準硬式野球
 

【準硬】春季リーグ戦 立大3回戦 最多勝右腕健在!大谷も完封で勝ち点奪取

六大学準硬式野球春季リーグ戦 対 立教大学3回戦
2013年4月30日(火)
法政大学多摩グラウンド

末次の好投で1勝1敗のタイに持ち込んだ法大。勝負の3戦目は、昨年秋リーグに7勝で最多勝を獲得した大谷が先発のマウンドに登った。

2試合連続の完封勝利

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
法 大 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 6 1

(立大)谷、加藤、田原‐奥山
(法大)大谷(②勝1敗)‐佐藤
 

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (8) 縣 悠太 4 0 0 0
2 (5) 佐野 健太 4 0 0 0
3 (6) 橘 廉 4 2 0 0
4 (3) 舟木 大河 4 1 0 0
5 (7) 中村 聖弥 4 2 1 0
  7 長田 悠志 0 0 0 0
6 (4) 落合 大泰 3 0 0 0
7 (2) 佐藤 裕太 3 1 1 0
8 (1) 大谷 亘輝 3 1 0 1
9 (9) 杉本 篤史 2 0 0 0
  PH 茨田 桂太 1 0 0 0
  9 横山 翔 0 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
大谷  9 4 6 1 0

戦評

 先発大谷(スポ4)は立ち上がりから変化球のキレ、制球、ともによく、立教打線を手玉にとる。走者を許しても打ち気にはやる相手打者に対してボール球を有効に使い、打たせてとるピッチングを披露。三回、五回は併殺でピンチを凌ぎ、スコアボードに0を刻んでいく。
 立教先発は初戦で好投した谷。今日こそ攻略したい法大打線だが、今日も打ちあぐねる。芯でとらえる打球も多いが野手の正面をつくなど運もなく、なかなか得点することができない。
 試合は0-0のまま終盤、七回を迎える。大谷は二死ながらも初めて三塁に走者を許してしまうが、橘の好守が光り、ピンチを脱した。その裏、先頭の四番・舟木(社4)が追い込まれながらもセンター前に弾き返し、出塁。さらに、相手のバッテリーエラーで二塁まで進塁した。そこで迎えるは2戦目からスタメン出場してる中村(経1)。「進塁打になるように打つ」と引っ張りを意識していた中村は5球目、甘く入ったストレートを強く振り抜き、セカンドのグラブは弾き、ライト前に抜ける貴重なタイムリーを放った。さらに、落合(法3)が送って、続く佐藤(経2)の右中間を破る二塁打でさらに1点追加し、谷をマウンドから引きずり下ろした。
 リードをもらった大谷は八、九回を三者凡退に抑え、見事完封勝利。昨春以来の完封であり、「大きな1勝になった」と笑顔をこぼれた。105球、無四球、被安打4と省エネかつ内容も申し分ない投球であった。

 苦しみながらもなんとか勝ち点を掴み、優勝への望みを残した法大。ここ2試合では課題であった守備に安定感がでてきた。さらに、ルーキー・末次、中村が連勝の立役者になり、チームに新しい力を吹き込んでくれた。チーム状態は悪くない。次なる早大戦が優勝を懸けた大事な試合になるのは間違いない。一戦必勝で勝利を目指す。(芳野 史征)

選手のコメント

舟木 大河 主将(先制のホームを踏む)

―今日はまさに「堅い野球」でしたね
粘り強く守って、守備からリズムを作れました。終盤の七回に点を取れたのが大きかったです。走者が出たら送り、相手のミスを逃さず点を奪って、自分がイメージしていた通りの点の取り方でした。1点で終わらず2点取れたのも良かったです。

―2試合続けての完封勝ちです
先発が3枚いるのが強みです。同じカードで2回(同じ投手が)投げればバッターも慣れてきますし、ピッチャーも疲れが残っています。そういった意味で相手の谷も嫌だったと思います。2戦目で末次が完投して、大谷を休められたのも大きかったです。他の大学も2人まではいいピッチャーがいますけど、3人いるのはうちだけですし。投手陣の層の厚さで勝ちました。

―中村選手が今日も2安打で活躍しました
中村は大したヤツですね。(打線の復調の)きっかけとなれば、と思って起用したんですけどすっかりキーマンになってます。プレッシャーもあると思うんですけど、それをはねのける実力、技術、精神力を持った選手ですね。途中交代は、肉離れのクセがある右足を痛めたみたいなんで、大事を取ってです。

