準硬式野球
 

【準硬】秋季リーグ戦 慶大1回戦 秋季リーグ開幕!新チームで挑む秋 投打が噛み合わず黒星発進

六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対 慶應義塾大学1回戦
2013年9月7日(土)
大田スタジアム

いよいよ幕を開けた秋季リーグ戦。初戦の相手は慶大だ。新体制で臨んだこの試合は、序盤から相手に主導権を握られ苦しい展開に。何とか喰らいつきたい法大だったが…

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 5 0 0 0 2 1 0 8 13 0
法 大 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 10 1

(慶大)○中場、高木‐小西
(法大)●松田(1敗)、阿部‐佐藤
 

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥 4 3 1 0
2 (5) 君塚 豪 4 0 0 0
3 (6) 橘 廉 4 1 0 1
4 (3) 脇坂 晃一郎 4 2 0 0
5 (9) 小野 慶典 3 1 0 0
6 (4) 落合 大泰 4 0 0 0
7 (2) 佐藤 裕太 2 1 0 2
8 (1) 松田 知行 0 0 0 0
  PH 前川 祐樹 1 0 0 0
  1 阿部 春太郎 0 0 0 0
  PH 内川 慶一 1 0 0 0
9 (8) 長田 悠志 3 2 1 0

 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
   松田  12 7 2 7
阿部 2 1 0 0 1

戦評

春の雪辱、そして、悲願のリーグ制覇を目指す法大は初戦、慶応大と対戦した。
 
4年生の名前が消え、1,2,3年だけで形成された新しいスターティングメンバー。新チームの始動とともに松田が先発マウンドに立った。
 
一、二回と得点圏にランナーを背負いながら無失点の立ち上がりであったが、三回に捕まる。ヒットと送りバントで三度、得点圏にランナーを置くと、今回は粘れず、相手2番にタイムリー打たれて先制を許す。さらにここから死球、犠打を含む5連打と慶応打線の集中打を浴び、この回5失点となってしまう。反撃したい法大は先頭打者が死球で出塁。そのランナーを送って、1番中村が適時打を放ち、まず1点返す。五回にも9番・長田の中越え二塁打でもう1点。さらに、一死一、三塁のチャンスを掴むが、君塚、橘が凡退となり、なかなか流れを呼び込めない。
中盤に入り、直球を軸に立ち直りを見せていた松田であったが、100球を超え、疲れが見えてきた七回、3本の長短打で2点を失う。打線も毎回のように安打で塁に出塁するが、あと1本が出ない。2番手・阿部も失点し、投手陣は計13被安打、8失点と攻略されてしまった。九回もランナーを出しながらも併殺でゲームセットとなった。
 
序盤から主導権を握られ、慶大に効率のいい攻撃、粘りの守備を許し完敗スタートとなってしまった秋リーグ初戦。それでも、試合後のミーティングでは真剣に話し合う姿があり、今後に向けてチーム一人一人の意識の高さが伺えた。まずは明日勝って、タイにして3戦目に持ち込ませたいところである。まだリーグは始まったばかりだ。(芳野 史征)

選手のコメント

松田知行

―今日の試合を振り返って
先発として一番やってはいけないことをやってしまいました。
 
―今日のピッチングについて
5点取られるまでは、変化球主体で投げていたんですけど、なんか合わされるので、「切れてないのかな」と思って、4回以降は真っすぐを中心にして、真っすぐで押して抑えられたので、もうちょっと早く気付くべきでした。
 
―内角を攻めて2つ死球を当てる場面がありました
シュートなんですけど、いつもはインコ―スへと。そんなにデッドボール当てたことなかったんですけど、ちょっと今日は調子悪かったわけではないんですけど、ダメでした。
 
―夏はあまり調子があがらなかったそうですね
いや、全日とかは普通によかったですね。でも、絶不調とかなったことはないんですけど、普通かちょっといいぐらいがいつもなんで、それでも結果がついてこないのが今の現状です。
 
―リーグ戦の開幕投手についてはどうですか
あまり意識はしてなかったんですけど、これからリーグ戦が始まる上でチームに勢いをつけさしたかったんですけど・・・。みんなに悪いことをしてしまいました。
 
―投手陣についてはいかがですか
大谷さんというすごい軸が抜けるかもなので。まだよく分からないんですけど。抜けたとしても、それなりに投げてきた安本なり、自分も含めて、末次、今日投げた阿部もですが、主がいなくなるものですが、そこまでは戦力ガタ落ちしてるわけではないので、失点は計算できますね。問題は打撃ですよね。でも、自分が今日みたいなことしちゃうとダメなんですけどね。打線が線になってチャンスを生かせるようになれれば、勝てると思います。
 
―試合後のミーティングでは中心になってしゃべっていましたが何をお話になられたんですか
今日は自分の責任だから謝りました(苦笑)。あと、これから新チームでやっていくのでチームとしてどうだったかを見てみんなに言って、これからのことをまとめました。
 
―新チームの主将については
今の時点では自分がやる、っていう風になってます。まだ確定ではないのですが、その辺が曖昧でなんです。
 
―これからどんなチームにしていきたいですか
どんなチームか、って言われたら勝てるチームが一番ですし、それろメリハリ、練習するときは練習する、休むときは休む、メリハリを大事にしたチームにして、今まで以上のところまでいけるようにしたいです。

 

脇坂晃一郎

―今日の試合を振り返って

ヒットを打ちながら点が入らなかったので、もっと点が取れるようにしていきたいです。

―右方向への安打が多かったように思いますが、チームで意識していましたか

皆大振りになっていたのでコンパクトにいこうと。その結果逆方向が多くなりました。

―リーグ戦初戦が慶大でしたが

特に意識はしていませんでした。

―新チームになりましたが、チームを引っ張る役割は誰が担っていますか

セカンドの落合と自分が上級生で出ているので、自分たちが引っ張って行って、ピッチャーの松田がキャプテンなんでフォローできるようにしていきたいと思います。

―秋になり背番号が変わりましたが、背番号が変わる経緯は

自分の希望ですね。

―ご自身の背番号(23)にこだわりはありますか

前にこの背番号を付けていたのが茨田さんなんですけど、茨田さんのようなバッティングができるようにしていきたいです。

―この秋どのようなチームを目指していきたいですか

4年生が抜けて弱くなったので、皆で1つ1つ大事にしたいです。ミスがあると勝てないのでミスを少なくして、小さいところから改善していきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み