準硬式野球
 

【準硬】秋季リーグ戦 対早大3回戦 最終回にドラマ!逆転サヨナラ勝ちで早大から勝ち点奪取!!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早稲田大学3回戦
2013年10月8日(火)
早稲田大学東伏見グラウンド

最後まで何が起こるか分からない―。その言葉を体感する試合であった。勝ち点をかけ早大との最終戦に臨んだ法大。試合は序盤からリードを許す厳しい展開に。打線は早大の先発・石田の前に苦戦を強いられる。そして1点差で迎えた最終回。試合は劇的な終演をみせた!

劇的勝利に沸くベンチ!!

試合結果

 

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 1 2 0 0 0 0 0 0 3 6 2
法 大 0 0 0 2 0 0 0 0 4 7 1

(早大)石田、●沼座‐松下、木藤
(法大)松田、末次、○安本(1勝1敗)‐山路
 

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (8) 福井 寛 3 0 0 0
  PH 佐野 健太 1 0 0 0
2 (4) 落合 大泰 4 3 0 0
3 (6) 橘 廉 4 2 2 0
4 (7) 小野 慶典 4 2 2 0
5 (3) 脇坂 晃一郎 3 0 0 0
6 (5) 佐藤 裕太 3 0 0 0
7 (9) 内川 慶一 2 0 0 0
8 (2) 山路 侑平 3 0 0 0
9 (1) 松田 知行 1 0 0 0
  PH 杉本 篤史 1 0 0 0
  1 末次 慶一郎 0 0 0 0
  PH 中村 聖弥 1 0 0 0
  1 安本 剛史 0 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 5 5 2 2 3
末次 3 1 4 2 0
安本 1 0 0 1 0

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率順位
●● ●○○   ○●○ ○○ 10 6 4 3 .600 3
○○ ●○○ ○○   ○○ 9 8 1 4 .888 1
○●● ○●● ●● ●●   10 2 8 0 .200 5
  ●● ○○ ○●● ○○ 9 5 4 2 .555 4
●○●   ○○ ●○○ ○○ 10 7 3 3 .700 2
●● ●●   ●● ●● 8 0 8 0 .000 6

戦評

1勝1敗で迎えた今日の試合は第1戦と同じく法大・松田知行(経3) 、早大・石田の投げ合いでゲームは始まった。
 
先制点は早大。松田は初回は三者凡退に抑えるが、2回表簡単に二死とった後、早大6番南に3‐1からストライクを入れに行ったボールを右中間スタンドに放り込まれ、先制の1発を浴びてしまう。3回には安打2本と失策で一死満塁のピンチを招くと、レフト前へのタイムリーヒットで2点を献上。3回を終えた時点で3点のビハインドとなる。
 
法大の反撃は4回。最近当たりがでてきた落合大奏(法3)がレフト前へのクリーンヒットで出塁すると迎えるは3番橘廉(社2)。2球目の球を強振すると放った打球はセンター方向へ大きく伸びていく。その打球はそのままネットを超えていき、今季1号の2ランホームランで2点を返して、1点差に詰め寄る。
 
試合中盤に入ると法大は固い守備を見せる。早大は5回に一死一塁の場面でエンドランを仕掛ける。打者は左前へのヒット。走者は二塁を蹴って、三塁へ向かうが、レフトを守る小野慶典(経1)が捕球後素早い送球で三塁封殺。守備で松田を助ける。
 
 いい守備を見せたその裏。早大守備の乱れをつき、無死一、三塁と同点のチャンスを掴む。しかし、8番・山路脩平(経3)が三振。代打・杉本篤史(社4)が遊ゴロ併殺に倒れ、無得点。なかなか早大先発・石田を攻略できない。
 
6回からは末次慶一郎(社1)がマウンドへ。三者凡退に抑え、攻撃へいいリズムで繋げる。打線は一死から落合が三遊間を破るヒットで出塁。しかし、続く橘が投手前へのゴロ。これが1-6-3の併殺となる。7回は先頭の小野がセンター前のヒットで出塁するが、またもや併殺でチャンスを潰す。3イニング連続で併殺とまったく打線に繋がりが見えないまま終盤へ突入する。
 
そして最終回を迎える。6回から3イニングを 無失点の好投を見せた末次から前日サヨナラ打を浴び敗戦投手となった安本剛史(スポ3)へスイッチ。安本は先頭打者に四球を与えてしまうが、後続へは緩い変化球でタイミングを外し、翻弄。前日の汚名返上とばかり無失点リリーフを見せ、打線の奮起を待つ。
 
そして、9回、ドラマが待っていた。一死となるが落合が今日猛打賞となる安打をレフト前へ。先ほどの打席でまったく同じ形から併殺に終わった橘であったが同じ轍は踏まない。外の球を逆らず、レフト前へ弾き返す。これで一、二塁。この一打サヨナラのチャンスに秋季3本のHRを放っている4番・小野が打席へ向かう。ボール、ファール、ボール、ストライクでカウント2-2。5球目に投じた球はワンバンド。捕手はボールを逸らし、その隙に走者は進塁。二、三塁とチャンスは拡大する。前進守備に切り替わる早稲田陣。そして、6球目、高めに入ったボールを芯でとらえると、前進守備のレフトへ。打球はそのままレフトの頭を超えていき、走者は一気に生還。橘がサヨナラのホームを踏んだとき、鮮やかな逆転サヨナラ勝ちで春の王者・早稲田から勝ち点奪取を決めた。
 
