準硬式野球
 

【準硬】春季リーグ戦 早大1回戦 投打で完敗 王者を止められず

六大学準硬式野球春季リーグ戦 対 早稲田大学1回戦
2013年5月11日(土)
法政大学多摩グラウンド

ここまで勝ち点を落としていない早稲田に黒星をつけ、優勝争いに加わりたい法大。前カード立教戦で完封勝利を挙げた末次が、大事な初戦のマウンドを任された。

先発した末次

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 2 0 0 1 0 2 2 0 0 7 10 1
法 大 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 9 3

(早大)○石田、向江、沼座‐木藤
(法大)末次(1勝①敗)、大谷‐佐藤
 

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (9)→8 縣 悠太 4 1 0 0
2 (5) 佐野 健太 4 2 0 0
3 (8)→9 宮川 拓実 4 1 0 0
4 (7) 中村 聖弥 4 1 1 0
5 (6) 橘 廉 3 0 0 1
6 (3) 舟木 大河 4 2 0 0
7 (4) 落合 大泰 4 0 0 0
8 (2) 佐藤 裕太 4 1 0 0
9 (9) 末次 慶一郎 1 0 0 0
  PH 小野 慶典 1 1 0 0
  9 大谷 亘輝 1 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次  6 6 5 3 3
大谷  3 4 2 3 2

戦評

 ここまで8試合で7勝をあげ、勝ち点を全て奪い波に乗る早大の勢いを止めることが出来なかった。法大は前カードで公式戦初先発で完封勝利した末次(社1)が先発のマウンドへ登った。しかし、初回から早大打線につかまり2失点すると、その後も際どいコースのボールをことごとく見極められ、甘く入った球を痛打される。相手の足を使った攻撃にも苦しめられ、けっきょく6回を投げて5失点。「思い通りのピッチングが出来なかった」。
 打線も好機を作りながらあと一本が出ず、流れをつかみきれなかった。特に痛かったのが六回の攻撃。先頭の代打・小野(経1)が内野安打で出塁するも、縣(社4)がこの日二つ目の併殺打。二死から佐野(社2)、宮川(経4)、中村(経1)の3連打で1点を返すが、橘(社2)が一ゴロに倒れチャンスを生かしきれなかった。七回からは大谷(スポ4)が登板するも、3安打と2四死球でこの回2点を失いで万事休す。法大は九回に1点を加えるのが精いっぱいでけっきょく投打に完敗した。

 今シーズン打線の破壊力に欠ける法大は、勢いに乗る早大相手に乱打戦では分が悪い。好守で無駄なミスをなくし、主将・舟木が掲げる「堅い野球」でいかに接戦に持ち込めるかが鍵となる。明日先発の大谷が今日4度の出塁を許したリードオフマン・駒田を抑え、舟木がキーマンにあげる縣と落合(法3)に当たりが出始めれば法大にも十分勝機はある。(上田 康太郎)

選手のコメント

舟木 大河 主将

―今日の試合を振り返って
気は抜けてないと思うんです。けど、正直、早稲田から勝ち点とれば、上位1~3位には入れるので、早稲田戦がリーグを左右するから大事って空き週からずっと言い続けていたんですけど、なんか噛み合わないです。今日は早稲田の足にやられました。

―先制点取られたことで流れを持っていかれたんでしょうか
(早大)先頭の駒田を出してしまったのが、一番いけなかったですね。先制点はセンターへのタイムリーだったんですけど、今日、本当は縣がセンターだったんですよ。でも、スタメン(オーダー表)の間違いで宮川がセンターで、そういうところもあって自分たちの歯車が狂った感じですね。これはしょうがないです。

―宮川選手が今日から復帰でいきなり実戦でした
いきなりとか関係ないですね。出てなくても、打ちますし、あとたりないのは練習への意欲とか態度ですね。やっぱり実力は誰もが認めています。あいつくらいになると結果残せて当然なので、それ以外のところでもチームを引っ張っていってほしいですね。

―早稲田への対抗策とかはあったのですか
早稲田の足、が去年より強力になっていて、六大学トーナメントのときはそんな足使わなかったんですけど、今回はめっちゃ使ってきて、去年も白石さんとかいたのでそうでしたが、今年も結構走ってきますね。シングルヒットが二塁打になるのできついですね。佐藤の肩も悪くはないですが、これに関しては投手と捕手の共同作業なので、クイックやらをちゃんとしていかないといけないです。明日の先発は大谷なので、他の投手だと足に対抗できませんが、あいつはクイック、牽制が上手いので、初回でリズムを作ってきれると思うので、それで松田への継投も考えながらやっていきたいです。

―打線の調子が上向きのようですが
悪くはないですよ。でも、縣と落合が…。2人が打つときって大体勝つんですよ。試合のキーマンなんですよね。縣が打てば、得点機だし、落合はチャンスの場面ばっかり回るじゃないですか。2人はなんだかんだ土壇場で打ってくれると思うので、期待してます。

―明日に向けて
負けられないですし、勝ち点とれば1~3位以内には食い込めて、全日への予選会に出場することができるので、そうすれば、リーグ戦終わった後一呼吸おけます。清瀬杯は興味ないので、全日につなげられるようにしたいです。大谷はやるときはやるので大丈夫だと思っていますし、明日勝って、3戦目につなげたいです。

宮川拓実

―今日の試合を振り返って
エラーや打線が打てなくて、末次を助けられなかったのが心残りです。

―久々の出場となりましたが、試合勘の方はいかがでしたか
序盤は怪しかったんですけど、経験があるので余裕でした!(笑)

―二回の守りからセンターからライトへのポジション変更がありましたが
(最初から)ライトで入る予定だったのが、手違いでセンターになりました。センターは今年になってずっと練習してなかったですけど、いけるとは思っていたんですが、初回にミスが出てしまいました。

―いいバッティングもあったとおもいますが
持ち味ですし、振れてきていると思います。

―今後へ向けて
4年生なので、勝ちにつなげる一打でチームに貢献できたらと思います。

末次慶典

―今日の投球を振り返って
調子もあまり良くなかったんですが、思いどりの投球ができませんでした。

―初戦を任されて緊張などはありましたか
立教戦で先発をやらせてもらっていたにで緊張は特になかったです。

―早大打線の印象は
苦手な左打者が多くて嫌でした。際どいコースや外角のボールを見られてしまって。球が甘く入ったところを打たれてしまいました。

―走られる場面が目立ちましたね
自分の投球にいっぱいいっぱいになってしまったというのもあるんですけど、投球のモーションが大きかったです。

―次回に向けて
早稲田にリベンジしたいです!中継ぎでもいいので。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み