準硬式野球
 

【準硬】秋季リーグ戦 対立大1回戦 打線沈黙・・・。最終カード初戦を落とす。

六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対立教大学1回戦
2013年10月12日(土)
府中市民球場

優勝の望みは絶たれてしまっているものの、前節の早大戦で勝ち点を奪取し、チーム状態は上向きつつある法大。1つでも上位に進出する為、そして来季へと繋がる戦いを見せる為に、今シーズン最終カードとなる立大戦に臨んだ。

2、3回戦での勝ち点奪取を狙う

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 2 0 2 0 0 2 0 0 0 6 9 0
法 大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 6 3

(立大)○谷‐奥山
(法大)●松田(2勝3敗)-安本‐山路

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥 4 1 0 0
2 (4) 落合 大泰 4 0 0 0
3 (6) 橘 廉 4 2 0 0
4 (9) 小野 慶典 4 1 0 0
5 (3) 脇坂 晃一郎 4 0 0 0
6 (5) 佐藤 裕太 3 1 1 0
7 (8) 長田 悠志 3 1 0 0
8 (2) 山路 侑平 3 0 0 0
9 (1) 松田 知行 2 0 0 0
  PH 杉本 篤史 1 0 0 0
  1 安本 剛史 0 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 8 8 5 2 4
安本 1 1 0 0 0

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率順位
●● ●○○ ○●○ ○○ 11 6 5 3 .545 3
○○ ●○○ ○○   ○○ 9 8 1 4 .888 1
○●● ○●● ●● ●● 11 3 8 0 .272 5
●● ○○ ○●● ○○ 10 6 4 2 .600 4
●○●   ○○ ●○○ ○○ 10 7 3 3 .700 2
●● ●● ●● ●● 9 0 9 0 .000 6

戦評

 法大の先発のマウンドには今秋全カードで1回戦の先発を託された松田知行(経3)、対する立大の先発には、春のリーグ戦では2試合対戦し、2戦とも苦戦を強いられた谷が上がった。

 先制したのは立大だった。法大先発の松田は、初回先頭打者に安打から二死二塁とされると、4番・文字に打者有利のカウントから「置きにいってしまった」というボールをレフトスタンドへと運ばれ、先制の2ランホームランを浴びてしまった。 
 3回にも一死から四球を与え、二死二塁のピンチとされると、立大3番・山田の打球はサードへのゴロ。これでチェンジかと思われたが、三塁手・佐藤裕太(経2)が一塁へ悪送球。この間に二塁ランナーが生還し、追加点を許す。更に内野安打で二死一、三塁とされると、一塁走者・文字が盗塁。これを刺そうとした山路侑平(経3)の送球がそれてしまい悪送球に。この間に三塁走者がホームイン。四球を足掛かりに内野安打1本と二つのエラーが絡み、この回2点という痛い追加点を許してしまった。松田は六回にも3本の安打を集中され2失点。結局八回を投げて、6失点(自責4)を喫する結果となった。

 反撃したい打線は、立大先発・谷の力投の前になかなか得点を奪えずにいたが、四回に橘廉(社2)、小野慶典(経1)の連打でチャンスを作ると、六番・佐藤がセンター前へのタイムリー安打。 しかしこの後の法大の攻撃は散発に終わり、法大は初戦を落とす結果となってしまった。
 法大打線は
谷の前に13三振を喫し、被安打6、無四球での1失点完投を喫してしまった。もし、2回戦に法大が勝利し、3回戦へと突入した場合、この谷と再び相対することが予想される。先制点を与えない、そしていかに少ないチャンスを生かし得点に結び付けるかが鍵となるだろう。


 今季最後となるカードの初戦を落としてしまった法大。明日の2回戦に敗れてしまえば、今年の法大は公式戦を終えることとなる。来季に向けていい印象でシーズンを終えるためにも、明日の2回戦、そして3回戦と連勝で勝ち点を奪取し、今シーズンの戦いを締めくくってほしい。(高田 優)

選手のコメント

松田知行(先発するもゲームを作れず・・)

