準硬式野球
 
 

【準硬】新人戦2回戦 対早大 接戦を制し決勝進出!!

六大学準硬式野球新人戦2回戦 対早稲田大学
2013年6月1日(土)
法政大学多摩グラウンド

春季リーグ戦が終わり1週間。1、2年生を中心としたチームは新人戦に挑んだ。1回戦がシードの法大は2回戦で早大と対戦。試合は終盤まで目が離せない接戦となった。

中村は1番打者として4安打

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 2 1 0 1 0 0 4 11 2
早 大 0 3 0 0 0 0 0 0 X 3 8 3

(法大)○阿部‐佐藤
(早大)沼座、●向江‐松下

メンバー

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (7) 中村 聖弥 5 4 0 0
2 (5) 佐野 健太 4 0 0 1
3 (6) 橘 廉 4 1 1 0
4 (9) 小野 慶典 4 1 0 0
5 (2) 佐藤 裕太 4 1 0 0
6 (8) 長田 悠志 3 1 0 0
7 (3) 永田 直 3 1 1 0
8 (1) 阿部 春太郎 4 2 1 0
9 (4) 君塚 豪 4 0 0 0

 

 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
阿部 9 8 3 4 1

戦評

この試合先制したのは早大だった。法大の先発・阿部(経2)は二回裏、一死から四球でランナーを背負うと続く打者にも安打を許し、一死一三塁のピンチを招く。ここで早大は意表を突くスクイズ。打球はうまく投手の脇をすり抜け内野安打となり、思わぬ形で先制点を許してしまう。さらに君塚(スポ2)の失策、佐藤(経2)の悪送球といった守備の乱れもあり、この回計3点を奪われる。

反撃に出たい法大は四回表、一死から佐藤が右安打で出塁。長田(社2)の犠打で二死二塁とすると、永田(経1)が左越え適時二塁打を放ち一点を返す。さらに続く阿部にも中前適時打がとびだし、1点差に詰め寄ると、続く五回には一死三塁から橘(社2)が適時打を放ち同点に追いつく。

両校ともに追加点を奪えず、同点で迎えた7回表。先頭・中村(経1)が二塁打で放つと、相手が打球処理を誤る間に三塁へと進み、無死三塁のチャンスをつくりだす。すると続く佐野(社2)の振り逃げの間に中村が生還。待望の勝ち越し点をあげた。9回裏、二死二塁という一打同点のピンチを背負うも、後続を見逃し三振に仕留め試合終了。1点を守り切った。

阿部は得点圏に走者を背負いながらも要所を締め、追加点を与えず完投勝利。粘り強い投球を見せた。
打撃では中村が5打数4安打と大暴れ。チームの勝利に大きく貢献した。

ビハインドから見事勝利を収めた法大。決勝でも粘り強い野球をみせ、新人戦優勝を勝ち取って欲しい。(武藤 海)

選手のコメント

阿部 春太郎(粘りの投球で完投勝利)

―今日の試合を振り返って
とりあえず勝ててよかったです。

―リーグ戦の東大二回戦以来の登板となりましたが
(実戦間隔は)チーム内の紅白戦など、実戦形式の練習で投げていたので大丈夫でした。でも、慌てる場面や力んでしまう場面があったので、それは直さなければと思います。

―バッティングの方でも2安打1打点と活躍を見せましたが
全然バッティング練習はやってないので、気負わず、中途半端なスイングにならないようにいきました。

―見つかった課題や収穫はありましたか
収穫は9回を投げ切れたことですね。課題は変化球です。

―今後に向けて
昨年はプレーできなかったので、これをきっかけにチームや監督の期待に応えられるよう、貢献できるよう頑張っていきたいです。

中村 聖弥(4安打の活躍)

ー今日の試合を振り返って
大事なところで凡ミスというかレフトフライを打ち上げてしまい、勝ったのはよかったんですけど、自分的にはそこはマズかったです。

ーそれでも4安打の固め打ちでした。その点に関して
今週は休みが多かったので、体調を上手く整えられて調子も上がったんですけど、ここで上げちゃったので、来週の全日予選会が少し不安です。

ー今日は1番打者で、意識したことはありますか
出塁することですね。それと短打を狙ったことです。

ー新人戦ということで、1・2年生のチームでしたが普段と違いはありましたか
特に違和感はなかったです。3・4年生が抜けたとこに入った人も、もちろんいい選手なので違和感なくやれたと思います。

ー明日に向けて
一応決勝戦なんで勝ちたいです。

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み