準硬式野球
 

【準硬】秋季リーグ戦 対東大1回戦 苦戦するも・・・チームのまとまりに一筋の光明

六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対東京大学1回戦
2013年9月28日(土)
法政大学多摩グラウンド

秋季リーグ戦なかなか波に乗れていない法大。この日の試合もすっきりとしない展開となったが・・・

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 1
法 大 0 0 4 0 0 0 0 1 X 5 4 2

(東大)●岡部‐小林
(法大)○松田(1勝2敗)‐山路
[本塁打]小野1号3ラン(三回・岡部)

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥 4 0 0 0
2 (3) 佐野 健太 4 0 0 0
3 (6) 橘 廉 3 1 1 1
4 (9) 小野 慶典 4 1 3 0
5 (4) 落合 大泰 3 0 0 0
6 (5) 佐藤 裕太 3 1 0 0
7 (2) 山路 侑平 3 0 0 0
8 (1) 松田 知行 3 0 0 0
9 (8) 福井 寛 2 1 0 1

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 9 6 4 3 0

戦評

 東大・岡部、法大・松田知行(経3)の投げ合いで始まったこの一戦。
 試合が動いたのは三回だった。法大は一死から9番・福井寛(社1)が公式戦初安打となる安打で出塁。続く1番・中村聖弥(経1)の打球はショート正面へのゴロとなってしまったが、相手遊撃手が後逸。打球が外野を転々とする間に福井が生還し、法大が思わぬ形で1点を先制した。なおも法大の攻撃は続き、二死一、三塁とすると打席にはこの日4番に座る小野慶典。1ボールから真ん中への甘い直球を捉えた打球はライトスタンドへと飛び込み、小野自身「狙っていた」と振り返る3ランホームランとなった。

 一方、法大先発の松田は「調子は悪かった」と言いながらも、打たせて取る投球で東大打線を抑え込んでいく。七回に安打と失策で二死一、三塁のピンチを招くと、一塁ランナーのスタートに対して二塁ベースカバーに入った遊撃手の逆をつかれる適時打を打たれてしまい、1点を返されるが、後続を抑えこの回を最少失点で切り抜けた。
 続く八回にも2四死球と安打で二死満塁のピンチを招くが、遊撃手・橘廉(社2)の好守にも助けられ、無失点に切り抜けた。

 四回以降東大・岡部の前に無安打に抑え込まれていた打線は八回、四球で出塁した福井を一塁に置いて、3番・橘が左中間を破る適時三塁打を放ち、1点を追加した。
 九回は松田が東大打線を三者凡退に抑え、試合終了。法大がまず初戦をものにした。

 この試合、法大打線は5点は挙げたものの、相手を下回るチーム4安打という結果に終わり、三回の小野の本塁打以降は、八回の橘の三塁打まで無安打と打線になかなか安打が生まれない展開となった。24アウト中12アウトを占めたフライアウトや早打ち等の不安は残るが、打線は水物というように2回戦以降の打線の復調に期待したい。
 秋季リーグ戦なかなか波に乗り切れていない法大であるが、この試合で変化が見られたという。二塁手の落合大泰(法3)が内野陣をまとめ役として引っ張るようになったそうだ。チーム全体がまとまりを持って戦っていくためにもおおきな変化であると云えるだろう。
次節には春の覇者・早大との対戦を控える法大。勢いをつけて早大戦に臨む為にも、翌日の東大2回戦では勢いのつく勝ち方が求められるだろう。(高田優)

選手のコメント

松田知行(完投で今秋初勝利!)

―今日の試合を振り返って
さっきミーティングでも言ったんですけど、勝つには勝ったんですけど、すっきり勝ちきれませんでした。打線も4安打でしたし、東大相手にと言っては失礼なんですけど、失点もしましたし。それでも収穫はあったので、それは良かったです。

―収穫というのは具体的にはどの辺りでしょうか
今まではまとまりがなかったんですけど、落合が中心になって内野やチームを引っ張ってくれていて、今日投げていても、いつもと違うなと思いました。自分も引っ張らなきゃいけない立場なので引っ張っていけるようにしたいです。

―今日の投球内容を振り返って
調子は悪かったんですけど、初回に気づいて、打たせて取ろうと切り替えました。三振もあまりとれてないですし・・・。切り替えられたのが良かったと思います。

―今シーズン初勝利となりましたが
恥ずかしいと言ったらなんですけど、やっと勝てたという感じです。前は自分のせいで負けた試合とかもあったので・・・。とにかく勝てて良かったです。

―次回以降の登板へ向けて
(今日は)調子が悪いなりにゲームを作れたので、次は調子が良いことを願って、安心して見ていられるようなピッチングをしたいです。

小野慶典(公式戦初本塁打!)

―今日の試合を振り返って
2打席目打てたんですけど、4番の役割は打点を稼ぐことだと思うのであそこで長打が出たのは大きかったです。

―三回の本塁打について、球種とコースは分かりますか
真ん中の真っすぐです。

―本塁打を狙ってましたか
はい、狙ってました。

―打った感触は
感触は悪くなかったです。ちょっと上がりすぎた感じはしましたけど、入ってくれてよかったです。

秋のリーグ戦でチーム1号だと思いますが
その辺は意識していなかったですね。自分自身初めてホームラン打ったのでホッとしています。

―調子はいかがですか
前回まで結構調子がよかったので、今日も練習とかいい感じで打てていたので今日も自身持ってできました。

―明日東大で来週からは早稲田、立教と続きますがどういった戦いをしたいですか
一戦一戦勝つことと、結果を出すことを意識して、とにかく打ちたいですし勝ちたいです。

―明日の試合に向けて一言お願いします
4番で使ってもらえたらしっかり打点を稼いで、尚且つ勝ちたいです。

福井寛(公式戦初安打!)

―初ヒットおめでとうございます。感触はいかがでしたか
ありがとうございます。でも、あんまりいいヒットじゃなかったので、出塁できてよかったなというくらいです。

―試合には、他の1年生の選手がたくさん出ていますが、刺激は受けますか
2人(中村、小野)も外野で出ていて、負けたくないっていうのはあるんですけど、自分のやることをしっかりやりたいと思ってます。

―ご自身の売りを教えて下さい
体は小さいんですけど、パワーがないわけではないですし、守備で言えば、肩とかは自信があるのでそういう部分ですね。

―明日への意気込みをお願いします
今日1勝したので、しっかり明日も勝って、早稲田戦に備えたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み