準硬式野球
 

【準硬】秋季リーグ戦 対明大1回戦 投打に精彩欠き黒星

六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対 明治大学1回戦
2013年9月14日(土)
上柚木公園野球場

秋のリーグ2カード目は往年の宿敵・明治大学。春に連敗した相手にやはり、秋も苦しめられそうだ。

七回につかまった松田(右から2番目)

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 1 0 0 2 0 0 1 4 13 0
法 大 0 0 0 3 0 1 0 0 0 1 4 2

(明大)○赤尾‐伊藤
(法大)●松田(0勝2敗)、安本、末次‐佐藤

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥 4 1 0 0
2 (4) 落合 大泰 3 0 0 0
3 (6) 橘 廉 3 1 1 0
4 (3) 脇坂 晃一郎 4 0 0 0
5 (9) 小野 慶典 3 1 0 1
6 (2) 佐藤 裕太 2 1 0 0
7 (5) 佐野 健太 3 0 0 0
8 (1) 松田 知行 2 0 0 0
  1 安本 剛史 0 0 0 0
  PH 福井 寛 1 0 0 0
  1 末次 慶一郎 0 0 0 0
9 (8) 長田 悠志 3 0 0 0

 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松 田 6 0/3 11 1 3
安 本  1 0 0 o 0
末 次 2 2 4 1 0

戦評

初回を三者凡退に抑えた法大先発・松田知行(経3)。対する明大先発の赤尾も危なげない立ち上がりを見せた。

試合が動いたのは三回。松田は先頭打者にヒットを許すと、盗塁なども重なって二死三塁のピンチを招く。ここで相手3番打者に中前へのタイムリーヒットを打たれ、先に点を許してしまう。この後は投手戦の様相となる。お互いテンポよく抑えていき、5回を終えて0-1と両投手の好投で試合は進行していく。

グランド整備を挟んで六回。松田は4、5番にどちらも初球を狙われ、連打を浴びる。さらに進塁打で二、三塁 までランナーを進められると、7番打者にまたも中前へのタイムリー。二者が生還し、痛い追加点となってしまう。

赤尾を打ちあぐねる法大打線はその裏、1番・中村聖弥(経1)が一、二塁間を破り出塁、送りバント、相手のバッテリーエラーで三塁まで進塁すると3番・橘廉(社2)がセンターへの大きなフライを打ち上げる。これが犠飛となり1点を返す。

しかし、松田が立ち直れない。七回に無死満塁のピンチを招くと無念の降板となってしまった。代わりにマウンドにあがったのは安本(スポ3)。ここで攻めの投球を見せ、最初の打者をショートへのゴロ。これを橘が捌き、6-2-3と送り、見事に併殺を決める。続く打者も遊ゴロに打ち取り、絶体絶命のピンチを凌い だ。ここで流れが法大に来たように思えたが、その裏、得点圏まで走者を進めるも無得点。チャンスを生かせない。

その後はランナーを出すことなく、最後の打者も空振り三振に終わり、ゲームセット。安打はわずか4本。長打は1本も打てず、完璧に赤尾に抑えこまれる形となってしまった。

春に連敗し、優勝を逃した一つの要因となった明大戦。リベンジの機会であったが、投打ともに精彩を欠き、文字通りの完敗となってしまった。しかし、随所では粘りのある守備で点を防ぐことができた。発展途上にある今のチームは試合を重ねるごとに成長している。慶大戦同様、ここからの逆転での勝ち点を目指して、次戦は打線の援護に期待したい。(芳野 史征)

選手のコメント

松田知行

―春から数えて明治には3連敗です
高校からの実力で、法政や早稲田もそうなんですけど、他の大学と比べたら、高校でそれなりに強いところでやってきた推薦組みがたくさんいて、明治は野球が出来るチームだと思うんですよ。昔から明治は「(試合の)後半に何かある」とか言われていて。個人的には苦手意識は無いんですけど、ノらせたら恐いなというのはありますね。清瀬杯も優勝して勢いもありますし、注意したかったんですけど…。まだ法政がチームとして機能していないというのは正直ありますね。

―前半は抑えていましたが六、七回につかまってしまいました
それが今の自分の弱さというか。自分としてはそこまで疲れていなかったんですけど、自分の思うように球がいっていないというのもありましたし。明治が試合の後半から対応してきたということだと思います。最初の方は全然振ってこなかったんですけど、後半は初球からどんどんきて打たれていたので。ミスというか、バッテリー間でもう少し考えて配球をすれば防げたのかな、というのはありますね。自分は、1本ヒットを打たれると簡単に点を取られてしまうというのが高校からの欠点なんですけど。それを直していければ、とは毎回毎回言っているんですけど、まだまだ克服できていない状態ですね。セットポジションが苦手というのは目に見えているので。

―現在のチームの状態をどう捉えますか
新チームになって外野が弱いなというのはみんな思っていて、練習もしていて。自分は今日は良く出来た方かなと思っていてプラスの面もあるんですけど。抑えているから良いピッチャーというのは間違いないんですけど、やっぱりキャッチャ―に抑えられている印象なので、そこは見習わないとって思います。逆に言えば自分たちのバッテリー間の弱さが明確になりました。

―チームとしてまだこれから、という感じでしょうか
そうですね。出来るやつらは揃っているので。でも個人個人が能力を持っていても、チームとして機能しないと勝てないって高校でも強く思ったので。今回の秋のリーグ戦は「チーム作り」という形なんですけど、でもいつまでもそんなことを言っていたらグダグダとしてしまうので、出来るだけ早くチームを完成させて。チーム力というのはやはり大きいので。思いやりというか、そういう部分が出てくれば結果も変わってくるのかなって思います。

佐野健太

―先週は体調を崩されていたそうですが、コンディションはいかがですか
もう大丈夫です。風邪をひいていた時に寮の皆がスポーツドリンクやゼリーなど買ってくれたりしてくれて、凄く助かりました。

―以前から抑えられている赤尾投手の打ちづらさというのはどの部分に感じますか
凄くまとまっている投手で、その中でキャッチャーが上手くリードしているので、自分達はかわされているなと感じます。

―明大には春から3連敗となっていますが、苦手意識はありますか
特別にはないです。でも接戦も多いですし、チームカラーも似ていると思うので、苦手意識はないですけど、負けたくないという思いはあります。     

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み