準硬式野球
 

【準硬】春季リーグ戦 慶大1回戦 4年生の力!打線復調で久々の快勝!

六大学準硬式野球春季リーグ戦 対 慶應大学1回戦
2013年5月25日(土)
法政大学多摩グラウンド
 

早大に敗れリーグ3連覇は逃した法大。それでも慶大に2連勝しリーグ戦2位通過を目指す。

三回、宮川が逆転の3ラン本塁打を打つ

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 1 0 0 0 0 1 0 1 3 7 2
法 大 0 0 3 2 0 1 0 1 X 7 7 2

(法大)○大谷(③勝2敗)‐佐藤
(早大)●岩崎、中場‐木藤
 

メンバー

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (8) 縣 悠太 3 2 2 1
2 (5) 佐野 健太 3 0 0 0
3 (9) 宮川 拓実 4 1 3 0
4 (7) 中村 聖弥 4 0 0 0
  7 長田 悠志 0 0 0 0
5 (3) 舟木 大河 3 0 0 1
6 (6) 橘 廉 4 2 1 0
7 (4) 落合 大泰 2 0 1 0
8 (2) 佐藤 裕太 3 1 0 1
9 (1) 大谷 亘輝 2 1 0 1

 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
大谷 9 7 5 3 3

戦評

 法大の先発は大谷(スポ4)。二回、先頭打者に2塁打を打たれピンチを背負う。二死までこぎつけ、8番打者をファースト正面のゴロに打ち取ったかに見えたが、一塁手の舟木(社4)が送球を捕球しきれず二死一、三塁とピンチを広げてしまう。続く打者にタイムリーを打たれ、先制点を献上してしまう。

 反撃に出たい法大は三回、2つの四球で一死一、二塁のチャンスを作りバッターは2番・佐野(社2)。しかし、2ボールから簡単に打ち上げてしまい三飛に倒れる。流れが途切れたかに思えたが、この逆境を昨年クリーンナップを務めた3番・宮川(経4)が跳ね返す。4球目の真ん中付近に入ったストレートを強振、打球はレフトスタンドに突き刺さる逆転3点本塁打に。この一発で法大が試合の主導権を握った。

 四回には満塁の好機に1番・縣(社4)がレフト線を破る2点タイムリー2塁打。六回にはヒットとエラーで無死三塁とすると、今季不調気味の落合(法3)がセンターへの犠牲フライを放ち順調に点を重ねていく。八回には橘(社2)が右翼へホームラン。猛打賞となるこの一本で慶大にとどめを刺した。

 大谷はいい出来とは言いがたい内容だったが、ここ一番のピンチも最少失点に抑える粘りのピッチング。結局、最後まで一人で投げ切り今シーズン2度目の完投勝利を収めた。逆転、中押し、ダメ押しと理想的な攻撃パターンでこの試合を制した。チームで5得点以上したのは、第1週、2戦目東大戦以来であり、久々に打線の繋がりを見せた。(芳野 史征)

選手のコメント

大谷 亘輝(今季2度目の完投勝利)

―今日の試合を振り返って
今日負けるとチームがしんどい状況になってしまうので、どうしても1戦目とりたかったですし、チームみんなで「絶対に1戦目はとっていこう」と言ってきました。

―かなり高い意識をもって試合に臨んだわけですか
いや、そういう感じではないです。みんな平常心です。2位になれる可能性はありますけど、気負いすぎるとダメなんで。いつも通りの入り方をしたから、この結果になったのかなと思います。

―ご自身のピッチングについてはいかがですか
甘い球はすごい多かったですし、低めへの、今まで決め球にしていたボールを振ってくれなくて、しんどかったです。工夫してやってましたけど、内容には満足していませんね。

―先制された後、宮川選手に逆転のHRが出ました
本当に(前の打者)佐野が悪い形で凡退してしまって、チャンスが潰れて、ズルズルいってしまうところでしたけど、あの一発は一番大きなプレーでした。そこでチームも勢いにのれましたし、凄い楽になりましたし、今日のあれ(HR)が全てです。

―最終回(無死満塁)の場面はどうでしたか
知らない間に満塁になっていて(笑)。今日のテーマで”ピンチでも0に抑える”ってことを意識していましたが、全然0に抑えられなくて、ピンチは全部点に繋がっちゃたんで、そういう意味では、最終回もダメでした。でも、そんな中でも最少失点に抑えられて、ズルズルいかなくてよかったです。

―チームで5得点以上は第1カードの東大戦以来でした
そうなんですか!打線はなにが起こるか分かりませんので、明日打てるとも限りませんし、その中で自分たち(投手陣)が計算できないといけないとチームも苦しくなってしまうので。投手陣が最少失点、最少失点、でいけば打線が応えてくると思います。そういうデータが物語っているのは、ピッチャーが大事というのが分かったので、やっぱり、頼りにはしているんですけど、自分たちが逆に頼られるぐらいの投手陣を作っていかないと思います。

―今年は松田、末次投手ら下級生の台頭により投手陣が充実してきました
正直、塚本(裕馬=H23卒)さんが抜けてから自分一人でやってきた感じで、本当に自分でやって自分で勝ってで、すごいやってて楽しかったんですけど(笑)。でも、マツ(松田)がすごい成長してきて、1戦任せられるようになってきて本当に大きいです。末次に関しては高校の実績があるんで、そこには全然心配していませんし、今までの投手とはタイプが違くて、相手を翻弄するというタイプなので使えると思います。あとヤス(安本)が出てくれば・・・。4枚いれば、試合は組み立てられるので、頼もしいです。自分が不甲斐ない中、みんなが頑張ってくれたので、嬉しいです。でも、負けたくないです。

