準硬式野球
 

【準硬】秋季リーグ戦 対早大1回戦 春の覇者に快勝!リーグ終盤になって噛み合ってきた法大野球

六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早稲田大学1回戦
2013年10月6日(日)
早稲田大学東伏見グラウンド

雨天中止による1日の順延を経て、迎えた春の覇者・早大との1回戦。先発・松田知行(経3)が好投を見せ、打線も相手の守備のミスからチャンスを作り、早大のエース・石田を攻略。投打が噛み合った法大が先勝した。

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 6 1
法 大 0 2 0 0 2 0 1 0 X 5 7 0

(早大)●石田、沼座、向江‐木藤、松下
(法大)○松田(2勝2敗)、末次‐山路
 

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥 4 0 0 0
2 (4) 落合 大泰 4 2 0 0
3 (6) 橘 廉 4 2 3 0
4 (9) 小野 慶典 3 0 0 1
5 (3) 脇坂 晃一郎 3 0 0 0
6 (5) 佐藤 裕太 4 0 0 0
7 (8) 福井 寛 4 2 1 0
8 (2) 山路 侑平 2 1 1 0
9 (1) 松田 知行 2 0 0 0
  1 末次 慶一郎 1 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 6 2 3 5 0
末次 3 4 3 2 3

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点勝率順位
●● ●○○   ○○ 8 5 3 2 .625 3
○○ ●○○   ○○ 8 7 1 3 .875 1
○●● ○●● ●● ●●   10 2 8 0 .200 5
  ○○ ○●● ○○ 8 5 3 2 .625 3
  ○○ ●○○ ○○ 8 6 2 3 .750 2
●● ●●   ●● ●● 8 0 8 0 .000 6

戦評

 秋季リーグ戦優勝のためにはもう負けられない法大ナイン、立ちはだかる春の王者早稲田大学に選手達は気合い十分に挑んだが…

 試合が動いたのは二回裏の法大の攻撃。先頭の小野慶典(経1)が四球を選び、その後打撃妨害等で一死二、三塁とすると、7番・福井寛(社1)は1ボール2ストライクからの4球目をセンター前にクリーンヒット。相手のミスに付け込み幸先よく1点を先制する。さらに8番・山路脩平(経3)が左前適時打で続き、この回2点をあげる。
 三回、四回と三者凡退に抑えられるも五回、この試合2度目の打撃妨害で先頭の山路が出塁すると、一死二塁に。続く1番・中村聖弥(経1)のショート後方へとフラフラと上がった打球を相手遊撃手が落球し、チャンスを広げる。その後、二死二、三塁となって迎えた3番・橘廉(社2)の当たりは一、二塁間を綺麗に破る適時打となり、2点を追加。七回にも二死から2番・落合(法3)が二塁打でチャンスメイクすると、続く橘の適時三塁打で1点を追加。今まで苦しんできた打線がつながりを見せた。

法大の先発、松田は毎回ランナーを許す苦しいピッチングが続くも、もらった先制点を必死に守るべく力投を見せる。六回はストライクがなかなか入らずに一死から連続四球を出してしまうが、橘の好守備等でなんとか無失点に凌ぐとこの回で御役御免、六回を被安打2、与四死球5、無失点で七回からのマウンドを末次慶一郎(社1)に譲る。リリーフに上がった末次に眠っていた早大打線が牙をむく。八回に早稲田の4番・嘉悦に適時打を打たれると、九回、2球で2アウトとするもその後の四球からピンチを招き、1番・駒田に右中間を破られ2点を返される。それでも最後の打者を空振り三振に仕留めゲームセット。5ー3で初戦をものにした。

春の王者、早稲田から先に1勝を手に入れられたことは非常に大きい。それも、相手のミスに付け込んだ攻撃が随所に見られたことは大きいと云える。終盤、早大打線に粘られたが、法大のペースで試合運びできたのではないか。この勢いのまま次戦に勝利し勝ち点をあげて欲しい。(渡邉 大地)

選手のコメント

松田知行(6回無失点の好投で今秋2勝目を挙げる)

―今日の試合を振り返って
勝ったのでよかったと思います。

―打線は少ないチャンスを確実に生かして得点に結びつけられました
はい、今日はいつもと違って、ランナーが出たらエンドランとかして動かしてみようって、昨日雨でちょうどミーティングできる機会があったので、そこで話して、それが上手くはまりました。守備も大分安定してきて、いいゲームだと思います。

―松田さんご自身のピッチングはいかがでしたか
あまりコントロールが良くなくて、辛うじてです。でも、ついてたかなというのがありました。六回とかフォアボールあれだけ出しながらも野手が守ってくれてすごい助かりました。とりあえず0だったので合格点ではあると思います。

―六回、突然乱れたのが気になりましたが何かありましたか
いや、分からないです。疲れてました(笑)。

―前回登板時に「次は調子がよければ」とおっしゃっていましたが本日はいかがでした
調子はよかったです。はい。

―春の王者早大相手にまず、先勝となりました
チーム的にも一番勝ちたがってた試合というか、やっぱ最近強いし、試合でも勝ててなくて、落合とも話したんですけど、(早大戦は)”勝ちたい試合”だったので。初戦とれたのは大きいと思います。

