかに見られたのでよかったし、外野守備とかも最初に比べたら少しずつではあるが上達してきているので、こういったところは成長したところだと思うし、課題は淡白なときに淡白のままで終わってしまうので、悪い空気をいかに変えるというか変えられる選手が出て来てほしいなと思います。

―30勝がかかったシーズンだったと思いますが、意識していましたか
スポーツ報知さんとか回りの人達が言ってくれるんですが、自分としては意識というかこだわってはいなかったですけど、でもこうやって勝ちを積み上げられたことはいいことなので自信になったし、このシーズン僕と舟木だけがベンチに入ったんですけどその中で三年生主体でこれからいこうっていう気持ちとか見れたので、僕のシーズンというよりチームのことを思ってましたし、僕の30勝っていうのもチームの力を現したものだと思います。でも達成できてうれしいです。

―先程もありましたが、四年生は大谷選手と舟木選手だけがベンチに入るという下級生主体のシーズンでしたが
僕は回りからも30勝かかってるよって言われてそこは一応目標という形にしていたので、三年生主体の中で申し訳ないけど試合出させてもらって、舟木はキャプテンという立場で今年のチームをずっと引っ張ってきて本人もすごい頑張っていたので最後は代打で出させてもらってよかったと思うし、他にも四年生は今日とかもいっぱい来てくれて、僕ら二人だけは入れさせてもらったんですけどみんなで野球ができてよかったというか、そういう仲間に恵まれたなと思います。

―4年間を振り返って
あっという間に終わったので、大学生活みんなが土日遊んだりバイトしたりする中で自分は野球をやって、得たものも多いですし、濃い4年間だったし全国大会も3回経験させてもらってそういう意味ではやってよかったですし、一年のころ(準硬を)やるかやらないか悩んで、やった自分の選択は間違っていなかったと感じます。

―4年間でよかったシーズンと苦しかったシーズンがあったと思いますが
一年の秋から三年の春まで恐いもの知らずでやってこれたんですけど、三年の春からは自分が背負うものも多くて僕の結果次第でチームの勝敗が左右することが多くなっていったので、そこからは責任を感じながらやっていたんですけど、全国大会で勝てなかったことが悔いに残っていて、一年のときは上級生の力で勝てたんですけど僕が主戦になってからは去年は一回戦で負けて、今年は先発することなく中央に負けて、勝てなかったことが一番の悔いで、出れたことだけで満足したわけではなくやっぱり勝ちたかったので…なので下の代にはそこで悔いを残さないように、全国大会でいかに結果を残すかというのを考えて数少ないチャンスを生かして、一回一回を大事にして悔いを残さないようにやって欲しいなと思います。

松田知行

―リーグ戦を振り返っていかがですか
内容の濃いリーグ戦だったなと。新チームになって結構急だったんですけど、良い勝ち方もでき、悪い負け方もできて。この秋は調整のリーグ戦にしていいって本間さんからも言われてたんですけど、課題が見つかったかなと思います。

―チームが成長したこと、変化したと思うことはどのような点ですか
ベンチの中が大分変わりましたね。最初は点が入っても静かで、全然盛り上がらないし、悪い時はずっと黙ってるみたいな感じだったんですけど、後半になってからは点が入る時は盛り上がって、先制されても、「いける!いける!」っていう声かけがあったり。そこはチームとしてもまとまりができて、成長したかなと思います。

―東大戦以降ですか
そうですね。早稲田戦のときに1番感じました。試合展開もそうなんですけど。負けた試合でも、最終回でツーアウトから追いついて、結果的に負けてしまったけど、いい粘りでした。そのいい流れで立教戦を迎えたかったんですけど、そう上手くはいかず…でも、逆にあそこでいい流れのままいって、立教に勝ってオフに入るよりは、気が引き締まっていいっていうか。負けていい試合はないと思いますけど、そういう意味では良かったかなと思います。

―先ほども課題とおっしゃられましたが
もう全部です。守備からなにから。根本的に打てないっていうのも一つあって。打てない、点が取れない、チャンスをものにできない…って自分たちで崩れて、打たれて、エラーして失点するっていう悪い連鎖があるんです。だから、守りから良い空気をつくるとか、守りから形をつくって攻撃に繋げるとか。逆に攻撃からリズムをつくって守りきるとか。なんでもいいんですけど、そういうことができれば、また野球っていうスポーツになってくるだろうと思います。まだやってて不甲斐ないというか、噛み合ってないなって部分もたくさんあるので、全体的に直していかないといけないと思います。

―これからチームを引っ張っていくうえで目指すことは
一番の目標みたいなものは、勝てるチームをつくることですね。次の大会が関東大会になると思うんですけど、大分日にちは空くので、毎回気持ちを切らさないでやるっていうのも大事だと思いますし。とりあえず負けないチームっていうのを目標に掲げて、練習して、まとまりや流れとかも大事にできるチームをつくっていきたいです。

落合泰大

―今日の試合を振り返って
気持ちの面での早稲田戦の時のようなものがなかったというか、もう優勝がないって決まった時の気持ちの入り方が、やっぱり全チームにも、全体的にもそうですし、そういうところが法政の弱いところだなっていうのがあって、そういう弱さが自分にも出たので、また春に向けて頑張ろうって思うしかないですね。春に向けて取り組み方を。

―リーグ戦を通して、チームが変わったと思いますか
そうですね。いろんなことがあって、このリーグ戦はこの新チームにとってすごく大事で、いい試合もできましたし、弱い部分も出ましたし、自分達には何が足りないのかわかった良いリーグ戦だったと思うので、もう春に向けて、それ(頑張る)しかないです。

―チームの変化のきっかけであったり、要因であったり、何か思い当たることは
最初はいきなり新チームになって、試行錯誤でやるしかないんですけど、試合を通していく中で、実践が一番そういうことが体験できて、何がというよりも一試合一試合、このチームが試合をこなしていく中で、いろんなことがあったので。一つとは言えないですけど、そういう中でこのリーグ戦は、勝ったり負けたり、いい試合ができたり、弱い部分がわかったりとか。全体的に良いリーグ戦でした。

―今シーズンのチームとしての収穫と課題は
収穫は、どういう野球をするかというビジョン、一つの方向性は見えたかなっていうのがあります。課題は、根本的な野球の技術の向上と勝負の集団をつくるっていうことですね。

―リーグ戦の途中から、声を積極的に出されているのかな、という印象を持ちました
松田がキャプテンになると思うんですけど、それで、二人で引っ張って、ピッチャーの松田をピッチャーに集中させてやる時はさせてあげたいので、野手としての僕は野手をまとめていけるように努力します。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み