―おそらく、今日で最後の登板になると思いますが、今季の春リーグを振り返ってはいかがでしたか
やっぱり、全然納得していません。一番勝たないといけない試合(早稲田戦)で早々とノックアウト食らいますし、明治戦のときはバントの時に指を痛めますし、注意不足です。本当にチームに迷惑かけっぱなしで、本間さんとかに「今季はやってくれよ」って言われていたのに、それを裏切る形になってしまって心苦しかったです。今日はそれを全部取り返そうと思って投げたんですけど、満足いかなったです。

―リーグ戦を振り返ってみてこれからやっていかなきゃいけないことはなんですか
チームととしては”守備と走塁”を心がけていきたいです。もっともっと向上させていかないといけないですし、間違いなく自分たちが劣っているのはそこです。そこをもっとやっていけばもっといいチームになると思いますし、バッティングとか投手陣は他とは引けをとっていませんし、というか、法政が一番だと思っています。でも、守備・走塁は3、4位くらいなので、そこをどうするのが課題ですね。

―最後に明日へ向けて一言お願いします
自分は先発じゃありませんけど、昨年からすごい成長しているマツなので、明日はベンチから安心してゆっくり見ていたいと思います。(笑)。

縣 悠太(2安打2打点)

―今日の試合は久々にたくさん点が入りました
今日は4年生の自分と宮川がうまくつなげたのが良かったですね。

―ご自身も久々にマルチ安打で今シーズン初打点を記録しました
今日でやっと5安打、なのかな。全然打ててなかったので。最初のバントヒットが自分の中で吹っ切れたというか。1打席目の初球を振った時に、自分の中で「考えちゃっているな」というのを感じて、もうふっ切ろうと思って。周りを見た時に(相手守備の)ポジショニングがおかしいなというのに気づいて、バントが狙い通りにできました。そこでリーグ戦通しての気持ちが晴れたといか、そこからすごく気持ちが楽でしたね。

―それではしばらく悩んでいた時期が続いていたと
ずっと考えていましたね。関東(大会)の時に、自分で言うのもなんですけど、(自分が)打てて塁に出て還って、とうのが必勝法でベスト4まで行けたので。それを気負いすぎてたというのがありますね。「打たなきゃな」と悪い方向に考えてしまっていましたね。

―昨シーズンに比べたら縣選手もチームも打撃に苦しんでいました
そうですね。自分もなんですけど、チーム全体的に空回りしちゃってる感じで。でも最後になんとかするのが法政なので。それを今シーズンも出来たといのが良かったですね。

―昨シーズンと比べたらスタメンに下級生が多くいますが
すごく感じているのが、昨年は4年生が守るっていう役割で、自分たち3年生が打ってやろうぜみたいな感じで。その役割がうまく果たせていてかみ合っていたんですけど。今シーズンは下級生が多くて、舟木も含め今シーズンから(試合に)出始めるというのも多くて。最初のうちは内野のまとめ役がいなくてうまく回らなかったんですけど、やっと守備の方がかみ合ってきてくれたので。佐野もやっと引っ張りだしてくれるようになって、それが良かったです。今日の試合はそれがまとまって出た試合だと思います。これまでだったら佐野がエラーした後に点が入っていたんですけど(今日は入らなくて)。あいつの中でも吹っ切れたといのもあったと思うんですけど、「おちゃらけててもいいからちゃんと雰囲気を作れ」と言ってきて、それが出来るようになったので、内野はもう大丈夫かなと思います。

―明日がリーグ戦最後の試合になるといいと思うのですが
したいですね(笑)。まあ明日最後にしてくれないと就活行けないんで。でもだいたいの4年生がベンチの中に戻ってきてくれていて、それも(好調の)一つの要因だと思うんですけど。やっと一つになる時が来たのかなと、感じるんで。今日がステップとして明日本当に一つになれたらいいなと思います。

橘 廉(ダメ押しのソロ)

―今日の試合を振り返って
先制点は取られましたが、宮川さんのホームランで流れが変わってみんなも勢いづいて、おもいきりが守備にも攻撃にもつなげられたので先輩方のプレーは助かりました。

―橘選手自身も3安打の固め打ちという結果については
早稲田戦で力が入ってしまっていたので、今回は楽にいこう、とりあえず出塁しようと思った結果だと思います。

―八回の本塁打については
ボールが先行していたので、ストライクゾーンを絞って鋭い打球を打とうと心がけていたら、上手くタイミングが合いました。

―打った球やコースは
確か、真っすぐでインコースだったと思います。

―チームとしても、橘選手自身としても久しぶりの本塁打でしたが
確かにそうですね(笑)それに久しぶりに点差がひらいていたので自分も後半思い切り打てました。点差がひらくことによって、自分達のプレーがより思い切りできるので、今度は点差が縮んだときにそれができたら強くなると思います。

―早稲田に負けて優勝はなくなったなかでの今日の試合でしたが
慶應との戦いは予選会出場の決定戦のような感じなので、一人一人いつも以上の気持ちを持って、個人の結果ではなくとりあえずチームが勝てばと思って自分はやっていたので、まぁみんなも同じようにやっていたと思います。ベンチの雰囲気もいつも違った感じでいいと思います。

―明日に向けて
とりあえず前半で決められるように序盤から守りを固めて流れをつくって、攻撃は今日のような思い切りで勝ちたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み