―早稲田戦の良い流れを持っていけませんでしたね
良い流れだったんですけど。もったいないな、というのはありますね。

―初回の本塁打は
(打たれた時のボールカウントは)3ボール1ストライクですよね。この前もそうなんですけど、同じボールなんですよね。置きにいったというか取りにいった球だったので。失投…なんですかね、気の抜けた球でした。

―三回の失点の場面はやはりの守備の崩れが響きましたか
あの回は(エラーが)2個でしたか。あそこは抑えたかったんですけど、仕方ないです。

―やはり走者を出してからの投球が課題ですか
1本打たれるとポンポン打たれてしまう悪い癖があるので、そこは課題ですね。あとは勝負どころの話しですね。ランナーを出した時にいかに0で抑えられるかという部分が自分は弱いので。

―相手先発の谷投手には春でも抑えられました
自分も打席では全然打てなかったんですけど、低めの真っ直ぐであったりフォークであったり。こっちもクルクルと三振を取られて。13ですか。打てなさすぎましたね。良いピッチャーだと思います。

―今シーズン最後のカードです。チーム作りという意味でもどういった部分が大事になってきますか
せっかく早稲田から勝ち点取って、でも立教で落とすというのは…。どうしても初戦を取りたかったんですけど。負けたものはしょうがないです。明日、明後日で勝って勝ち点をとります。チームとしては、今日は悪いところが全部出ました。守備の乱れや自分の弱さであったり。明日、明後日で技術は上がらないですけど、そこの確認であったり意識付けをしっかりしていきたいです。

佐藤裕太(痛いエラーを喫するも、チーム唯一の得点となるタイムリーを放つ)

―今日の試合を振り返って
自分のエラーで流れがいってしまってその後も悪い流れを絶ち切れずに、反撃できずに終わってしまいました。今日の悪い流れを絶ち切って、明日は気持ちを新しく入れ直してやりたいです。

―春も抑え込まれた谷投手に今日も苦しめられましたが、打ちづらさはどの部分に感じていますか
真っすぐを打とうとすると肩に力が入ってしまって、皆それで空回りしてしまっていると思います。打てない投手ではないと思うんですけど、打席に入るときの考えがまだ浅いので、簡単に抑えられてしまうのかなと思います。

―その中でご自身はタイムリーを放たれました
立教の試合を見ていて、この2年生バッテリーは真っ直ぐで攻めてくるというのは分かっていました。なので練習でも真っ直ぐを意識して打ち返す練習をしていました。あの場面は初球が一番甘いと思っていたので思いっきり振りました。

―守備の乱れも出てしまいましたが、どのように改善していきたいですか
守備を安定させるためにサードをやっているので、自分がエラーしたら意味が無いですし、今日負けて明日に繋げるためにもじっくり考えて、また気持ちを新しくしてやっていきたいです。

長田悠志(春の対戦では代打で登場し、谷からタイムリーを放った)

―今日の試合を振り返って
相手のピッチャーに全部やられてしまった感じでした。

―相手先発の立教・谷投手の印象はいかがでしたか
結構真っ直ぐがきていて、今日調子よさそうでした。変化球もいい所に決まっていて、こっちも対応できませんでした。

―打ち取られた際、首を捻る仕草が目立ちました
そうですね。タイミングは合っていたんですよ。でも、「捕えた」って球が空振りになったり、ファールになったりしたんで、考えないといけないと思いましたね。

―自分のバッティングの形とズレがあったんですね
そうですね。相手が自分の思ってる以上に球がきていたので、なんとかして食らいつこうとは思ったんですけど。

―2週間ぶり(第3節東大2回戦)の先発出場となりましたが最近の調子はいかがですか
練習ではそんな調子は悪くなかったので、出たら自分の仕事をするだけかなー、って思ってました。

―秋季リーグは福井選手とレギュラー争いしていますが、刺激になることはありますか
刺激というか、もうお互いにある程度のレベルはもっているので。福井もそうですけど、刺激というより、あいつ(福井)が調子悪かったら自分が出て、自分が調子悪かったあいつが出る、みたいな。2人で1つみたいな感覚でやっていますね。

―最後に明日への意気込みをお願いします
自分らは勝つだけなんで。勝つしかないので、気持ち切り替えて、明日頑張っていきます。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み