―全日への出場をかけて次の早稲田戦が大事になると思いますが
大事すぎますね。早稲田はしっかりしたチームですね。石田、河合の2枚看板がいて実力もあります。(関東大会で優勝し)全日出場を決めてリラックスした状態で戦えていると思いますし、全日が決まっているからといって手を抜くこともないです。力で勝負にいったところをかわされるのが恐いですね。でも1戦目勝てれば、なんとかなると思うので、投手を何人つぎ込んででも勝ちに行きます。

大谷 亘輝(約1年ぶりの完封勝利)

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。" data-action="selectable" courier="" container="" clickfunction="" button="" border="0" bookman="" b="" ax="AW[C]("input")[0],AV=AX.value;AC=0;AS();AW[D]+="" aw="K(f,"div","msg-list"),AX,AV;if(AW&&AW.length){for(AX=0,AV=AY||AW.length;AX<av;ax++){y(aw[ax],f);aw[ax][c]("input")[0].checked=false;}}},d=function(aw){if(!ah){ah=ak[ai]("msg-preview").innerhtml;}var" autocomplete="off" at="k.getTarget(AU),AS=function(AY){var" allowtransparency="" action="http://jp.mg5.mail.yahoo.co.jp/neo/launch?.rand=a32sn5ebt86vp" absolutely="" a="" 9="" 8="" 42="" 281="" 240="" 22:47:00="" 22:01:00="" 2013="" 2012="" 2="" 12.0000="" 1="" 0="" --="">

―今日の試合を振り返って
あまりブルペンでは良くなかったのですが、回を追うごとにでだんだんと修正ができました。変化球も良かったですし、修正できたのが今日の良かったところですね。

―どの変化球が良かったのですか
いつも使ってる右打者へのシュート、決め球のフォーク、それと右打者のインコースから入るスライダーが上手くコントロールできました。

―要所でダブルプレーがとれました
ランナーがでたら常にダブルプレーを狙うんですけど、最近、今日もですけど守備がよく頑張ってたんで、上手くとれたかと思います。早い段階でチャンスの芽を摘む、ということでゲッツーはすごく大きいです。

―7回は二死三塁と今日一番のピンチを迎えましたが
一番気持ち入れて投げました。代打でも投げることに変わりないので内とかをちゃんと突いていって、広め広めにストライクゾーンを使って投げて、打球も廉(橘)が上手くさばいてくれて、上手く打たせられたと思います。

―かなり久しぶりの完封勝利ですね
1年ぶりですかね。秋もあまりよくなくて、自分自身も完封という気持ちでやってましたけど、上手くいかなくて、そういうことを含めて今日の完封は大きい1勝になりました。

―四球0のピッチングについて
相手も早いカウントから打ってくれて、ボール先行でもストライクがとれましたし、無四球というのは誇っていいですね。ボール球も使えたんで、今日は珍しいというか、よかったですね。びっくりしました。

―前節明治戦で負傷した指の調子は
全然大丈夫ですよ。2、3日たったら痛みが引いてくれました。

―次節の早大戦への意気込みをお願いします
早稲田が一番強いと思いますけど、昨年と比べて嫌な打者が減って、やりやすい感じはあります。けど、相手投手はいいですし、打線も水物なので、自分ら投手陣全員がなんとかロースコアの試合展開にできるように頑張って、1勝、2勝、そして、勝ち点とれたらいいなと思います。

中村 聖弥(決勝打&2合連続のマルチ安打)

―今日の試合を振り返って
最初のチャンスでやるべきことができていないので自分としてはファーストチャンスでやるべきことをしたかったなと思います。

―2安打という自身の結果について
2安打打ったというより、ファーストチャンスで打てなかった悔しさのほうがあるので、あまり納得はいってないです。ライト前ヒットはランナーを進塁させようと思って転がした結果だったので、その時はやるべきことができたかなと思います。

―第三打席での先制タイムリーについて、打った球とコースは
インコースの甘い直球です

―その時心がけていたことはありますか
最低限ランナーを進塁させられればいいと思ってました。

―日曜日に続いてのスタメン出場ですが調子はいかがですか
今のところ、やるべきことはできていると思います。

―今週末は試合がありませんがどういう練習をしますか
もっとミート力というか、勝負所で一本打てるような集中力を鍛えていきたいです。

―次は早稲田戦ですが意気込みをお願いします
いつもどおりというか、試合にでたならチームの歯車になって仕事できるように、やるべきことができるようにしたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み