―早大戦に臨む前に何か対策や意気込みはあったのですか
いや、特にはないですけど、まぁ、そうですね。なんというかやっと本番というか、山路がキャッチャーになってやっとちゃんとした試合ができるかなというか、東大挟んだのもあったんですが、そんなに参考にはならないんで。今日は結構集中できていたので。みんな「勝ちたい」っていう気持ちがプレーに出てたので勝てたと思います。特に早稲田っていうので気負ったり変えたりってことはしてないです。みんな普通にやればできるので。相手がどうこうよりも自分たちがしっかり野球やれば大丈夫というに思ってました。

―得点時にベンチが沸いてていい雰囲気に感じました
そうですね、今日よかったです。でも、最後ちょっとおふざけあったんですけど、それを除けば。勝ってる試合なので雰囲気いいのは普通かもしれないんですけど、ベンチの中もいい雰囲気なのでよかったです。

―チーム全体の最近の調子はいかがですか
打ててきてて、野手陣も振れてきてるので。ピッチャーが抑えれば勝てるかなと。確実に最初の慶応戦よりはバット振れてきてるので。大丈夫かと思います。

―最後に明日へ向けて一言お願いします
そうですね。明日月曜日で監督とかが来れないんですけど。なんとしても2戦で終わらして、立教にも勝てばまだ優勝、明治(の結果)次第ではあると思うので、ここまできて1戦目をとれたので、なんとしても終わらせたいです。

末次慶一郎(3失点を喫するも、ゲームを締めくくる)

―今日の試合を振り返って
(得点が)5ー0の時点で投げさせてもらって、楽には投げれたんですけど、調子が悪くて不甲斐ないピッチングしてしまって…。チームが勝てて良かったんですけど、自分的には反省の多い試合だったかなと思います。

―3イニング投げることは最初から決まっていたのですか
リリーフでいくぞってのは言われてたんですけど、先発の松田さんの調子とかを考えつつ、いつでもいけるようにってことだったので、7回からと決まってたわけではないです。

―9回のピンチの場面で、監督さんからはなんと言われましたか
左バッターに打たれたけど、次が右バッターだからこのバッターできっちり抑えよう」って言われました。

―今季のご自身の調子はいかがですか
全体的には良いんですけど、リリーフが多いんで、なんとしてでも、自分が任されたときには抑えられたらいいなと思ってます。

―明日以降の意気込みをお願いします
明日も投げる機会をもらえたら、自分の仕事をして、チームに勝ち点がくればいいなと思います。

落合大泰(内野陣の中心としてチームを引っ張る)

―今日の試合を振り返って
全員、打撃も噛み合っていて、いい試合でした。ミーティングでしようと言っていた事が全部とは言わなくとも出来ていて、一つの形になっていたと思います。

―先週の試合後、松田さんの方から落合さんが内野陣、チームを引っ張る役割を担われるようになって、チームに変化が出てきていると伺いましたが
マツ(=松田)と2人でそういう役割になっていて、マツが投手なので、そういうところで野手を引っ張っていくことを自覚してやっています。

―ご自身の調子はいかがですか
今までも悪くはなかったんですけど、結果として表れるようになってきたと思います。

―春と比べて早大の印象はいかがですか
動いてくるイメージだったんですけど、今日は向こうもキツいゲームだったと思うので・・・。明日気持ちよくこられるとまた違うと思うので、一概には言えないと思います。

―明日の試合へ向けて
気を引き締め直して、勝ちの方向を向いて、2戦で終わらせるようにしたいです。

橘廉(2安打3打点の活躍)

―今日の試合を振り返って
早稲田戦にかけている部分もあって、この一週間練習から取り組んできました。攻撃をもう1つあげていこうと大事にしていて、どんどん積極的にいくということが今日できたと思います。守りでも場面場面で良いプレーがあったので、それが攻撃に繋がったと思います。

―2本タイムリーを放ちましたが、早大の投手陣の印象は
しっかり抑えてくるので、喰らいつこうと思っていました。流れにのって初球から打っていたり、対応しながら打ちました。

―打撃の調子も良いように思いますが
前半悪くて、何故だろうと思ったときに引っ張りにはいっているということだったので逆方向を意識しています。先週くらいから良くなってきて、今日も結果が出たので良かったです。

―ここまで秋を通してのチーム状態はいかがですか
前半よりも調子が良くて、守っていても ベンチでも声がでていて、雰囲気もプラスになっていると思います。

―明日へ向けて
そこまで打てないと思うので、守り勝つことを意識したいと思います。

福井寛(先制タイムリーを含む2安打を放つ)

―今日の試合を振り返って
今日はチャンスでタイムリーが出ていたので、いつも出てなかった分そういう得点の仕方はよかったと思います。

―二回の先制タイムリーについて
前はチャンスとかで回ってきて凡退が多かったんですけど、今日は早稲田ということで先制点を取ればこの試合いけると思ったので打ててよかったです。

―センターへのクリーンヒットだったと思いますが打った感触はいかがでしたか
はい、よかったです(笑)

―早大の印象
一瞬も気が抜けないのでずっと集中してなきゃいけないのは疲れるんですけど、今日こうして1勝取ったので明日も集中してやりたいです。

―早稲田の投手陣について対戦してみてどうでしたか
層が厚いなと思いました。どのピッチャーがきても高いレベルで投げてくるので打ちにくいです。

―明日に向けて
今日の勢いのまましっかり明日も勝って2勝で終わらせたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み