準硬式野球
 

【準硬】春季リーグ戦 立大2回戦 ルーキー末次が完封!崖っぷちのチームを救う!!

六大学準硬式野球春季リーグ戦 対 立教大学2回戦
2013年4月28日(土)
法政大学多摩グラウンド

優勝争いへ生き残りをかけ、負けられない一戦。チームを救ったのはルーキーの快投だった!

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 10 0
立 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1

(法大)○末次(①勝)‐佐藤
(立大)●田原、加藤‐奥山
 

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (8) 縣 悠太 5 2 0 0
2 (5) 佐野 健太 4 1 1 1
3 (6) 橘 廉 4 1 0 1
4 (3) 舟木 大河 4 1 0 0
5 (7) 中村 聖弥 4 2 0 0
6 (4) 落合 大泰 2 0 0 0
7 (2) 佐藤 裕太 3 0 0 1
8 (1) 末次 慶一郎 3 1 0 1
9 (9) 杉本 篤史 1 0 0 0
  PH 茨田 桂太 1 1 0 0
  PR 脇坂 晃一郎 0 0 0 0
  9 横山 翔 0 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次  9 4 12 0 0

戦評

 先発のマウンドに上がったのはルーキーの末次(社1)。初回、一死から二者連続三振を奪う上々の立ち上がりを見せる。二回、三回も立て続けに三振を奪い、圧巻の投球を披露。
 快投を続ける末次を援護したい打線は四回に先頭の橘(社2)が安打で出塁すると、二死三塁のチャンスで落合(法3)の打球が相手のエラーを誘い、3試合ぶりとなる先取点を奪う。続く五回には末次が安打で出塁し、二死三塁から佐野(社2)がレフトへタイムリーを放ちさらに1点追加する。
 援護をもらった末次はその後も「走っていた」というストレート、スライダーを軸に立大打線を翻弄。コースをつく隙のない投球で四回以降走者を許さない。
 しかし、九回。完封目前で試練が訪れる。二者連続三振で簡単に二死を取るも、後続に2連打をくらい二死一二塁のピンチを背負う。だが、この場面でも表情を崩さなずルーキーは動じない。最後の打者を冷静に三振に切って取り、試合終了。末次は被安打4、12奪三振、無四球で完封という文句のない内容で初勝利を飾った。
 絶対に落とせない試合で勝ち星を手にした法大。末次の快投はもちろん、前日は精彩を欠いた守備も無失策と大きかった。二桁安打を放ちチャンスを作りながらも2得点と、打線は未だ本調子ではないが少しずつ上向いてはいる。火曜日に行われる3回戦では打線の繋がりに期待したい。(武藤 海)

選手のコメント

舟木 大河 主将

―今日の試合を振り返って
どれだけ練習しても勝たなきゃ意味がないので、内容はともかく、勝ちにこだわろうっていうのをテーマにやった結果、締まった試合になって勝ちもついて良かったと思います。

―春季リーグ初めてノーエラーだった点も試合が締まった要因ですね
奇跡ですね(笑)。最近は守備が良いんですよね。今までも(エラーしてきたのは)サード(佐野)、ショート(橘)のあいつらだったんで、あいつらが安定してくれれば。2人は最近バッティングも良くて、そうするとノッてくるものなんで。でも今日エラーがゼロだったのは、半分以上は末次のテンポの良さだと思います。ピッチャーのテンポの良さで内野の守備も変わってきます。あれだけ良かったら守備も守りやすいですし。

―負けたら優勝争いから遠のく一戦で完封した末次投手について
昨日から「お前が明日先発な、負けたら終わりやぞ」ってからかい程度に言ってて。まあでもこれくらいでプレッシャーに押しつぶされて投げれなくなるタマでもないんで。(高校時代に)2年からエース張ってるだけあって、2年の夏に準優勝、3年は優勝しててそれも全部自分一人で投げてて。逆にプレッシャーを力に変えて投げられるピッチャーだと思うので、ハートは強いですね。だから今日は先発に起用しました。でも予想以上のピッチングをしてくれて。

