準硬式野球
 

【準硬】秋季リーグ戦 慶大2回戦 シーソーゲームを制して第3戦へ

投打かみ合わずに完敗した昨日からメンバーを変えて臨んだ第2戦。山路侑平(経3...

投打かみ合わずに完敗した昨日からメンバーを変えて臨んだ第2戦。山路侑平(経3)が3シーズン振りの先発マスクを被り、正捕手・佐藤裕太(経2)が大学初の三塁手で先発となった。

試合結果

試合結果

 12345678910HE
法 大 0 0 0 0 0 1 1 2 0 1 5 11 2
慶 大 0 0 0 1 1 0 0 2 0 0 4 7 1

(法大)末次、安本、阿部、○大谷(①勝)‐山路
(慶大)岩崎良、高木、●中場‐小西
 

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥 4 1 1 2
2 (8) 長田 悠志 6 2 0 0
3 (6) 橘 廉 4 0 0 1
4 (3) 脇坂 晃一郎 4 1 0 1
5 (7) 小野 慶典 4 3 1 0
6 (4) 落合 大泰 3 2 0 1
7 (5) 佐藤 裕太 2 1 0 2
8 (1) 末次 慶一郎 1 0 0 0
  PH 永田 直 1 0 0 0
  1 安本 剛史 0 0 0 0
  1 阿部 春太郎 0 0 0 0
  1 大谷 亘輝 0 0 0 0
9 (2) 山路 侑平 4 1 2 1

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次 5 4 4 0 1
安本 3 2 1 2 1
阿部 0/3 1 0 0 1
大谷 2 0 1 0

戦評

法大が延長戦の末に接戦を制し1勝1敗とした。
法大1点リードで迎えた九回。このイニングから登板した阿部春太郎(経2)は、相手の先頭打者に対して制球が定まらずに3ボールとすると、カウントを取りにいった甘い球を痛打され同点の本塁打を浴びる。阿部はわずか4球で降板となり、4年生の大谷亘輝(スポ4)がスクランブル登板となった。大谷がその後を三者凡退で抑えると、延長十回の攻撃で再び法大が勝ち越した。先頭の小野慶典(経1)がこの日3本目の安打で出塁。続く落合大泰(法3)が犠打、佐藤裕太(経2)がこの日2個目の死球でつなぐ。大谷も犠打で二死二、三塁と舞台を整えると、打席にはこの日、実に1年半ぶりに先発マスクを被った山路侑平(経3)。序盤の2度のチャンスでは凡退するも、「試合勘が戻ってきた」八回には2点適時打を打っていた。この場面でも、相手投手が右投げということもあり「打てると思った」が、結果は四球。それでも次の中村聖弥(経1)が左前にきっちり勝ち越し打を放った。その裏の守備も大谷がマウンドに登る。一死から四球を出すが後続を抑え、最後は大学で初めて三塁を守った佐藤がゴロを捌きゲームセット。主力だった4年生の多くが抜け、まだ手探り状態の新体制チームが秋1勝目を手にした。(上田康太郎)

選手のコメント

山路侑平(11年秋シーズン以来の公式戦)

―今日は接戦の末の勝利でした
疲れました。ずっと佐藤が出ていて自分は久しぶりだったんですけど。「どうなるかな?」と思ったんですけど、まとめられて良かったです。

―公式戦は久しぶりですね
1年の時の秋ぶりですね。それからずっと佐藤が出ていたので。

―緊張みたいなものはありましたか
緊張はしていないです。ただ「どうなるかな?」って。でも途中くらいからだいぶ普通にいけました。

―それぞれの投手の今日の配球が、外が多かったように見えました
そうですね。外で感じとってみたいな。相手があまり打てていなかったので続けました。安本は緩急使って、コントロールでという投手なので。外の出し入れと高低と、たまにインコースも使って、全部で抑えました。

―九回のホームランについて
阿部がちょっと調子が良くなくて、コントロールも良くなくて。「やべえな」と思っていたら3ボールになって、ホームラン打たれて。まあ見ての通りです。

―結果的に四球でしたが、十回のチャンスで「打ちたい」という気持ちはありましたか
はい。最初の打席は全然タイミングが合わなくて「やばいな」って思っていたんですけど、4打席目に1本出てだんだん試合勘も戻ってきていたので。5打席目は相手の投手が右だったし「たぶん打てるな」と思ったんですけど、四球で。まあ次の打者が打ってくれたのでいいです。

―明日に向けての意気込みをお願いします
苦しい展開になりそうですけど、なんとか勝てれば。

佐藤裕太(大学初の三塁で先発)

―今日はサードでの出場でした
高3年の春までずっとやっていました。

―昨日の時点で決まっていたのですか
そうですね。昨日の試合の後に松田さんから電話をもらって「お前サード出来るか」ってきかれて、「いつでも大丈夫です」と。

―グラブはご自身の物ですか
いや友達に借りました。さすがにトレーニング用じゃ出来ないかなって。

―大学入学後の1年半はずっとマスクを被ってきました。今日初めて三塁を守るにあたって緊張はありましたか
キャッチャ―とは違う緊張もあったんですけど、ガチガチで動けない程ではなかったので。いつも多摩グラウンドでやる時は緊張しないんですけど、今日はいい緊張感を持ちながらプレーできました。

―6度の守備機会も無難にこなしていましたね
フライとライナーが多くて、良かったです。

―初回のフライはピッチャーマウンドまで出てきて捕球していました
そうですね、グラウンドを広く使おうと思って(笑)。

―八回のピンチでは安本選手、山路選手と3人でタイムを取っていましたが
さっきも山路さんに言われたんですけど、「キャッチャ―がもう一人内野にいると、状況判断が2人のキャッチャ―で出来てやりやすい」って。自分もあの場面だったらタイムを取っていたので、山路さんにタイムを取りましょうって言って。安本さんはかわしていくピッチャーなので、いつも通り投げられればランナー出しても点を取られないという思いが頭にあったので「気楽にいきましょう」って。後はプレーの確認ですね。

―打撃に関しては、昨日と今日で4死球でした
どういうことかは聞いてみないとわからないですけど。(中場投手から3死球で)嫌われているのかもしれないです(笑)。

―今日サードを守ってみて、捕手と三塁手どちらが好きですか
高校の時はサードあまり好きではなかったんですけど。キャッチャ―もゲームを支配出来るというのがあるんdねすけど、サードも違うところからゲームが見れるので。甲乙つけ難いですね。まあ今日エラーしなかったので楽しかったですけど、していたらキャッチャ―がの方がいいって言ってますね。

―最後の一塁への送球は少し高く逸れて危なかったですね
思い切り助走をつけてしまいました(笑)。

―第3戦に向けて一言お願いします
1、2戦やってきて次負けたら今日の勝ちが意味ないので。全力で積極的なプレーをチームに促していけるように、自分がまず行動していきたいですね。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み