1試合ごとに成長を続ける法大。この早稲田との3連戦はそれが顕著に表れた。課題の守備は野手陣のまとめ役落合を中心に解決へ。今では守備で投手を助けることも多くなっている。打線にも勝負強さが少しずつ見られつつある。松田も「チームにまとまりは出来てきた」と手ごたえを感じているようだ。優勝の可能性は絶望的となったが、チームの勢いそのままに実りあるシーズンを目指して、最終節がその集大成となる試合を期待したい。(芳野 史征)
 

選手のコメント

松田知行(大事なマウンドを任される)

―今日の試合をふりかえって
勝ててよかったです。
 
―逆転サヨナラ勝ちという劇的な結末でした
そうですね。昨日も9回二死から追いついて、今日も逆転できて、本当にチームとして粘りがあって、早稲田戦をやることでチームとしてまとまりができたり成長できたなというには思いました。
 
―サヨナラ打を放った小野選手については
調子はよかったし、ホームランも何本か打っているので、期待はしてて、(サヨナラ打の場面は)細かいことは考えずに思いっきり打て、とベンチからは言っていたので、その結果よかったです。
 
―早稲田から勝ち点を奪うことが出来ましたね
そうですね。昨日の負けも結果論かもしれませんけど、今日を考えれば今日につながる試合だと思いますし、自分が投げてて先制点とられて、追加点許して、っていうかたちにはなったんですけど、前とは違う雰囲気で、点を取られた後も点が入ったりして、すごいいい流れでチームとしてなってきているなと思います。
 
―早稲田戦を終えて松田さん目線からチームが成長したな、と思うところはありますか
守備なんですけど、投げてても落合の声だったり、内野の守備が一つになってて、打たせて取ろうって気になりますし、(投手を)守ってくれるっていう思いになれる声掛けであったり、守備であったりしていますし、守備の面ではすごいしっかりしたものになったかと。東大戦のときにちょっと言って、今回の早稲田戦でしっかりかたちになったかと思いました。打撃の面でも最初の方は全然点取れなくて、ヒットも打てなくて、繋がらない繋がらないって言ってたんですけど、こうやってちょっとずつ点も取れるようになってきて、打線として機能してきました。
 
―最終節の立教戦に向けて一言お願いします
(優勝は)厳しいとは思うんですけど、勝ったいいゲームをできたことを自信に変えて、悪いところはまた明日から練習して、でも、もう日程もないので、技術があがることはないですけど、できることはしっかりやって、なんとか2戦で終わらせるようにやっていきたいと思います。
 

落合大泰(勝利のきっかけとなる1打を含む3安打の活躍)

9回落合さんのヒットから逆転劇が生まれましたが、今日の試合はいかがでしたか
久しぶりに感動して、野球が楽しかったです。高校野球みたいでした。

―なかなかチームにヒットが出ない中、ご自身は3安打でした
結構球が見えてますね。でも自分の成績よりもチームを見れているので、それが良い結果に繋がっているのかなと思います。

―守備でも声を出して盛り上げていましたね
松田と一緒に引っ張っているんですけど、アイツは投手なんで全体というよりも集中して欲しいので、そこは自分が楽にしてあげたいと思います。

―ここまでシーズンを戦ってきてチームに変化はみられますか
最初は全然噛み合わなくて、自分たちはどういうチームでどういう戦い方をすればいいのか見えていませんでした。それをミーティングを通してどういう野球をするか話し合っていく中で、一つのきっかけとして東大戦でパターンが見えてきたと思います。こういう形で早稲田戦に繋げようと話していて、結果も出たので、チームとしても形が見えてきたと思います。

最終節となる立教戦へ向けて
このチーム状態のまま自分でも盛り上げて、チームを上昇させて2タテで終わりたいです!

橘廉(4回に一点差に詰め寄る2ランを放つ)

―今日の試合を振り返って
序盤とられてしまって、今日は我慢して、後半粘って逆転しようというのが、ベンチ内に出ていて、ああいう結果になったと思います。

―4回の本塁打について
落合さんが出てくれた勢いというのもありましたし、繋ぐ意識で強いスイングをした結果だと思います。

―守りの面ではチーム全体に安定感が出てきているように思えますが
内野同士で声を掛け合うことで足も動くということもありますし。声の掛け合いが出来ているからだと思います。

―最終節に向けて
必ず2勝して出来るだけ上位に入って、来シーズンに繋がるいい雰囲気で終われるようにしたいです。

小野慶典(試合を決めた一振りを放つ)

―今日の試合を振り返って
とりあえず勝てて良かったです。

―最終回のサヨナラ打の場面、打席に入る前に舟木さんから声をかけられていましたが
とりあえずレフトに放り込んでこいと言われました。

―サヨナラ打の直前に、暴投でランナーが一、二塁から二、三塁に進塁しましたが
気持ち的な変化はすごくあって、昨日も2本ゲッツー打ってますし、自分ゲッツーロボなので(笑)あそこで(暴投)やってくれたのは大きかったです。

―最終節に向けて
2勝で終わって、いい雰囲気で終われるようにしたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み