―被安打4、四死球0、奪三振12で文句のない内容ですね
テンポ良くて、フルカウントもほとんどなくて、ストライク先行で。末次もこういうピッチングを一度すれば自信になると思います。あいつ自身は「今日はそこまで調子良くない」みたいなことを言ってたんですけど、もっといいピッチングが出来るみたいなんで(笑)。今まで(先発が)2枚しかなかったところに、もう1枚加わって心強いですね。

―同じ1年生の中村選手も2安打で活躍しました
あいつにも昨日から行くぞって言ってあって、やっぱり中村を使った理由として、ここ3試合(打線が)打てていなかったので、同じメンツでやっていてもマンネリ化するんで新しい刺激をと思って。中村は何でも出来ますし。今日はセーフティーに長打もあって、マルチなプレイヤーですね。長打もあって、広角に打てて、足も速くて。守備も無難にこなしてくれて、こっちからしても使いやすい選手です。これから僕らが抜けたあとも中心となる選手だと思います。

―勝利ましたが、10安打で2得点、また後半4イニングは得点圏に走者を出しながら点を奪えませんでした
普通だったらそういう状況はピッチャーも嫌だろうし、守備も嫌な空気が流れるものなんですけど、それを感じさせないだけの末次(の投球)に尽きますかね。見ていてあれだけ安心することはなかなか無いんですけど。本当に打たれる気がしませんでした。だから今日は助けてもらいました。さまさまです。

―今日のテーマの一つに「得点圏に走者を進める」というのがあったと聞きました
(4番の)僕もバントしましたし。ウチは強力打線でもないですし。数少ないチャンスをものにして、ピッチャーを中心に守り抜く野球スタイルに、、最近はなりつつありますね。関東大会までは、何点取れれようが取り返すスタイルだったんですけどね。

―他の選手やマネージャーは日大で完封負けされてから歯車がかみ合わなくなってきていると言っていましたが
言われてみればそうですね。でもそのぶんエラーも少なくなってきて、今日は奇跡の0ですし。これからも何点差離れようがランナーが出ればバント、といった野球を。僕はそういうのは好きではないんですけど、ランナーが出て打ちにいって併殺で、となったら一気に流れが悪くなってしまうので、それだけは避けたいです。だから堅い野球を目指していきたいです。ホームランを打てるバッターもいないですし、残りの相手を考えてもそういうスタイルになっていくと思います。 

末次 慶一郎(12K完封勝利!)

―いつ先発と言われましたか
昨日の試合の後です。

―今日負けると優勝争いが厳しくなる中での登板でしたが
とりあえず自分のピッチングをしようと思っていました。

―今日の試合のなかで手ごたえのあったボール
スライダーとストレートです。良いところに決まってくれました。

―追い込んでからヒットを打たれることが多かったですが
左バッターにうたれてるんですよね。左バッターが苦手ですね。

―9回二死から打たれましたが疲れはありましたか
少しありました。

―タイムで何を話しましたか
2アウトだったのでランナーは気にせずにやろうと。

―次の登板への意気込みをお願いします
自分のピッチングをして、チームの勝利に貢献したいです!

中村 聖弥(6回には見事なセーフティバントを決める)

ー今日の試合を振りかえって
勝ててよかったです。

ーご自身のプレーを振り返っていかがですか
(相手の)左の先発が打てないと思ったので、後ろの落合さんと佐藤さんに勝負を託そうと、自分は繋ぎの気持ちでいました。

ー公式戦初スタメンとなりましたが
先輩たちが気負わずいけと言ってくれたので、気負わずいけました。

今日は末次投手が完封をしましたが、同じ一年生の活躍をどのように見ていらっしゃいますか
末次が初スタメンで頑張ってくれたので、それに応えなきゃと一生懸命やりました。

ー高校野球と大学野球の違いは感じていらっしゃいますか
勝負をすることにかわりないと思っているので、特に違いはないです。

ーご自身のセールスポイントを教えて下さい。
足が早いので、内野ゴロでもヒットになるというところです。

ー今後へ向けて
これからも出ることがあったら、自分のやるべきことができるように頑張りたいです。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み